富柏村日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴り始めた日記ブログ 現在は身在日本

水戸城二の丸角櫓

癸卯年一月初十。気温摂氏▲2.3/7.4度。快晴。 昨日放映のものを録画で見る。高橋幸宏さんの追悼番組?と一瞬思つたがそれとは違ふ。はっぴいえんどはアタシは当時からこれのどこが「ロック」なのか疑問。細野晴臣が最初に意識した音楽がジャック=タチの映画…

癸卯年正月九日

かつては香港や中共系の新聞の1面などこの日剩にも挙げてゐたが香港の新聞が国安法下で面白みもなくなり迂生も目は通してゐてももはやネタにするだけの意欲もないのが事実。今朝の明報が報じてゐるのは驚きもせぬが香港の大学で教員の離職率の高さ。離職率7…

εὐχαριστία

癸卯年正月初八。気温摂氏▲5.9/8.3度。快晴。 先日とあるところでお会ひした方と話してゐたら水戸のカソリック教会の信者で昔の話になり教会の幼稚園にアタシが通つてゐて園長先生がシスター山田だつたといふやうな思ひ出語り。シスター山田は作曲家・山田耕…

板谷波山生誕150年

癸卯年正月初七。気温摂氏▲3.7/6.7度。晴。確定申告の準備をやっとこさ始める。高齢者なので医療費の集計がかなり数があつて面倒。寒いには寒いが天気も良いので笠間へ。県立の陶芸美術館。板谷波山生誕150周年ださうで個人蔵など今回初公開のものや百年も所…

癸卯年正月初六

二日続けて鮮明な怖い夢を見てしまつた。NHKのテレビニュースを見てゐたのだらうがヴェテランのアナウンサーの行動が不自然。通常なら「地震です、かなり大きな揺れのようです」と冷静に言ひさうなものだが最初の直下方のドン!が大きすぎたのか言葉を失ひカ…

癸卯年正月初五

気温摂氏▲6.0/8.7度。快晴。昨日が「十年に一度の寒さ」の極みかと思つてゐたらさにあらず。今朝のこの冷え込みには恐れ入り谷の鬼子母神。昼間は西南からの風で少し暖かく感じたが日陰の氷雪は溶けることもない。 野村胡堂から川柳で〈柳樽〉を眺めるつもり…

ほゞ真冬日

癸卯年一月初四。気温摂氏▲4.9/0.9度。雪は昨晩一更の内に止んだが寒波で寒さ厳しく今朝のこの気温。水府は辛うじて零度上回つたやうだが西が山で寒風を遮られるはずの日立が零度下回り観測史上初の真冬日だつた由。袋田の滝のある大子は最高気温が摂氏2.9度…

十年に一度の寒波

癸卯年正月初三。気温▲3.2/9.8度。朝は雨が本降りで午前中からきれいに晴れたが夕方、風が強烈な北風(最大瞬間風速16.5m)となりみぞれまじりの雨となつたと思つたら雪がひどくなり一時間ほどで雪も積り初め銀世界に(画像)。雪は二、三時間でやんだが積…

癸卯年正月初二

気温摂氏0.7/6.3度。午後まで小雨。大相撲が終つての相撲ロス。なんともヒマ。先日、鎌倉に遊んだあと、この先に二月の下旬まで一か月近く恥ずかしいほど何も予定もない。お能に行く予定もなく歯医者も誰かと食事する予定もない。 菊正宗に雲月の小松こんぶ…

癸卯年正月初一

恭囍發財。昨日のことだが水府の経済復興みとちゃんプレミアム商品券(こちら | 水戸商工会議所)(1万円で1.3万円の商品券で2セット手元に)があつて使用期限が今月末なので水戸芸術館のギャラリー参観のあと泉町仲通りで商品券使へるお好み焼きやに寄つた…

ジャクソンひとり

壬寅年十二月晦日。除夕。気温摂氏▲1.0/8.5度。快晴。家人と三の丸公園に探梅。公園の梅はまだほんの少しの開花。だが藩校・弘道館の敷地内の白梅紅梅は見事な咲っぷりで「有料だからかよ」で何とも。壁の外から見上げるばかり。 来月の小旅行にフリー切符の…

壬寅年十二月廿九

気温摂氏3.3/12.1度。暦の上では大寒だが暖かく感じるほど。親友感染で高熱と報あり朝、市中泉町の金毘羅さんにお参りして回復祈願。 悪疫猖獗のなかコロナ春から「5類」に マスクの着用は原則求めず:朝日新聞 日本のことだから民草は3月末までマスクをし…

貿易赤字20兆円

壬寅年十二月廿八。気温摂氏0.9/9.1度。快晴。NHK-BSで朝、昭和56年の朝ドラ〈本日も晴天なり〉を見てゐる。役者が本当に上手なものだと感心。今日は初老のトシ江(宮本信子)が三味線を弾き夫の宗俊(津川雅彦)がそれに合はせて二人で歌ふ場面が実に秀逸。…

鎌倉に遊ぶ

壬寅年十二月廿七。気温摂氏1.6/13.4度。曇のち晴。水戸駅で朝、駅長さんが構内に企つてをられた。常磐線上り特急のホームでも駅長と助役の姿があつたので百閒先生でも来水だつたのかしら。東京駅構内の売店で鉄道グッズコーナーになぜかタローマンの歌留多…

壬寅年十二月廿六

気温▲3.5/7.6度。快晴。茨城の県北に住まふ父方の伯父(父の妹の夫君)が数日前に亡くなり本日午後から告別式。コロナでひどいときは病院で亡くなり遺族がお別れをする猶予もなく遺骨が渡されるやうな状況もあつたが今回の不幸では葬儀場(セレモニーホール…

壬寅年十二月廿五

気温摂氏▲0.4/6.1度。午後まで雨(7.5mm)のち曇。高田文夫先生のラジオビバリーヒルズでゲストはみうらじゅん先生に抱腹絶倒。やつとぎっくり腰から回復。郊外の商場で無印、カインズ、ヱルシアとダイソーで買ひ物。餃子の王将でお昼。口罩生活で大蒜と長葱…

観世能楽堂特別公演(一月)

壬寅年十二月廿四。祭灶。気温摂氏5.8/10.9度。曇のち雨(9.9mm)。新宿角筈1で散髪。西新宿のよもだそばでかけそば。お能のまえの昼は軽くかけそばくらゐが丁度良い。新宿は西口の再開発工事始まり小田急本店も閉まつたが、やはり新宿はどこか落ち着く。昭…

磯崎新『建築の解体 - 1968年の建築情況』(鹿島出版会)

壬寅年十二月廿三。気温摂氏4/12.2度。曇。お湿り程度の雨。夕方から濃霧。 磯崎新『建築の解体 - 1968年の建築情況』(鹿島出版会)読む。何とも饒舌。言葉つまり思想なのだらうが止めどなく溢れてくるから。 〈はじまり〉を捜していたはずのラディカリズム…

壬寅年十二月廿二

気温摂氏▲1.2/16.4度。快晴。ぎっくり腰3日目で今日も一日立つたまゝ過ごす。本日陽暦で「13日の金曜日*1」だが、それを話題にすることは最近はほとんどなくなつた……と思つたら陋巷ではいまだに13日の金曜日だけ弁当で弁当の蓋を開けたときに「あっと驚く」…

壬寅年十二月廿一

気温摂氏▲2.7/13.5度。快晴。ぎっくり腰2日目。終日ほとんど立つたまゝで徘徊老人の如し。ビルの日陰で水仙がきれいに咲いてゐた。午後遅く少し西日が当たる程度なのに。出先で去年の夏前から咲きっぱなしのハイビスカスが枝が伸びきつてしまひ、まだ花も莟…

壬寅年十二月二十日

気温▲3.8/11.1度。快晴。昼前に出先で床にあつた軽い荷物をしゃがまずにひょいと身体を屈めて持ち上げた瞬間に腰にぎくり!と激痛走り暫し動けず。久々にきちんとぎっくり腰をやつてしまつた。身体を屈めたり椅子に座つてゐて立ち上がる瞬間に激痛はあるが立…

(青春18きっぷ)御殿場線

壬寅年十二月十九日。気温▲0.5/8.8度。終日、雲一つなき快晴。朝から風強し(水戸の最大瞬間風速12.4m)。今日が青春18きっぷ今期の利用期限。あと2回分あつたので家人と水戸を朝07:05発の常磐線(上り)に乗る。水戸から各停のグリーン車料金で50km以上1,…

成人の日

壬寅年十二月十八日。気温摂氏▲0.3/14.8度。昼間は三月中旬の暖かさなのだとか。成人の日。だが18歳で法的に成人に対して従前からの成人式は二十歳で行う自治体が大部分で18歳では全国で3市町村だけなんだとか。しかも成人の日は1月の第1月曜日だが今日その…

大相撲初場所初日

壬寅年十二月十七日。気温摂氏▲0.8/12度。快晴。去年の初場所から両国の大相撲は通ふやうになつたがいつも中日だつたので初日は初めて。 土浦といへば高安関で初場所こそ優勝させてあげたい 本日は山手線の渋谷駅でホーム工事のため山手線は大崎〜渋谷〜新宿…

壬寅年十二月十六日

昨日の補記。何だか眠かつたのかいくつか綴つておらぬことあり。 - 正月用に飾つた床の間の花で白梅が綻び始めた。年末に自己流で活けてみてセンリヤウを手前にしてゐたがキク(ピンポンマム)が大きく開いたのでそれを全面にしてみたが春節までもつか知ら。…

難免亦常有涙

壬寅年十二月十五日。気温摂氏▲4.7/8.6度。快晴。小寒。朝の日の出は6:50と遅いが夕方の日の入りは日に日に遅くなり始める。寒満月。 常磐線(茨城県友部)踏切で列車と軽乗用車衝突 車の2人死亡|NHK 朝8時の事故で午後まで常磐線は羽鳥〜水戸間で午後2…

壬寅年十二月十四日

壬寅年十二月十四日。気温摂氏▲3.7/9.3度。快晴。十四夜の名月。 元旦の朝にNHKテレビで放映された新春能狂言番組で能〈小鍛冶〉をやつと見る。喜多流。シテ香川靖嗣。刀鍛冶の名人・宗近が主人公のやうでワキの大役。飯冨雅介の好演。 劉紹銘先生逝去。ジョ…

安藤礼二『縄文論』作品社

壬寅年十二月十三日。気温摂氏▲3.8/10.2度。快晴。 香港の酒場で働いてゐたK君が友人と立ち上げ10年になるネット販売の酒店が11月末に敷地内の建物からの類焼で倉庫や事務所などほゞ全損のやうな状況に。酒屋の火事に火事見舞ひで酒を送るわけにもいかず火…

観世会正月定期能

壬寅年十二月十二日。気温摂氏▲4.3/10.3度。これくらい寒くて快晴だと常磐線に乗ると朝方は地平線の雲も失せて遠くの山並みまではっきりと映り那須連山から日光の男体山、赤城山まで見えて何よりも筑波山がじつに美しい。そして取手から利根川を渡るときに富…

探梅

壬寅年十二月十一日。気温摂氏0.7/10.5度。快晴。昨年正月からほぼ日で5年日記なるもの綴り始めたので昨日(元旦)より1年前のことが読める。去年の正月は寒波で正月二日は気温が▲5.2度まで下がり昼も7.9度と極寒だつたが今年は春のやうな陽気。家人と歩い…