富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

超高齢化社会

農暦十二月十四日。昨晩から一泊温泉に浸かり市中に還る。


f:id:fookpaktsuen:20190120123612j:image

f:id:fookpaktsuen:20190120123647j:image

路線バスで遭遇の老夫婦。終着駅に着き老人は老妻に「着いたわよ」と促され立ち上がるくらゐ軽い呆け。二人分の料金払ふのに460円のところ千円札出し運転手に、これで両替して料金払つてくださいと言はれ料金入れたが「100円の釣り!」と云ふ老人。運転手が投入金額表示みて460円ですよ、お釣り出ませんよと告げれば自分が100円余計に入れてしまつたのだから諦めればいゝのに「100円!」と。出ませんよ、と運転手。「客だぞ」と老人は「こんな、わかりづらい!」と運転手に苦言。運転手は仕方なく、かういふ客がゐるためなのらだう、業務用の袋から100円を渡す。その後に入った駅前のコーヒー店では元気さうな老女二人、普通に注文して自分で飲み物などテーブルに運んで。そのうちの一人がトイレに入つたら出てきて店員に「水が流れない」と言ふ。店員が壁のタッチパネルで「こちらの大か小を押せば」と説明すると「あら、こんなのわからなわ」。列車では息子の嫁に連れられたかなり高齢の老婆は列車が川を渡れば「あら、もう◯川」「このあたりの光景も昔とは随分と変はつたわね」と(おかしな老人を立て続けに見た後だつたので)このくらゐ意識もはつきりしてゐれば大したもの、と感心してゐたが嫁が「駅にタカシさんが来てくれてますつて」と老婆に告げると「え、なんでタカシさんが来るの?」と不思議がる。嫁が「今日はタカシさんのおうちに伺うって言つたでしょ、だから出かけてきたんだから」と言ふと「あら、そうなの、そうだつたの」と今日の外出の目的は全く理解してゐなかつた。超高齢化社会……寿命は伸び老人たちが社会で出歩き生活してゐて元気さうだが、やはり何からしらの呆けは確実にあるのだと痛感。今日は夜は馴染みの寿司屋へ。酒は純米超辛口で石巻の日高見と会津写楽を飲む。刺身が終はり寿司が始まるとアタシはもう日本酒は飲まず。お茶を飲んでゐたが途中で口直しにカラスミ供され、お茶じゃチーズ食べながらお茶飲んでゐるやうなもので、この時だけは信州上田の亀齢生原酒を一口いたゞく。知己のバーに寄る。成田屋の襲名の話になり十一代目が五十六で亡くなり夏雄さん(十二代目)が六十六となると次代が七十六となるのか。十四夜の月を愛でる。

https://kennakahashi.net/ja/news/eiki-mori-family-regained-the-splash-we-brush-our-teeth-take-a-shower-put-on-pajamas-and-go-out-into-the-street-dafiff
気鋭の写真家・森栄喜の“Family Regained”から派生した“The Splash”といふ16分ほどの映像作品を見る。タイトルからも二人が狭いバスルームでの姿にせよ普通に連想するのはエロティックな展開なのだが二人が服を来て出かけてゆく……しかも行き先は映像からは全くわからないがデモか抗議集会なのだといふ。面白い裏切り。

東都の物価安

農暦十二月十三日。寝入つて飛行機が離陸したのも気づかず夜中の、こんな時間に機内食ですと言はれても食べるのは数人。殆どの客は僅か四時間余でも明日に備へ睡眠貪る。用意された機内食はどれだけの無駄が出るのかしら。喉乾き目が覚めてBloody Mary飲んで二度寝。夜明けの成田。06:30に到着で空港で洗顔したりしてゐたら乗れた成田エクスプレスは75分後。日本に戻ると1時間もしない間に「なんだこりゃ?」の違和感感じること少なからず。

f:id:fookpaktsuen:20190119150533j:image

成田エクスプレスではJR-East Free Wi-Fiなるサービスあり英語での説明に「日本もだいぶマシになつてゐる」と思つたが、そこに日本語で「この列車では外国人旅行者向け無料インターネット接続サービスを行っています」と但し書き。なぜ外国人のみにせねばならぬのか違和感。鳥居坂へ。泊まらぬが一つ手続きあり。

f:id:fookpaktsuen:20190119150558j:image

その後、晩まで所用。昼は鉄火丼。鮪の赤身だけなら1,500円でHK$100ドル余。伊豆の蜜柑は一山300円。


f:id:fookpaktsuen:20190119150614j:image

f:id:fookpaktsuen:20190119150649j:image


全てが安い。晩も鯵の叩きが800円、鮑の刺身でも2,500円。

f:id:fookpaktsuen:20190119150715j:image

これぢゃ海外から千客万来は当然で日本の魅力は超安値が、なのである。

ラウンヂ

農暦十二月十二日。快晴。早晩帰宅。参鶏湯を啜り旅荷まとめ晩十時に陋宅出て家人と香港站から空港へ。

f:id:fookpaktsuen:20190118011838j:image

Amexのラウンヂで花膠響螺鶏湯啜り水の如きドライマティーニ一盞。ラウンヂ好きは空港に早く来てまでラウンヂで寛ぐがアタシも若い頃は楽しみだつたが最近はラウンヂでも搭乗待ちは無聊。数時間の乗り換へなら、そりゃ有り難いだらうが。このAmexの施設は24:30に終ひで未だ遅いフライトの客がまとめて出てゆくのはディアスポラの如し。深夜一時過ぎのCX524便。Cクラス宛てがはれ睡眠誘ひ服薬し寝入る。

陶傑先生の蘋果日報連載で英国のEU離脱案英国議会否決について書いてゐるのが面白い。親戚關上了門 - 陶傑 https://t.co/RJUdXyUzWY 英国のEU離脱は英国にとつて心臓手術のやうなもの。心臓手術の場合、人工心臓が必要なやうに英国はこの決断にあたりEUといふ心臓に代はる心臓が要るのだが今回の離脱は、この手術で代替用意しないやうなもの。つまりまさに死に至る。EUに三行半突きつけるのだから代替は北米に頼るしかなし。咲の大戦で欧州がナチス獨逸軍下になるなか対独戦に挑むチャーチルの英国のとき同様。但し当時はチャーチルにとつて米国のルーズベルトソ連スターリンと役者揃つたが今の英国メイ首相にとつて米国がトランプでは始末に負へず。この欧米の混乱を陰で北叟笑むのは誰か、と。

 

阿扁支援

農暦十二月十一日。曇。最近はすつかりiPad Proで日剩綴り「はてなブログ」に上網してゐるが、先週末からTwitterの引用ができぬ。パソコンからは問題なし。「はてな」のカスタマーサービスにメールするとご指摘の不具合が確認され修正しましたとの返事が翌日に。何万、何十万といふ利用者ゐて、この不具合は全般的にだつたのか、それなら不具合の告知あるなり直ぐに修正するところ、アタシのブログだけのことだつたのか。いずれにせよ対応の良さは敬服。

f:id:fookpaktsuen:20190117101347j:plain

天気予報は少し寒くなるといふが、それほどでもない。おでんがあつて好きな酒を好きな杯でいたゞく。もう何も他に要らない。本日、水曜でHappy Valleyでの競馬開催。馬友B氏から昏刻に第1レースの予想でSMS届くが出走表も見てをらず。慌てゝ出走表見て「複勝で」と選んだ馬が3着に入り、その後、帰宅途中も複勝一点買ひが的中で帰宅後も験担ぎで中継も見ぬまゝ張り続けR7まで複勝で負けなし。最終R8でまず来ないだらうの最低人気馬に賭けるか、とも思つたがChadwick騎手の応援馬券にしたら、その穴馬2着で最終レースのみ逃す。

f:id:fookpaktsuen:20190117101354j:plain
見知らぬイタリア人から台湾の陳水扁・元総統がアタシに資金的サポートを求めてゐるので、と賛同要請のメール届く。

梅原猛

農暦十二月初十。朝、小雨。気温また少し下がる。晩にネットで日テレの先週土曜放送の「マツコ会議」なる番組見たら新加坡の日系「リゾキャバ」特集。リゾキャバといふより香港にもありがちな日系カラオケクラブ的だが関係者がお姐さん含め堂々と顔を出すのだから就労ビザとかも取れているのか、と香港から見ると驚き。

中学3年の奈良・京都への修学旅行。小5の時に従兄と東京有明からフェリーで松坂へ、伊勢神宮から奈良、京都をユースホステルに泊まりながらの夏の二人旅で一通り歩いてゐるので修学旅行なんて本当に興醒め。常磐線で上野に着き山手線で東京駅に移動するわけだが、なんと中学の体育館の床に国電の車両を模して原寸で床にテープを貼り乗降口がいくつあり何班にわかれてどの位置から乗降車の練習!までするのである。そんな中での修学旅行の事前説明会。つまらない説明や説教が続くなか数学のO先生が話のなかで法隆寺見学もあるが興味ある人は梅原猛という人が書いた法隆寺についての本を読んでみると面白いと思ふと仰つた。これがアタシの琴線に触れ、すぐに梅原猛『隠された十字架 法隆寺論』読む。

隠された十字架―法隆寺論 (新潮文庫)

隠された十字架―法隆寺論 (新潮文庫)

 

この梅原先生の着眼点には驚いた。小5の時に法隆寺訪れてもアタシはあの中門潜つても四間二戸と入口が二つある形に何も違和感もなかつたし夢殿の位置関係、そこになぜ秘仏があるのか……この本を読んで「なるほど、さういふ解釈があるのか」と驚くばかり。つまらない修学旅行も、これを読んだことで法隆寺は小4の時とは全く違ふ視線で参拝できたのである。O先生に先生お勧めの梅原本を読んだ、といふと「ふふふ……」とO先生は「おまえなら読むだろうな」といふ顔で笑はれた。梅原猛は次に『水底の歌 柿本人麿論』を読んだが、これも常識覆す発想ではあるが法隆寺論のやうなインパクトなし。その後、梅原先生は中曽根大勲位に働きかけ国際日本文化研究センター創設し康弘と組んだのだから左翼からはさんざん批判されたが結果的に寧ろ、このセンターの立ち位置はかなりニュートラル。そして澤瀉屋と組んでのスーパー歌舞伎だが、これについては全く興味ない。

台湾で中共関係の書籍購入しホテルから台湾も網羅する中国宅配便最大手・順豐で香港に書籍送らうとした文筆家・梁文道氏、順豐に政治的図書ゆゑと取り扱ひ拒否される。中共に、ならまだしも香港に、でのこの措置。

(後日追記)港順豐拒寄十字架往澳門 https://t.co/MDbni7raTj
さらに台湾からマカオカソリック団体が十字架送らうとしたら宗教関連物品で取り扱ひ拒否である。

成田屋の團十郎襲名

農暦十二月初九。曇。海老蔵の来年初夏の團十郎襲名が朝から話題に。

実はこの襲名の話、一ヶ月程前だつたか木挽丁の事情通人からちらりと聞いてはゐたが一月十四日に発表といふ具体的な日も何故にこの日なのか、と思つただけだつたが今日になつてみたら日本は成人の日で祝日。朝9時からの歌舞伎座舞台(昼の部開場前)での海老蔵と息子の挨拶はテレビのワイドショーで生中継。晩に日テレで成田屋を追ふ特別番組ありと聞き松竹からマスコミにも周到な準備であつたことは驚きもしないが晩の番組も祝日なので通常の帯番組がないものゝの、どう仕込みテレビ欄に出してゐたのか、と思つたら当初から襲名抜キで成田屋の特別番組で予告か。なるほど。それにしても成田屋の襲名を東京五輪に合はせるとは。晩に日テレのその特番を見る。海老蔵の祖父にあたる團十郎XIが高麗屋の弁慶役者・幸四郎IXの子で、そこから團十郎XII、そしてこの海老蔵から息子まで嫡子には恵まれるが祖父も父もそれぞれ56歳、66歳と円熟期に亡くなり海老蔵は妻の早逝もあり特番で見る海老蔵の奮闘も大したものだが兎に角、その不幸続きをだうにか当代で打ち止めにしてもらひたいところ。この海老蔵の舞台をアタシが最初に見たのは新之助時代の16歳、1993年5月の歌舞伎座で初代辰之助七回忌追善興行のなか菅原伝授手習鏡の〈車引〉での松王丸。梅王丸が辰之助(現マツミドリ)、桜丸が丑之助(現・菊之助)で、まぁ華やかな舞台であつた。ところで今日のその記者会見、浄瑠璃K君曰く、海老蔵が息子の挨拶勧める際に「ひとことご挨拶させていただく所存でございます」というのは丁寧すぎるのでなく単純に誤りと。御意。かつて十二代目との巴里公演で口上で「市川海老蔵に存じまする」とやつた過去あり。何でもたゞ仰々しければ良いといふわけではない。海老蔵本人も特番で語つてゐたが歌舞伎代表する大名跡たる成田屋なのだから、何事も完ぺきでなければ。

三竃島事件

農暦十二月初八。曇。昨日のやうな霧霾ではないがどんよりと不快な曇り空。朝から夕方まで蒲豊彦編著『三竃島事件』を読む。正月で雑煮はもう終ひかと思つてゐたが家人がNさんより日本でついた餅をいたゞき雑煮にして飰す。晩に與那覇潤『中国化する日本』読み始める。

三竈島事件: 日中戦争下の虐殺と沖縄移民

三竈島事件: 日中戦争下の虐殺と沖縄移民

 

三竃島は珠江河口から南シナ海に出たところ、マカオの西南にあつた伊豆大島ほどの面積の島。かつては海賊が横行したが清末からは肥沃な土地での稲作が盛んで米国等に渡つた華僑からの仕送りで比較的豊か、静かな島に文人も多く平和な土地柄。マカオ西南に「あつた」と書いたのは今では珠江デルタの著しい埋め立てで今では大陸と陸続きで珠海市の一部。4千米の滑走路をもつ珠海金浦飛行場があり中国の航空ショーはこゝで開催される。そこが日本軍の中国侵略で空軍の拠点となることで、この島で過酷な歴史が始まる。北支から上海、南京と陥落させてきた日本軍は広東で海南島と、この三竃島に焦点を当てたが海南島はゲリラなど情勢不安定で小さな、この島に空軍基地を建造。それが今の金湾空港になるわけだが日本軍がこの島に入る際に大規模な住民虐殺があり慰安所での婦女暴行もあり。島が占拠されマカオなどに多くの島民が逃げた後、こゝに沖縄からの移民入植。抗日ゲリラ活動ある度にゲリラや住民虐殺あり。太平洋戦争勃発で米軍の空襲を受け日本敗戦の後は国共内戦で後退する国民党の拠点となり中共成立後も親日、国民党に協力した反革命分子粛清で悲劇が続く。この編著者が1997年にテキサスのヒューストンで甘志遠といふ当時、日本軍と関係のあつた老人との出会ひから現地、当時の日本海軍士官、沖縄に戻つた入植者、従軍で通訳だつた台湾人らからの高齢となつた人々から聞き取りを始め彼らが相次いで鬼籍に入つた後も当時の大量の史料等で検証した結果が、この書。