富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

Happy Valley競馬場のジャパンナイト

農暦十月初六。快晴。週一でSCMP紙のスドクで難度5あり。できるだけ短時間で、と遊ぶが(時間をかければできないわけがない)難度が高いだけでなく数字の配列等で美しいスドクといふものがある。

f:id:fookpaktsuen:20181115142042j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181115142047j:plain

とくにかうした点対称のものは惚れ/\する。
本日のHappy Valley競馬場での開催はジャパンナイトださう。偶然だが今晩、今季初めてボックス席を一卓押さえ京都B氏、姫路O氏にM嬢招き競馬観戦。第6レースがクラス3でJRAなんたら盃といふ冠レースで第5は阪神ハンディキャップ、第7は京都ハンディキャップなんて名前がついてゐるが競馬的にはそれだけ。せめて日本から著名騎手がくるとかあれば良いのに。眼下の賑やかな一般席地面では何かと毎週イベント多し。今晩はジャパンナイトで賑はつてゐるのかしら。

f:id:fookpaktsuen:20181113080323j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181113080335j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181113080347j:plain

この画像は昨年のもの?で香港ジョッキークラブのΨからの拾ひもの。浴衣は良いが浴衣でパターゴルフというのが何とも日本的?イメージなのか。競馬はアタシも同行のお三方もボロボロ。こゝまで当たりもしない日もいくら競馬下手とて珍しい。
▼数日前に三橋順子先生の新宿の著書について日剩に綴つたら順子先生ご本人からコメントをいたゞいてしまつた。恐縮するばかり。

f:id:fookpaktsuen:20181115141034j:plain

陳其南先生

農暦十月初六。薄曇。毎朝、北角の香港殯儀館前をミニバスで通るのだが大きな殯儀あり何人かと思へば金庸先生のご葬儀。哀悼。

f:id:fookpaktsuen:20181115140607j:plain

蘋果日報に台湾で国立故宮博物院が2020年から数年閉館して大規模改修といふ記事あり。

かうした美術品にほとんど興味なく、この故宮博物院も35年も前に初めて台湾訪れた際に一度っきり、それも少し郊外まで路線バスに乗りたくて出向いた程度で、その後一度も訪れてをらず。なのでこの記事もさらりと読んでゐたが今年7月に院長に就任した陳其南とあり一瞬、目を疑つたが、やはりアタシが90年代初頭に中文大学で私の指導教官であつた其南先生。米国耶鲁大学で文化人類学の博士号とられた碩学だが当時、国府で「党外」寄りのため台湾に自由なく香港で旅居の身。どこか世間から隔世で実に可愛がつてくれアタシの日本語で書いた拙いレポートを台湾の民主派系雑誌『當代』に翻訳の上、掲載してくれたたこともあり。『當代』1990年12月号「日本観点的釣魚台事件」(こちら)。それが急きょ先生は台湾に還ることとなりアタシの指導教官はDr Nicholas Tapp教授となつたが其南先生は台湾が李登輝総統の下、著しく民主化進む中で中央研究院に入られ民進党で阿扁総統になると公民や公共コミュニティにつき行政院の政務委員、国策顧問、日本でいへば文化庁長官のやうな要職を歴任。その後は半ば引退で大学で客員教授で余生送られるのか、と思つてゐたら故宮博物院院長とは。

しかも蒋介石が中国の故宮から持ち出した財宝展示して国府の正当性をば誇示するがための博物館で「故宮台湾化」とは大胆な。だが個人的には台湾の民族文化、風土文化的なるものと故宮博がもつ中国古代からの国宝的芸術品とは全く違ふものゝ気がするし故宮博はあくまで北京にあるべきもの、の展示に固守すべきでは? あるいは一切合切を中共の返上してしまふ方が大胆な戦略かも……。

 

ロバート=キャンベル「マストは真っ直ぐに」

農暦十月初五。曇。

f:id:fookpaktsuen:20181113222146j:plain

昨日、日曜日の日経文化欄でロバート=キャンベル博士のエッセイ「マストは真っ直ぐに」読む。抽斗の整理の話からパートナーの几帳面さ、で弘前の和菓子の話と来て、さて本題……って凄い展開。比喩とか盛りすぎ、引用多すぎてアタシはちと苦手。文人たる久ヶ原T君にいはせれば荷風や夷斎か典型的な昭和の大御代の文化人エッセイで、キャンベル先生の日本語の根源がかうしたスタイルなんでせう、と。同世代の日本人にこんなふうに書ける人がゐないと思へば文化財級。散りばめられた引用も、その古人の文章に興味あり、そこからの視点。「血肉化した教養がまずあつて、その「型」から現実を捨象する態度」。なるほどさういはれればSir Kazuo Ishiguro がいかにヴィクトリア朝時代の英語表現に泥んだか、と同じで外国人ながら異文化、殊に文學で「自分が偏愛する作家なり文体なりに染まりきってこそ」でせうから、とT君。彼はアタシの友人のなかでは格上の文人で、余談だが、小学生の頃に樹木希林(当時の悠木千帆)が法華経に熱心といふやうなことまで読んで知つてゐたとは……恐れ入るばかり。

新宿「性なる街」の歴史地理(三橋順子)

農暦十月初四。薄曇。微妙に胃腸風邪で体調芳しからず。家人が下唇のあたりヘルペスかたゞれてしまひアタシと違ひ普段、病院に行きなれてゐないので養和病院に同行。流感の季節か休日診療混雑で1時間待ち。Happy Valleyは奕蔭街の佳餚美饌(Gastronomic Passion)で昼餉。帰りに北角行きのバスで家人と別れ炮台山で香港サイドでは一番大きな文具店・中南廣場に寄る。今日は陽暦11月11日で中国のアリババは1111の独身の日。毎年この日の特売で莫大な売り上げあり、他のネット小売も追従。さういふ日だから敢へて買ひ物はせずにゐたいところだが官邸で仕事に使ふ文具いくつか不足で致し方なし。ちなみに今日のアリババの売り上げ2135億元(3.5兆円)。楽天の昨年1年の売上超える取引高の由。なんとも。北角ふら/\してジムに一浴して帰宅。晩食は自家製コロッケ。東京12チャンネルで「自衛隊の裏側ぜーんぶ見せちゃいます!」といふ明るい自衛隊PRのやうな番組眺めながら、昨晩、岸和田Y氏からいたゞいた泉州むか新の銘菓「むらしぐれ」頬張る。

f:id:fookpaktsuen:20181113172302j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181113172310j:plain

海上自衛隊での新人研修遠洋航海で真水は貴重で海水純化の水を利用するも節水大事で、それに「真水の一滴は血の一滴 海軍省」といふ張り紙あり。艦内で張り出される新聞の抜粋ニュースは産経新聞。いろ/\勉強になる。三橋順子『新宿「性なる街」の歴史地理』(朝日新聞出版)読了。

新宿 「性なる街」の歴史地理 (朝日選書)

新宿 「性なる街」の歴史地理 (朝日選書)

 

順子先生が90年代に新宿三丁目の女装バーに客として飲んでゐたときに同席の紳士との会話で、このあたりが昔、新宿遊郭だつたといふ話から興味湧かせた順子先生の貴重な調査。それでも二丁目の太宗寺の話から、その界隈が昔の遊郭売春防止法のあとゲイバーがぽつぽつと店開きして、といふ話から二丁目=旧遊郭だが御苑大通りができるまでは二丁目が今の三丁目の方まで広がつてゐて、そこが遊郭だつたこと、昭和の終はり頃は、まだ戦後引きづる立ちんぼのシュミーズ姿の老夜鷹がゐて「お兄さん、遊んでいかない?」とやつてゐたこと、そして千鳥街のことから、今でいへば新宿駅東口から南口界隈、角筈の戦前ならムーランルージュ、戦後の和田組が仕切つた闇市で、昭和の末ころアタシや家人にとつては酒場の日本晴や台北飯店があつた汚い界隈は懐かしく、今では新南口で高島屋などすつかり変はつたが旭町のドヤ街も高校生のころ代ゼミの夏期講習抜け出して新宿まで歩いてゐて空気の違ひ「おや?」と思つたもの。和田組の闇市が追ひ出され花園町に移り、そこが後にゴールデン街になり青梅街道の都電の発着場からゴールデン街の中を引き込み線があつたこととか。さういふジュクの話はアタシらにとつては、かなり既知のことではあり。それでも順子先生がふとしたきっかけでの関心を当時の貴重な都市地図とかから実証で裏付け取れてゐるのが大したもの。また、この本のタイトルは「新宿」とあるが、さすがにアタシも吉原ならまだしも洲崎のことなど全く知らず、この本のコラムでかなり勉強となる。それにしても順子先生のジュクでのデビューは1993年でアタシのほうが年下だが高校生の頃には界隈ふらついてゐたし飲み出したのも10年以上早かつたとは。

For perhaps 40 years, Amsterdam’s coffeeshops were the cutting edge of global cannabis policy. Late 20th-century Netherlands was a laboratory of futurism. I grew up with bicycle lanes; in 1999, the Dutch invented Big Brother, the first major reality-TV show; and in 2001 they pioneered legal gay marriage. But the Netherlands is no longer inventing the future. On cannabis, Dutch 1970s-style “toleration” is being overtaken by legalisation in other countries.
Some time this century, the US began to question its war on weed. For all the tens of billions spent on policing, and lives ruined by arrest or prison, most Americans could easily procure pot.

安保闘争からCool Japan!へ

農暦十月初三。薄曇り。土曜日。我ながら新しもの好きでiPhone Xsで二枚SIMだとかeSIM機能あり早速これに食指動かすものゝ中共圏それは当然「香港を含む」なのだがXsは二枚SIMではなくeSIMなるものはアタシの須磨帆契約会社(CSL 1010)もそれがアプリから下戴可。それをしたものゝ肝心のXsがデータプランは1つしか対応してをらず。あれこれ弄つてゐるとiOS12.1リリースされ、これにアップグレードしてみたらeSIM対応。

f:id:fookpaktsuen:20181111230305j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230311j:plain

昼餉のあと家人と北角。渣華道街市に劉永記蔬菜といふ行列のできる八百屋あり。いつも午前中には売り切れで昼すぎには閉店。ついに劉叔引退で隣の空きスペースに開店の店が劉さんの顰みに倣ひ地場産の野菜を並べてゐる。

f:id:fookpaktsuen:20181111230418j:plain

フェリーで観塘へ。海濱公園漫ろ歩き公園の一角にある發現號(V Gallery)なる展示場へ。香港で1960年代に創業の俊和といふゼネコンのインフラ建築の記録写真「Our Story, Your Story」を眺める。まさに戦後の香港の経済成長と都市化の歴史そのもの。

f:id:fookpaktsuen:20181111230503j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230510j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230516j:plain

牛頭角のMTRに向かふ途中にある勵業街熱食中心。

f:id:fookpaktsuen:20181111230547j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230553j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230559j:plain
勵業街熱食中心

昔はこのあたりの工場労働者で賑はつた熱食中心も今では縮小され僅かに1軒のみ営業で風前の灯。周辺の工業大厦も老朽化で工場は広東省に遷り空き家となり取り壊しまつばかり。

f:id:fookpaktsuen:20181111230800j:plain

石硤尾から賽馬會創意藝術中心(JCCAC)へ。戦後日本の都市社会の群像、世相を色濃く映し出したプロヴォークといふ写真雑誌の写真展。細江英公森山大道らの写真を何十枚も見る。今回は富士フィルム協賛で細江の薔薇刑など大判で見事な印画は見る価値あり。混沌としてゐるやうで今に思へば思想が明確な時代。

f:id:fookpaktsuen:20181111230848j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230854j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230903j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181111230909j:plain

石硤尾の団地を下り深水埗へ。ガーデン製菓の本社ビル。老朽化だが戦後の香港モダン建築の傑作で存続か解体か話題に。入り口の販売部で菓子贖ふ。地下鉄で中環。FCCへ。岸和田Y氏が曼谷からの来港で珠江H君、三ヶ月前に越南河内赴任となつたO君と東京から息子のT君も集まり会食。四方山話あれこれ。今晩は蘭桂坊でCool Japan!なる催しださうで人混みは大の苦手で普段寄り付きもせぬが今晩は会食の皆でせめてものお慰みにとFCCから蘭桂坊の坂を下ると、まぁ芋を洗ふやうな酔っ払ひの群。日本食品等の屋台並びオカモトの避妊具まで。蘭桂坊の横道、和安里は狭い道にさらに屋台並び歩けぬほどの人混みに怖じけ入りもせず蘭桂坊抜け出したが偶然にSMSが入り和安里の突き当たりの特設ステージではちょうど地元の日本人女子バンドのライブでかなり盛り上がつてゐたのだといふ。週明けに離港の香港総領事のお練りもあつた由。

f:id:fookpaktsuen:20181112200043j:plain

1960〜70年の過激派の学生たちとアヴァンギャルドな現代風俗に明け暮れてゐた日本が半世紀後に、この気楽でクール?な軽チャーの時代。それが電通的に“it's so cool!”ともて囃される今日日。過激派の学生も今のワイワイ楽しむお兄さん、お姉さんたちも意外と発送は一緒で悶々としないための何か「踊らにゃ損、損」的なムーブメントであることは確かか。

f:id:fookpaktsuen:20181110215929j:plain

これから尖沙咀で二次会といふ一行と別れ帰宅。

▼政治家の方便。沖縄についての内閣官房長官・菅某の詭弁(毎日新聞

f:id:fookpaktsuen:20181114102223j:plain

2014年1月の名護市長選では選挙前に菅義偉官房長官は「選挙が民意だ」と強調していたが移設反対派が勝つと「地方選挙の影響は限定的。淡々と移設を進める」と居直った。
同年11月の県知事選でも移設反対を掲げた翁長氏が勝利したのに菅氏は「移設賛成・反対を問う選挙ではない。粛々と工事を進める」と結果を無視する発言を繰り返した。
ところが、今年2月の名護市長選で政権側の候補が勝利すると一転して「選挙は結果が全て。相手候補は必死に埋め立て阻止を訴えたんじゃないでしょうか。民主主義の原点がこの選挙だ」と今度は結果を「評価」する態度に一変するのだ。
かと思えば、政権側が再度敗れた9月の知事選では「地方選挙の結果にはコメントしない」「移設方針は変わらない」といった発言になる。ころころ態度が変わるのだ。

成瀬巳喜男『流れる』

農暦十月初二。だいぶ日暮れも早くなり暗いなかタクシーに乗るとダッシュボード上にスマホ並べ視界狭いのに今更驚かぬが渋滞で運転手が須磨帆弄り谷歌(Google)で調べると出てきたのがこの画面。

f:id:fookpaktsuen:20181110130832j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181110130837j:plain

何をふと調べたのか遠くて判読不能だが高尚なことだけは確か。
湾仔で家人と落合ひ北京餃子皇に飰す。この食肆の名、英語では普通に譯せばPeking Dumpling KingだらうがPeking Dumpling Wongとしてゐることに今日初めて気づく。英語人にはWongでは意味不明。

久々に藝術中心。すつかり寂れてゐる。地下の映画場で成瀬巳喜男『流れる』見る。

f:id:fookpaktsuen:20061201035601j:plain

もう何回見てゐることか。香港だけでも三度目かしら。それでも面白い。もう筋や大女優らの演技よか細かいことに目がいく。勝代(デコちゃん)が佐伯(仲谷昇)と大川の端を二人で歩くシーン、コンクリート土手にある危険防止の看板が久松警察署。人形町なら久松署が管轄だが映画の舞台は柳橋なら蔵前署のはず*1。「二人が歩きながら四方山話で神田川柳橋で渡り両国から浜町の方に」とこじつけたいがシーンは大川左岸をスクリーンで上手から下手へ、ってことは大川を上るといふことは浜町の方から柳橋に歩いてゐるわけで無理あり。久ヶ原T君曰く原作の新橋を余所土地に置き換へた無理、と。ベルさんはさて置き「水野」のおはま姐さん演じる栗島きみ子姐さんなんて、だう見ても新橋、と。何れの女優も皆、年増芸者の貫禄見せるが、このおはま演じる栗島先生が当時五十四歳でベルちゃん四十前、その娘演じるデコちゃんは三十超えてベルちゃんとわずか七つ違ひ。大女優たちの立ち振舞ひのなかで、やはり見習ひたい所作は、つたの屋の女中・梨花役の絹代ちゃんによるもの。

南京大学の強かな学生が大学での管理厳しくなるなかで当局の姿勢逆手にとりマルクス主義研究旗揚げ。中共にとつて否定も弾圧もできぬマルスク主義のはずだが対国家権力に対する革命思想と運動は抑圧されるといふ大きな矛盾。

*1:おつた姐さん(ベルちゃん)がなみゑの件で鋸山(宮口精二)と事情聴取されるのも蔵前署のはず。

LGBの時代、男女別との矛盾

農暦十月初一。晴。午後遅く湾仔の公立病院で4ヶ月に1度の血圧と血糖の定期検診。銅鑼灣のジムに寄るとシャワールームで曇りガラスの中に若者二人が混浴……それがゲイサウナとか同好の輩が鳩る悪所ならまだしも普通のスポーツジムのシャワールームで人目も憚らず。今日日の若者のあっけらかんさに感嘆。町中で手をつないで歩くのは女子は昔から少なくなかつたが最近では男子も珍しからず。LGB(LGBTは本来の意味でトランスセクシュアルをこゝに含むことには異議あり)の時代になるとゲイにとつては「男だけ」が寧ろ悦であればトイレや風呂を男女に分けることも矛盾少なからず、である。

銅鑼灣の薄汚い路地にあるテイクアウト専門店。かなり歴史あり。

f:id:fookpaktsuen:20181109175200j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181109175201j:plain

昼には行列のできる名店。アタシはまだ食したことがない。


世界の安全な国ランキング。フィンランドが1位でアジアではシンガポールが2位。4位に中東のオマーンが意外(中東で安全というだけで富裕層には価値高し、か)。我が香港が8位で日本が10位。シンガポールオマーンUAEあたりは「犯罪を犯した場合の刑罰の重さ」も犯罪が少ない、に微妙に影響していさうな気が。これはあくまで治安の話。シンガポールが思想信条の自由含む人権まで含めたら安全とはいへぬし香港とて「中共打倒」でダメ。