富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

業種:キャバクラ


f:id:fookpaktsuen:20200802084518j:image

f:id:fookpaktsuen:20200802084514j:image

国安法制定、立法会選挙1年延期と香港にやりたい放題の中共だが今度は香港での武肺感染拡大理由に感染医療対応の検疫専門部隊を香港に派遣ださう。香港が感染蔓延で本当に機能不全で北京中央にSOSでならまだしも押し売りもいいところ。その上お仕着せがましく恩を売るのだらう。蘋果日報はそれをDNAまで中共に「送中か」と嘆いてみせるが、その記事は2面扱ひで1面トップは米国籍の香港民主派市民が米国で香港民主化につき遊説でも中共はこれを国安法に触れるとして国際手配か、と。

f:id:fookpaktsuen:20200803111944j:image

茨城県水戸市は水戸でクラスターのキャバクラにつき店舗名公開に踏み切つて(7月29日)「東京の奥座敷」の水府は夕方になると駅の改札口で客待ちの「キャッチ」の兄さん方が目立つが、これもその日からさすがに退散。それにしても水戸市の広報で、これにつき業種を「キャバクラ」としたのには驚いた。キャバクラとは今ではあゝいふ業態だが(としつゝ行つたことないので実は知らない)本来は

きゃばくら(キヤバクラ)《(和)cabaret(仏)+clubから》風俗営業の一種。キャバレーのような時間制の料金体系でクラブのような高級感を目指す1980年代に登場した業態。法的には「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」第2条の定める風俗営業のうち「接待飲食等営業」に分類される1号又は2号で都道府県公安委員会の許可を受けて営業する。

なんださうで、市役所の広報なら業種は「接待飲食等営業」とすべきなのか。キャバクラはすでに社会的に認知されてゐるといふことなのだらう。

f:id:fookpaktsuen:20200803111400j:image

夜中に目が覚めると居間がやたらと明るいのは南空に見事な月の明かりだつた(農暦六月十三日)。梅雨が明け一気に夏になつた。水府は幸はひに浜風が心地よく気温も他に比べると数度は低いのがありがたい。大相撲千穐楽テレヴィで見てゐたら「表彰式に先立ち国歌斉唱です」で「新型コロナウイルス感染予防のため心の中でご唱和ください」。吹奏なら吹奏でよいと思ふが国歌なる〈君が代〉は民草が歌ふことが必須であるらしい。よつて感染防止でも「心の中で」と。欺瞞なり。NHKラヂオのニュースでは「目が不自由で子どもの頃から各地をまわり三味線の演奏を聞かせる……」と何だかまどろこおしい言ひ回しだと思つたら瞽女(ごぜ)のことであつた。小林ハル刀自(1900〜2005)に関して。母は藤間紫瞽女を演じる芝居(辻村ジュサブロー演出)がどれだけ凄いものだつたかと思ひ出した。

f:id:fookpaktsuen:20200803111409j:plain

Chuaigh mé go dtí an teach tábhairne le mo mháthair, d’ól mé Guinness, bhí stobhach Éireannach agus pie Shepherds agam.

夏になると本を読まうと思ふのは子どもの頃からのことだが実際にどれだけ読めるかは別として読みたくなるのだけは変はらない。昨日、本屋で太宰の『人間失格』を立ち読みしてゐてほとんど最後まで読んでしまつたので、それは書店に失礼な話で『人間失格』は308円だから買つて某パブで早酒で読み終へてバーテンダーのM君とさういへば、この小説の話をしばらく前にしてゐたことを思ひ出して(だから今日、書店で手にとつてゐたのだらう)この本を差し上げた。もう一冊はモームの『月と六ペンス』。高校生の時に読んで後に原書でも読んでゐるが、これは新訳なのだといふ。

f:id:fookpaktsuen:20200803122838p:plain
f:id:fookpaktsuen:20200803122841p:plain

翻訳にも賞味期限といふものがあるのはサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』をいつだか読み返してゐて野崎孝訳(1964年)ではホールデン少年のセリフに今なら「あいつ」だらうが「奴さん」といふのがあつたときに「なるほど」と思つたが柴田元幸先生が朝日新聞で『ガリバー旅行記』も改めて訳してゐるのを読むと確かに面白い。

香港立法会選挙1年延期


f:id:fookpaktsuen:20200801065737j:image

f:id:fookpaktsuen:20200801065733j:image

すでに数日前からいはれてゐたことだが昨夕、林鄭が9月の立法会選挙を武肺感染拡大を理由に1年延期と宣ふ。「託つける」とはまさに、これ。この程度の伝染病で市民の健康優先で立法会の選挙延期とは前代未聞(東京の都知事選も予定通り実視された)。国安法は中共が従前から求めてゐた立法で強制も驚かないが今回のこの立法会選挙延期は呆れて言葉もなし。それほど今回の選挙は民主派有利だつたのか。それにしても民主派議員をDQした上で選挙ぢたい延期とは民主派も追ひ込まれてゐるが中共と香港市役所も逃げ場ないくらゐ次策なしに追ひ詰められてゐるのも事実。いずれにせよ法治の崩壊なのだが。中共は本来、香港を用ゐて一国両制実視することで中共に対する法治評価も高めることができるはずだつたのが香港での自治介入で「中共にはやはり香港ですら法治はできない」といふ事実を明白に。なぜそれほどまでに余裕がないのか。習近平政権で国内の「公共安全」はかなり抑えきつてゐるやうにみえて実際は時限爆弾かゝへてゐるやうなもので党内もけして一枚岩ではないのだらう。


f:id:fookpaktsuen:20200801065754j:image

f:id:fookpaktsuen:20200801065750j:image

立法会選挙を1年延期するが現行の立法会は今年8月で任期全うの場合、現行立法会の任期を1年延長するためには法的に様々な手順が必要で、それが疫禍で立法ばかりか行政、司法も実務的に機能しないなかで夏休みとなり9月までの法的整備も間に合はず。そこで、この空白期間の立法を上部組織の全人代常委が掌握といふ話も。全人代は香港も含めた人民により選出された代表による民主的組織なので、この措置が非民主的といふ海外勢力からの干渉には(理論上は)反論できるのか……ヘソで茶を沸かすやうな話だが。 

f:id:fookpaktsuen:20200801065858j:image

3月末からの、あの感染に我々はじっと堪へてゐたのに今回の第2波はまるで慣れることを仕向けられてゐるやう。かうなると都知事選に出た候補者の「コロナはたゞの風邪」ぢゃないが通常のインフルエンザ並みの反応にならざるを得ないのか。

f:id:fookpaktsuen:20200801191333j:image

昨夕から天気は快方にむかつてゐたが今朝は見事な青空。春も天気は良かつたが春のぼんやりした空で遠くの那須の方の山並みまでくっきりとは見えなかつたが、それが今日ははっきりと。 


f:id:fookpaktsuen:20200801191348j:image

f:id:fookpaktsuen:20200801191351j:image

朝、散髪に行つた帰りに理髪店近くの田中といふパン屋に寄る。昔から有名な昭和のパン店で何十年も前からお婆ちゃんが小売りを切り盛りしてゐるが今日もまたお婆ちゃんは矍鑠と。店に掛けられた賞状で一番古いのは昭和27年のものであつた。こゝのパンがじつに美味い。


f:id:fookpaktsuen:20200802115859j:image

f:id:fookpaktsuen:20200802115841j:image

晩に野菜を天ぷらに揚げるのにゴボウがないといふので駅ビルのスーパーに出向いたら台湾マンゴー1個が980円であつた。これを台湾でマンゴーの産地・玉井に出向いたら小ぶりで安いものなら一山10個は買へる。それにしても「台湾の台湾マンゴー」とは。「中華民国の台湾マンゴー」なら、まだわかる気も。台湾マンゴー頬張りに玉井訪れたのはもう2年前のこと。ゴボウ片手に馴染みのアイリッシュパブに寄る。一瞬、木刀を携へた素浪人である。

NHKの朝ドラ〈エール〉で古関裕而が話題となるが古関音楽についてさすが片山杜秀先生の論評が秀逸。

流行歌作家としての古関は、まだ多くの日本人が漫然と平時を生きられるつもりでいた日中戦争開始以前には日陰者だった。ところが、辛さや苦しさが時代の前に出、慰めや励ましなくして正気を保ちにくくなった、日中戦争から戦後の混乱期までは圧倒的に輝いた。曲の迫力や真摯さや痛切さが飛びぬけた。そして、戦後日本の復興と繁栄を世界にアピールする一種の儀式であった、56年前の東京五輪の入場行進曲をもって、アクチュアルな役割をほぼ終えた。
古関は万人がエールを必要とする時代の大家であった。兵士の心の強気と弱気に引き裂かれた真情を旋律に表し得た「露営の歌」や「暁に祈る」、圧倒的戦意高揚歌としての「比島決戦の歌」や「突撃喇叭鳴り渡る」、被爆国の哀歌としての「長崎の鐘」、焼け跡の希望の歌「とんがり帽子」等々。どれひとつ欠けても昭和の精神史は語れまい。
では、なぜ古関はそういう作曲ができたのか。例えば戦意高揚歌なら、当時の日本人なら誰しも知る軍隊ラッパの旋律のパターンを変容させる秘術を古関は心得ていたと愚考する。他にも幾つもの秘術を組み合わせ、近代日本人の集合的な音の記憶にしっかり触れる、古関ワールドが屹立したのではないか。そう私は推察しているのだが。
今年の五輪は延期され、五輪の比でないほどに励ましの歌が必要な非常時が、唐突にやってきた。どのみち2020年は古関を欲する年であったのか。

孫平化先生


f:id:fookpaktsuen:20200731072447j:image

f:id:fookpaktsuen:20200731072443j:image

香港で9月立法会選挙に立候補する民主派議員へのDQが躊躇なし。その上で立法会選挙の1年延期といふネタが実しやかに流れてゐる。

f:id:fookpaktsuen:20200731092427j:image

李登輝先生逝去でいくつもの論評に目を通したが、これ

(李登輝辭世)林孝庭「蔣經國、李登輝與台灣政治「本土化」二三事」 - 自由時報

が最も興味深い内容。李登輝という中道左派の農業経済の学者が「蒋経国により」何う台湾の運命担ふ存在に重用されたかの経緯。

f:id:fookpaktsuen:20200731143712j:plain

フィリピンで戦士した兄(日本名:岩里武則)と

蔡英文総統曰く

私達が心から敬愛する李登輝元総統がご逝去されました。李元総統は台湾の人々とともに歴史的挑戦を幾度も乗り越えてきました。台湾に民主自由を残し、今後も私達を勇気づけてくれることでしょう。李元総統の遺志を継ぎ「台湾に生まれた幸福」を追求し続けます。

f:id:fookpaktsuen:20200801191429j:image水戸市役所に孫平化先生お手植への松あり。看板に「日中国交回復記念」で昭和60年(1985)とあるが、国交回復はそれより前。昭和60年といふのは筑波で科学万博の年で、それに孫先生が茨城に。当時、孫先生は中日友好協会の副会長(会長は廖承志)。この孫先生来水がきつかけとなり水戸市重慶市が友好交流都市となる。久しぶりに青空。

f:id:fookpaktsuen:20200731072517j:image

疫禍とゞまるところを知らず感染者増。8月のお盆に池上は實相寺で京蔵さんが関容子お相手に「晩夏の夕べ」といふ行事あつたが(こちら)これも中止に。久が原T君のお家が近く昼間に久が原にお邪魔してゆっくり出向かへれば……と思つてゐただけに残念なことに。

f:id:fookpaktsuen:20200801074323j:image

全音でミニスコアシリーズに諸井三郎先生の『 スコアリーディング(スコアを読む手引)』あり。昭和38年のもので当時はまださういふ時代だつたのかと思ふが楽器の音域や調(ホルンがヘ長調を用ゐる等)の説明どころか、その楽器ぢたいが何ういふものかまで写真入りで解説。で実際のスコアの読み方については楽器が木管金管、打楽器から弦楽器に並ぶこと、同じ楽器種の中では高→低と並べることなどスコア読んでゐれば暫くすれば気づくやうな内容で、大切な点といへば多くの楽器のメロディの中から終戦律を見つけること、その主旋律も一つの楽器ではな木→金→弦と引き継がれることなど書かれてゐるが、それもでは何うやつたら読みやすいか?のコツなどあるはずもなくなれることだけ。つまり、この本は不思議本なのである。

李登輝先生逝去


f:id:fookpaktsuen:20200730071852j:image

f:id:fookpaktsuen:20200730071855j:image

香港では飲食店が店内飲食全面禁止で夜はともかく昼食時には外食難民多く殊に工事現場など外仕事の市民は悪天候のなか軒下で雨を凌ぎ公園で傘をさして弁当を食らふやうな状況の由。

f:id:fookpaktsuen:20200730082732j:plain

朝、小雨のなか共産党が駅前で衆院選にまた立候補するであらう前・県議が演説しながらビラくばり。一向に為す術を知らず不要なマスクまた配るだけの安倍政権批判は当然か。それでもビラをもらはうとする市民もなかなかゐない。

f:id:fookpaktsuen:20200730082736j:plain

水戸でもついにキャバクラで数名の感染。キャバクラでのクラスター懸念あり県と市が店名を公表。水戸の昔からの歓楽街で信願寺といふ寺がかつてあつたあたり。この寺ぢたいは戦前に郊外に移設され地名だけ信願町と裡(うら)信願寺の路地が残る(といつても、これも昭和に大規模に改称されてゐるが)。そこで、このキャバクラなのだが、ふと気になつたのは、はて、この通りの名は?といふこと。このあたり古くから横丁まで名称あり。だが、この通りはピンとこない。母も知らず。そこで戦前の地図を見ると、この通りはなく、何うやら戦争の空襲で焼けて戦後にこの通りができたやう。古くは寺や武家屋敷など大きな敷地が並び横丁もなかつたことがわかる。 

f:id:fookpaktsuen:20200730141726j:image

 紐育時報のスドクはさすが六ツかしい。時間をかければできるのだらうが毎日そんなことをしてゐたら大変なので、やるときは10分と時間限定で即席に努めてみるが慌てゝやつてで来て例しなし。それが今日はやつとできた。

f:id:fookpaktsuen:20200730235049j:image

f:id:fookpaktsuen:20200730235212j:plain

雨が上がり何日ぶりかで夕焼けを眺める

帰宅すると母が今日、NURO光の機材がセットされていつたといふ。ついに5Gの環境に。早速繋いでみると上り下りが34.4/37.8から255/261(Mbps)と約7倍になつてゐた。

f:id:fookpaktsuen:20200730235139j:image

八旬の母も五鬼餓の令和かな

f:id:fookpaktsuen:20200730235123j:plain

f:id:fookpaktsuen:20200730235216j:plain

美味しい山芋にお出汁で、とびきり上等の山形のご飯

靴底の修理雨の日続きで革靴も雨水がしみて困つたもの。靴が少し草臥れたからといつて買ひ替へもさうは易々とできず。にホームセンターで接着剤さがしたら、ちゃんと黒色の接着剤まであるのには驚いた。
f:id:fookpaktsuen:20200730235219j:image

台湾で李登輝先生が今年に入り石牌の榮総(台北榮民総医院)に長期入院中だが容態がかなり逼迫といふ。

f:id:fookpaktsuen:20200730211633j:image

晩に朝日新聞李登輝先生逝去を報じたのは他のメディアに比べかなり早かつた。

f:id:fookpaktsuen:20200730212514j:image

戦前の日本精神に培はれ、戦後は国共に鍛へられた戦後台湾の運命を担つた巨人。状況が状況なら反国府リベラリスト、それが蒋経国により政府に招かれ学者肌の実務派官僚で終はつてもおかしくなかつたところ蒋経国が自らを襲ふ副総統にまで重用したのだから。それにしても国府で軍を掌握する郝柏村は「憎し李登輝」どころか蒋経国に対しての無念もあつただらう。それが李登輝は郝を行政院長に任命し一旦は自らの下に据ゑる政治ゲームに出て郝は不服ながら名誉に甘んじ、それを受け李政権にはやはり安住もできず辞職。国民党の主導権も握れず結果的に李登輝に敗北。何といふ強かな李登記先生の政治手腕。その後は国民党の敵であるはずの民進党で阿扁総統は李登輝を父のやうに慕ひ、李登輝の台湾主義は民進党より更に独立色を見せることで民進党中道左派の位置に安定させることに。現職の蔡英文李登輝が、自らが蒋経国に採用されたやうに見つけてきて政権に引き入れた英才。その彼女が安定した国家経営を続けるなかでの逝去。台湾をアジアでは筆頭の民主国家にした李登輝先生の偉大さ。本来であれば日本がさうなるべきだつたのか、その体制を植民地の台湾で実現させたのだから。

f:id:fookpaktsuen:20200730212557j:image

甥カールへの父性愛


f:id:fookpaktsuen:20200729083258j:image

f:id:fookpaktsuen:20200729083301j:image

大公報も蘋果日報も一面トップで伝えるこのニュース。香港大学で副教授を解雇 「雨傘運動」提唱者の一人:朝日新聞 は確かにこの戴先生の反政府的政治運動弾圧で「香港では一般的に副教授以上の大学教員の身分は定年まで保障されており解雇は異例」なのは事実だが大学は教員の学業実績評価は当然で戴先生が学究実績に欠け大学から報酬もらいながら政治運動に批判あつたことは事実。それを放置しておいたら「大学は何ういふ方針で教員雇用してゐるのか」と批判されても致し方なし。戴先生の処分で「香港の学術自由の終焉」といふのは如何なものか。

f:id:fookpaktsuen:20200729084813j:image

今朝も「みのり」のテンダーパンをいたゞく。テンダーパンというのは一般的な言ひ方なのか、柔らかいパンといふ意味なのだらうが。

f:id:fookpaktsuen:20200730071026j:image

日曜日に芸術館で吉田秀和『私の好きな曲』から<第九>がなぜ素晴らしいのかを和声的分析でなるほどと思ひ何うせならちゃんとスコアもあつたらとネット通販で入手。良品の古書で価格1円+送料。いつも、この1円古書は何うやつて利益出すのか?と不思議だが送料が250円とあつても同書店に数冊同時に注文すれば実際の送料は250円×冊数より安くなるし配達会社との契約で割引もあつたりで、そこに多少なりとも収益があるのだといふ。閑話休題。この全音のスコアを読みながらカラヤン=ベルリンで<第九>を聴いたが中学生の頃に比べ自分の動体視力がどれほど落ちているか痛感。そして、このスコアブックで諸井三郎先生による曲の解説があるのだが曲以前に、この時期のベートーヴェンがどのやうな心理的状況にあつたのか、甥カールへの「父性愛」の失敗が、どのやうな人類愛になるのかの下りは「こゝまで書くか」で読んでゐて尻込みするほど。カラヤン交響曲は、そのカラヤンベルリンフィルのLP全集を中学の卒業式の帰りに母が卒業祝ひにと買つてくれて、それを母も今も覚へてゐたがアタシももう少し年をとれば2番、4番と8番も良さがわかるやうになるかしら。母がぽつりと「4番は渋い」と呟く。御意。

畏友・ヰリアム鄧達智兄が数日前に感染確証。それから入院まで80時間以上要したのは香港も感染第三波で医療機関も混雑ゆゑ。アタシの知己のなかでの感染は彼が初めて。洞察の眼力ある彼らしく入院後の状況を蘋果日報に送稿で興味深く読む。

尖沙咀のスヰンドン書店


f:id:fookpaktsuen:20200728094114j:image

f:id:fookpaktsuen:20200728094109j:image

香港では感染拡大で飲食店内での食事は夜ばかりか昼も制限され事実上、テイクアウトしか営業できず。飲食業にはかなり深刻な打撃。屋外での集聚は4人から2人に制限され外出時はオフィスも含めマスク着用。路上での喫煙もマスク外すのでダメださう。すでに室内禁煙が禁止なのだから事実上の社会無煙化。徹底した予防措置といへばその通りだが感染理由に何かそれ以上の社会抑圧の作用があるやうに思へてならず。9月の立法会選挙も感染拡大を理由に選挙延期する声が建制派議員の間から出てをり政府もその意向だといふ。国安法施行で政府への反発感強く現状では民主派に有利明らかなら疫禍も政治利用である。

f:id:fookpaktsuen:20200729103008j:plain

疫禍に感染防止理由として立法会選挙1年以上延期か(星島日報)

香港を代表する洋書店のスヰンドン書店は疫禍以前から経営困難に陥つてゐたが遂に閉業の由。老牌書店辰衝圖書被指欠租近四年 業主興訟追討兼要求收舖(蘋果日報)20200527 東京でいへば丸善とまではいはないが銀座のイエナ書店がなくなるやうなもの。かつては洋書といへば尖沙咀ならスヰンドンで中環には香港ブックストアあり。後者は辛うじて営業続けるが両店とも在庫書籍は随分と減りホコリかぶつたやうな書籍目立ち、すでに活性さに欠けては風前の灯。

f:id:fookpaktsuen:20200728094218p:plain

梅雨明けず。平年なら今日(28日)は東北で梅雨明けださうだが、やつと九州南部が梅雨明けで平年より14日遅れ。これは1951年から3番目の遅さで関東の梅雨明けは8月になるのは必至。これは1951年以来4回目のことで、これまで最も遅くとも8月4日で、この記録を更新もありやなしや。

f:id:fookpaktsuen:20200729084129j:image

「みのり」といふ市の知的障害者就労支援施設で作つてゐるパン類が美味いと評判で、それのお裾分けに預かる。確かに風味豊かでやわらかいパン。日本に戻りパンの美味しさは本当にありがたいかぎり。 


f:id:fookpaktsuen:20200729084953j:image

f:id:fookpaktsuen:20200729084950j:image

この日乗でアタシの誤記に気づき教へてくれるのは母か久が原T君のことがほとんど。一昨日の記述で太地喜和子のことで母が喜和子逝去直前に〈唐人お吉〉を三越劇場で見たことを綴つたが「唐人」を「島人」と誤記したことに当の母が気づき教へてくれた。傘寿でスマホでブログ読む時代なのである。

f:id:fookpaktsuen:20200729084540j:image

子どものころに〈人形の家〉も〈アカシアの雨がやむとき〉も好きだつたが弘田三枝子と西田佐和子の区別がつかず。昔の曲の方が〈アカシア〉と覚へた記憶。

けるずでぎねす


f:id:fookpaktsuen:20200727072726j:image

f:id:fookpaktsuen:20200727072723j:image

感染拡大が日常になり、それでも高齢者除けば致死率が低く社会は感染に不安抱きつゝぎりぎりの「社交』続けてゐる。それは香港も日本の地方都市も一緒。朝イチで歯科治療。1周間前は初診で検査で今日から少しずつ治療開始。歯磨きはきちんとできていますよと褒められる。香港で歯科治療費が高く兎に角、無精なアタシでも虫歯をつくらないやうに歯の衛生だけは気遣つてきたことが幸はひしたか。歯科のあとA耳鼻科へ。昭和の頃にいつもみていた外観で診察は初めてだつたが待合室から昭和レトロ。 

f:id:fookpaktsuen:20200729084832j:image
狭い待合室は高齢者多く混雑。フリーで出向いたら午前9時の診療開始で今はまだ4番目の診療でアタシは23番目だといふ。朝7時半から先着順で記名式で順番とりで某医療ネットで予約も可。午前中だけで25番迄は受付ださうで、ぎりぎり締め切り前だつたが、これぢゃ診察は昼になるわけで半日が潰れてしまふ。これは読書の良い機会と本を読み始めると9番目くらゐで突然名前呼ばれ診察。初診ゆゑに早くなつたのかしら。このところ左耳がじくじくして痒みもあり夜中に目覚めることも。耳鼻科治療なんて何十年ぶりか。間接的に知り合ひのA医師は耳を視診すると少し炎症あるが耳孔をきれいにしすぎだといはれる。耳垢など清潔に除去すべきと思ふかもしれないが耳の中は面膜なのでデリケートで耳垢が多少あつて面膜を保護してゐるくらゐで良いのださうな。シャワーや水泳のときは外耳の部分の水分を除去する程度で余程のことがないかぎり耳孔はいぢらないやうにといはれる。いはれてみると確かに、つい耳かきや綿棒など耳孔のかなり奥までいれて耳掃除。年に1度でも耳鼻科で耳垢除去をすれば良いらしい。何年も前になるが台北の萬華で耳掃除したことがあつて驚くほど大きな耳垢がとれたが、これについては耳鼻科ではとても話す気になれず。歯科と耳鼻科で午前中が過ぎ、これから更に老けるに連れ病院に通ふ時間が増えてゆくのかしら。

f:id:fookpaktsuen:20200729084842j:plain

けるずでぎねす(東北弁か)

f:id:fookpaktsuen:20200729084528j:plain

忌野のの志郎