富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

東京五輪音頭2020(予告)

*このブログをご覧の方へ 諸般の事情で2020年7月24日(未来)の日付のこれがトップにござゐます。今日現在のブログはこの次からをご覧くださいませ。

ハアー (ソレ)
あの日リオデで 眺めた月が (ソレ トトントネ) きょうは都の空照らす (ア チョイトネ)
七年たったら汚染もないよと 晋三約束 噓ばかり ヨイショ コリャ 噓ばかり
オリンピックはカネにカネ ソレトトント トトント カネにカネ
ハアー (ソレ)
待ちに待ってた 電通の祭り (ソレ トトントネ) 東のソ連は今はない (ア チョイトネ)
北のキムさんもいらっしゃい テポドン飛んでドンときた ヨイショ コリャ ドンときた
オリンピックは起爆剤 ソレトトント トトント 起爆剤
ハアー (ソレ)
慎太郎うれしや 数えりゃ八年 (ソレ トトントネ) 仰ぐ日の丸 はずむ胸 (ア チョイトネ)
邦のかたちが違うから いずれきちんと改憲だ ヨイショ コリャ 改憲
オリンピックは政治的 ソレトトント トトント 政治的
ハアー (ソレ)
国が囃せば 民草踊る (ソレ トトントネ) 菊の威光は久子さま (ア チョイトネ)
帝都改造 土建の音に 上がっていくいく安倍景気 ヨイショ コリャ 安倍景気
オリンピックはまやかしだ ソレトトント トトント まやかしだ


東京五輪音頭-2020- ミュージックビデオ / TOKYO GORIN ONDO 2020 (Music Video)

反送中で競馬開催取消


f:id:fookpaktsuen:20190918102752j:image

f:id:fookpaktsuen:20190918102756j:image

f:id:fookpaktsuen:20190918102800j:image

 昨日のMTR紅磡站近くの脱線事故につき暴徒テロで3面費やし総力特集。もはやカルトである。さらに付録の〈香港暴乱百日真相〉は「真相」には遠いが要保存の出来栄え。当然ながら721の元朗事件も831の太子站真相も警察暴力も北角幇も出てこないのだが。本当に暴徒が好き、暴徒なしには大公報は存在できぬ。結局、中共ウイグルとかチベットの反乱分子がゐることで中共を強固にまとめてゐるやうに一党独裁を正当化するには常に正当な?敵が必要なのだが。

大公報發特刊揭香港暴亂百日真相 促全港各界齊來止暴制亂

f:id:fookpaktsuen:20190918120737j:plain

さすがに蘋果日報も「実は中共特務の仕業か?」なんてはせず。


f:id:fookpaktsuen:20190918102821j:image

f:id:fookpaktsuen:20190918102829j:image

 で本日は九一八で満州事変から88年。江泽民の時に随分と盛り上げたが习近平になつて全国規模での追悼の荘厳さの極み。柳条湖の現場にある施設での式典に参加した大学生が「歴史の真実を学び中国の受けた犠牲、そこからの復興で自分も国家のため懸命に生涯を捧げたい」 と。


f:id:fookpaktsuen:20190919135339j:image

f:id:fookpaktsuen:20190919135342j:image

大連の領事事務所より日本人に出された「お知らせ」には九一八の歴史的経緯など一言も触れられてゐない。それを知らぬ世代の日本人が大連にゐるといふのに。かういふことに触れないのが「お国柄」か。

その九一八に先立ち昨日、香港では大埔烏蚊騰にある抗日英烈記念碑が「反送中」と汚される狼藉あり。日本の中国侵略で広東、香港に抗日の歴史あり烏蚊騰はその当時の拠点。東江縱隊以烏蛟騰為基地英勇抗戰 反送中の「暴徒」には广东人民抗日游击队东江纵队が「中国共产党领导的」なのが不愉快なのだらう。だが「抗日」は中国人のアイデンティティの構造に深く関はる。昨日だかからネットに中共が公式に「香港人は本当の中国人じゃない」とコメントした……と流れる。

f:id:fookpaktsuen:20190919120421j:plain

画像は中国外交部の笑はない報道官(って全員、笑顔がないのだが)华春莹。これが香港は夷狄とされた偏見、いや寧ろ南蛮で結構、あんな連中と一緒になりたくはない、となる。すぐにこれが拡散されるのだが一体何ういふ発言なのか。ファクトチェックぢゃないが16日の外交部定例会見で日曜に香港で英国総領事館に抗議者押しかけ英国による香港の保護や英国国籍要求などあつたことに対しての問答。

(记者)问:一些香港示威者周日在英国驻港总领馆前游行,呼吁英方采取更多措施保护香港人,比如给予他们英国国籍。中方对此有何评论?
(华春莹)答:对于过去两天发生在香港的事情,特区政府已作出了回应。我想说,这些人去英国驻港总领馆面前,要求获得英国公民资格,我不知道他们还能不能算是真正的中国人。身为中国人,这样去乞讨外国的干预,我觉得是非常令人不齿的,绝对不是什么可以引以为荣的事情。

といふわけで、こうした行動は「彼らが本当に中国人なのかどうか私には信じられない」と発言したもので外国の干渉を求めるといふことへの非難。少なくとも「香港人は中国人ではない」ではない。华春莹なりに中国人=中共人のやうだが、その矜持あり、それのないものは中国人として風上にも置けぬとなる。かうだから最近、香港で関心高き王柯教授(神戸大学)のいふ中国の近代民族主義と愛国の呪縛に陥つてゐる。

Nation,原意是以國民主權為核心而成立的國家和人民之間的契約關係,基礎是對個人權利的尊重;日本用漢字譯作「民族」後,由於日本單一種族、單一語言、萬世一系的天皇體制,使民族成為血緣關係的闡述。至於「中華民族」這個詞語,最初是由梁啟超在甲午戰爭後於1898年提出的,他所想像的「民族」,是以獨立個人的國民作為構成nation state的主體。到孫中山提出「驅除韃虜,恢復中華」號召革命推翻滿清,就給「中華」賦予排滿並以單一漢族為主體的意涵。王柯認為,漢人革命家為了從滿清手中奪回統治正當性而發明的「中華民族」,比「日本民族」的定義還要狹窄。「中」表達地域概念,「華」表達文明形式,「族」表達血緣關係,這三重元素證明「漢」(「民」)是一個必須具有自己國家的集團(「民族」),並以此區別他者、尋找敵人,「滿」是一個不能與「漢」成為同一種nation的「異類」。
西方原本是為了實現國民主權,保證民主、自由、平等、人權等普世價值而追求的nation state,在中國就成了由單一民族(漢族)構成的nation state——「中華民族」國家。原本是民主主義性質的nationalism,就這樣在近代中國被偷梁換柱,變成了一個「民族」至上的主義。而絕大多數中國人,不會意識到近代中國民族主義對nationalism的閹割和歪曲。於是近代中國的掌權者們得以大力宣揚「中華民族」的利益就是終極的價值。
通過滿清入關大屠殺、列強瓜分和日本侵華和南京大屠殺,以不斷宣傳「祖先遭遇慘禍的集體記憶」,而加強了「屈辱的民族主義」的集體意識。帶有復仇心理的中華民族國家思想」成了一種春秋大義民族主義在中國有絕對的價值。

民族主義巨嬰 - 李怡 | 蘋果日報 | 20190919

これ、日本では樋口陽一先生や小林節先生も立憲国家の基礎の部分で指摘してゐること。

反送中で609の100万人デモから100日経過で反送中に出口見えぬなか、この運動を見る目は良くも悪くも厳しくなつてきてゐる。このBBCによるAnson ChanへのインタビューもAnson Chanに対して逃亡犯条例は撤回できて反送中の目的はまず解消されたのに何故にそこで妥協せぬのだ?と執拗に迫り「反送中に否定的、親中的」とコメントに苦言もあるが番組は辛口の"Hardtalk"でインタビューアー(Stephan Sackur)も体制側の時の権力者相手ならまだしも在野の「民主派」相手にこれをやるのは逆に勇気も要るところ。この立場が欧米代表するものとしてはいけないが民主派への無条件支持でなければ、このあたりが良識か。

Opinion | Hong Kong’s Protests Could Be Another Social Media Revolution That Ends in Failure - The New York Times

紐育時報といへばリベラル左派で反送中の立場での記事が多い。だがこの記事*1は「たられば」は禁じ手だが20140831の全人代決定を甘んじて受け入れてゐれば提灯占拠とはいへ行政長官選出も普選実施だつたわけで今よりはマシな状況であつたのではないか、と。そしてSNSを基盤にした運動で出口が見えなくなつてゐる。

Are Hong Kong’s protesters headed toward an Arab Spring ending? - The Washington Post

この華府郵報の記事*2も組織と代表者なき、決定機関なき運動が「アラブの春」のやうな失敗に終はるのではないか?と憂ふ。

今日くらゐは何事もないかと思つてゐたら香港ジョッキークラブが今晩のHappy Valleyでの競馬開催取り消し。

721の元朗暴乱で白シャツ愚連隊との親密な関はり疑はれ反送中では建制派でも悪役中の悪役、立法会議員・何君堯の持ち馬「天禄」が今晩、芝1000mに出場でClass-2のため通常なら後半の山場だが反送中の抗議も視野に第1レースに設定。夕方の開場で抗議者集まれば……だつたが午前中に早々の中止決定。悪天候や競馬での事故による中止は少なくないが政治的な理由での取り消しは1978年の職員ストと1984年のタクシー運転手スト、それに2008年の四川大地震追悼を除けば直近でも1956年の双十暴動で、それ以前になると1941年12月6日の日本軍侵港時となるほど。何君堯はジョッキークラブ会員として正当に持ち馬があり、それの出場も健康上等問題もなければ主催者側で出走取消の権限はなく何君堯が自ら取り消さぬ限りは一頭=一人の馬主のために全レース取消しとなる。何君堯自身は状況鑑み競馬場に行かぬなど措置をとるつもりだつた由。

f:id:fookpaktsuen:20190919195505j:image

今日のこの措置を鄧小平の一国両制で「舞照跳、馬照跑」(ダンスホールも競馬もそのまま)といふ名言引き合ひに出して「競馬もダメになつた」と嘆いてみせる言もあるが競馬開催じたいが否定された=賭博禁止ではない。あくまでアクシンデント。それにしても反送中が香港のあらゆる面に大きな影響を与へるやうになつてしまつた。

▲THKのこの番組、それ/\の立場の、それでも中立からリベラル左派が多いが、一人語りで自由に発言させる。今回は民陣の岑子杰君。NHKにはできない番組だらう。RTHKは視聴料もとらず香港政府の予算、つまりは我々の税金で運営されているが、これだけ政府からも距離おいた制作姿勢で忖度もないから立派。

*1:Social networks and cybertools are making inefficient authoritarian regimes more frail, because the people now have more tools to communicate and take on the state. See: Egypt, Jordan, Turkey and Russia. But they’re making efficient authoritarians even more efficient. See: China. And they are making democracies ungovernable, because they not only facilitate the “end of truth” but also “the end of compromise.” See: America, Brexit and Hong Kong.

To compromise means, at a maximum, to forge new common ground, to find areas of overlap, where opposing sides can stand together and, at a minimum, each side takes a little less of what it wants in order to just coexist. But both are becoming harder under the intense pressure of online-enabled extremists.

As my Times colleague Keith Bradsher has noted, the last time major street protests in Hong Kong broke out was in September 2014 — ironically after an Aug. 31, 2014, decision, approved by Beijing, to give the people of Hong Kong more say in how they chose their leaders.

At that time (and still today), a 1,200-member electoral committee, stacked with Beijing loyalists and more conservative farmers, businessmen and fishermen, chose the city’s chief executive. Beijing proposed on Aug. 31, 2014, to shrink that committee’s power to only choosing the candidates who could run — so no one overtly hostile to Beijing could take office — but then allowing all Hong Kongers to vote on the candidates.

It was not an awful compromise because even if Beijing controlled what names would be on the ballot, whoever would win the voting would likely be candidates who promised Hong Kongers the most democracy. In the current system, the winner of the most votes among the chosen 1,200 electors is often whoever makes the most promises to Beijing to twist the arms of Beijing’s friends in Hong Kong.

The compromise was rejected by the street in 2014 and it set off a two-month occupation of several Hong Kong neighborhoods, known as the “Umbrella Movement.” It demanded a “one man, one vote” system, with no obstacles on who could run — the only way to truly protect Hong Kong’s unique democratic identity.

I have huge admiration for the courage of Hong Kongers to defend their city’s unique character. But my head says that “perfect” is rarely on the menu and that better is good when facing an overwhelming power like Beijing. Imagine that the Aug. 31, 2014, compromise had been accepted. Mainland Chinese would be watching Hong Kongers vote directly for their leaders — albeit from a limited list — compared with mainlanders who can’t do even that.

“By insisting on all or nothing, the pan-democrats squandered a good opportunity to bring Hong Kong closer to the ‘true democracy’ to which they rightfully aspire,” observed the Hong Kong investor and writer Weijian Shan, the author of “Out of the Gobi, My Story of China and America.”

Had Hong Kongers accepted the Aug. 31, 2014, offer of limited universal suffrage they’d be in a much stronger position today to demand the full deal. Now it’s unclear if Beijing or its Hong Kong allies will offer even this limited universal suffrage — or if this democracy movement could compromise on it.

So, when the tear gas smoke clears, two huge questions will still linger. Is “better” — the 2014 compromise — still on the table? And, if it is, is there a protest leadership that can say yes to it and make it stick?

*2:Watching the Hong Kong protests is exhilarating in a world where democracy often seems in retreat and autocrats are on the rise. But I had a nagging fear, too. This idealistic, largely leaderless protest reminds me of the early days of the Arab Spring. That worries me. Without strong leadership, this movement could have a similar unhappy ending.

抗争百日

農暦八月十九日。晴。NHKで昨日放送された〈ファミリーヒストリー〉で中村梅雀Ⅱを見る。

父は梅之介Ⅱ、祖父が翫右衛門Ⅲで前進座のことゆゑある程度は知つてゐたが、翫右衛門Ⅲは上州の地方歌舞伎の役者で上京、昭和27年の前平事件は炭鉱町での前進座公演予定が組合主催で会場となつた小学校が体育館貸し出し不許可、それを強行開催で警察なだれ込み……の騒動だが、それを知る元炭鉱行員(86)が番組で、実は「もう時効だから」と語るのは小学校の体育館の窓から子どもらを館内に忍ばせて扉の閂を外させたのは自分、と証言。また警察に追はれる翫右衛門が巡業先に現れては〈俊寛〉など演じて姿を晦ましの神出鬼没、その翫右衛門を函館本線から炭鉱までのトロッコに忍ばせて……を実際に断行した男性も当時を語る。貴重な映像資料。北海道で行方不明となつた翫右衛門は中共に渡り北京に旅居。北京放送で元気な声を聞かせ国民を驚かせ3年後に訪中の猿之助Ⅱと日本に戻る。当時はまだ文革前で北京にも辛うじて昔の芝居文化の残る良き時代か。

f:id:fookpaktsuen:20190918125922j:plain

来日の梅蘭芳(左)、前進座の長十郎(中央)、翫右衛門(前)1960年2月

アタシは実は前進座は見たことがない。祖母が「アカ嫌ひ」だつたか前進座は二流のレッテルを押されてゐたのか、前進座どころか澤瀉屋すら大人になるまで見たこともなかつた。よつて翫右衛門の芝居は全く知らず小学生の頃に遠山の金さんを祖母が見てゐたので梅之助を初めて知つた……それで〈樅ノ木は残った〉の平幹二朗を見逃してゐる。その後、梅之助は大河ドラマ花神〉で村田蔵六(後の大村益次郎)を飄々と演じ、それがアタシにとつて前進座との唯一の接点とは。この番組で梅雀は母親(梅之助の妻)光子*1似なのだと判る。

f:id:fookpaktsuen:20190917081618j:image


f:id:fookpaktsuen:20190917081652j:image

f:id:fookpaktsuen:20190917081649j:image

f:id:fookpaktsuen:20190917153348j:image

六月九日の100万人デモから100日。「もう百日」といふよりは「まだ百日前だつたのか」といふ感。それにしても長く、さま/\なことがこの百日にあつた。何よりも大きな変化は「大きな溝」。直接、反送中の運動に関係してゐなくともSNSの発達の所為で陋巷で自分の周りで誰彼が色分けされ余計な分裂が生じてゐる。

メディアはコミュニケーションの道具という素朴なイメージがあるが、もっともこの言葉は「中間」という意味であり、二つのものの間を取り次ぐという意味ではコミュニケーションの道具となるが、同時に最初は一つであったものを二つに分けるという効果ももたらす。メディアは、それがもたらす情報を共有し仲間意識を持つグループと、そうしたものに無関心、あるいは反発するグループとの分裂をもたらす。メディアが発達すればするほどこの分化は進む。だから、メディアの発達がコミュニケーションを豊かにするというのは幻想にすぎない。

といふ佐藤卓己先生の言葉が沁みる。

f:id:fookpaktsuen:20190917114654j:image

「今日くらゐ何もない日でありますやうに」と思ふが今日は朝のラッシュ時にKCRとつい呼んでしまふMTR東鐡の列車が紅磡站手前で脱線事故。幸い軽傷数名で済むが一歩違へば大事故。

f:id:fookpaktsuen:20190917163715j:image

この速報に接し、ふっと思ひ返すは昭和37年の三河島事故。時節柄すぐに人為的、作為的で計画された事故なのか……と思つてしまふ。香港市役所がMTRと協力して「すべての可能性を排除せず全面的に調査」で真相究明と約束。当然のやうに「一連の反政府、反MTRの抗議活動に関連」とか「中共が仕組んだもの」といつた憶測が飛び交ふ。その中で香港で列車脱線 抗議運動との関連「全面的に調査」: 読売新聞 は見出しからしてもう、これでは抗議活動との関連ありき、でそれを全面的に調査と読めてしまふから凄い。さすが読売さんだ。

f:id:fookpaktsuen:20190917194523j:image

こゝ数日で溺死体が四体、飛び降り自殺が7件続いてゐる。これを反送中関連、香港警察の作為?といつた話も広まるところ。藻谷先生的にであれば過去の溺死体発見や飛び降り自殺の数を時間的に調べ、こゝ数日の数が異常なのか検証すべきところ。それにしてもかうした様々な都市言説が香港を浮遊する。 

《車四十四》的啟示 – 古勒馬 

七月から突如、この反送中で香港の言論界で脚光浴びる古勒馬。2001年に制作された短編映画〈車四十四〉から話を興してゐる。

中国の重慶で実際にあつた事件をもとにした映画*2。 この映画が最近、反送中で藍營(体制派)から評判にされてゐるのだといふ。

(あらすじ)二人の強盗が路線バスに乗り込み乗客から金品奪つた上で強盗の一人が女性の運転手を草むらで強姦。乗客が恐れつ沈黙するなか一人の青年が勇気もつて彼女を救はうとするが強盗に殴打されるばかり。強盗は去り彼女は運転席に戻りバスに乗らうとする青年の乗車を拒みバスが走り出す。その後ヒッチハイクに救われた青年は警察が事故対応に遭遇。バスは崖から落ちて全員即死。運転手による故意の墜落か。

この映画がはぜ反送中なのか。藍方は女性運転手は勇武派或は焦土派で乗客が香港市民、強盗が抗議派で青年を警察とするらしい。これに対して運転手を「暴徒」とする味方、強盗=警察とする見方などさま/\あり。古勒馬曰く「雖然觀點南轅北轍,但是大家都認為自己站在正義的一方」誰もが見方は自分を正義に置く、と。御意。

現在香港發生的一切,不是三個月累積而產生的,而是20多年來政府倒行逆施,香港人被溫水煮蛙而得出來的結果。

林鄭が市民と対話のプラットフォームだか宣ふが、この分裂は何を起因とするのか。この3ヶ月の反送中か、董建華か香港返還か中英合意か。但是現在只有撕裂沒有共識」。

性本惡 | 劉山青 | 立場新聞

「反中共」で「時代革命」といはれるが大同団結なければ革命に非ず、と劉山青。筋金入りの反中分子也。

作為群眾情緒,香港現況則已類近革命情緒。在這裏要討論當年六四的兩點普遍地被觀察到的社會現象。
一,在大動員裏,巿民自覺地守公民責任,萬眾一心,連小偷也表示要暫時停止工作。
二,左中右團結一致譴責暴政。
我們在這場反送中運中看不到這兩點,剛剛相反,運動發展至今,我們看不到藍絲轉向支持運動。正是左中右團結,港人才有力量抗衡中共

破窗兩謬論 牛頭搭馬嘴 - 林行止 - 信報

先週、林行止専欄が反送中の器物破壊でもGDP増と書いたことに早速、人民日報に批判掲載あつた宜。張慶波〈暴力破坏有助GDP增长?林先生,醒醒〉で「抛出奇谈怪论,谰言香港经济下滑与暴力冲击无关」「穷尽文字技巧为暴力示威招魂,为暴力分子平反,真是语不惊人死不休」と叱らる。林行止は経済学ゆゑ政治的立場で結論は異ならず、と経済学の基礎の基礎をサルや中共学者でもわかるやうに説明する。自家用車の洗車で、これを洗車専門の会社やプロに頼むか家で雇用するフィリピン人のメイドにさせるか。前者は費用支出でGDP増だが後者は給与払ふ使用人なのでGDPに反映せず。人口100人の二つの国がありGDPも同じく$100とする。この場合1人あたりのGDPも$1で同じかといふと異なるのはA国は国防予算が年間$50でB国はそれがない場合である、と。

上舉這些與日常生活息息相關的例子,說明唯在非民主國家的好大喜功領導人,才會為GDP增長訂下目標,而為達目標,什麼可以促進GDP增長的事都會「上馬」。內地多處無人煙的「鬼城」,便是為GDP達標而建;佐治.梅遜大學經濟學教授S. Sumner在近作〈Land of Bridges and Tunnels〉指出全球有一百座「高橋」,而貧瘠的貴州便佔其中的四成即四十座……。「鬼城」和「高橋」的興建,令GDP符合領導人的「預期」,但這對人民的物質生活有何助益?那解釋了何以在受「無形之手」指引的國度,不會出現「打砸燒毀財物」以促進GDP增長的原因!

 

「反送中」運動的中場反思 練乙錚 對談 梁繼平 | 立場新聞

梁継平(Brian Leung)は香港大学政治学部卒で現在、米国ワシントン大学の博士課程。701の立法会占拠のなか唯一、ヘルメットとマスク脱ぎマスコミに対応。身柄拘束になる前に香港を脱出して在米。要旨書く余裕もないが一読の価値あり。

アナタは出んでよろしおま!である。鴻海の郭台銘が出馬見送り。台北市長・柯Pも不出馬表明で蔡英文総統と国民党は韓国瑜・高雄市長の一騎打ちかと思つてゐたら深緑のオバチャンの出しゃばり。それにしても深緑派って陳菊のパーマも凄いけど呂オバちゃんの、このジャケットも何処で調達?とセンスの悪さ(それが良さなのか)にあばらかべっそんである。本日、九二一台湾地震から20年。

f:id:fookpaktsuen:20190917163749j:image

*1:光子は鍋島藩の出で明治海軍の軍人だつた山崎某の孫で早大の〈レミゼラブル〉で道化の少年役演じた梅之助を初めて見て縁あつての結婚。

*2:監督の伍仕賢は台湾生まれの米国籍で当時26歳、この11分の短編映画は58回のヴェニス国際映画祭で審査委特別賞受賞。

大叔的愛


f:id:fookpaktsuen:20190916083828j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916083824j:image

新聞各紙の立場は違へど、こんな紙面を見たら香港なんて危なくて歩けたものぢゃない。大公報は暴徒狼藉放火殴打の恐怖、蘋果日報は市民の怒りが炎となり、で東方日報は「政府無能で暴徒がやりたい放題」となる。だが、これも局部的な騒ぎで一夜明けると何事もなかつたかのやうに、いつものブルーな月曜朝を迎へ市街はいつもの喧騒と活気になるのだから都市機能といふのはすごい。


f:id:fookpaktsuen:20190916150813j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916150838j:image

某映画館系列の招待券貰つたのが今月末迄で007とかBATMANとかアタシでも見る娯楽洋画もなく系列でも油麻地のCinematiqueに行けばマイナー作品もあるが抗議活動もいつ発生するか蠱惑、招待券は窓口のみで利用可では油麻地まで行くのも億劫で太古の系列映画館で〈大叔的愛〉を見る。映画の冒頭に「とってつけた」やうに主人公(春田)が香港駐在で香港のシーンがある宜。

この映画かなり宣伝してゐるが香港での客の入りは今ひとつ。今晩もテレビドラマ時から大好きなファン女子たち一群がシーン変はる毎に興奮してゐるが、そればつかりで閑古鳥(月曜夜でもある)。香港も同性カップルの配偶者扱ひの福利厚生が認められたり男子が二人で手をつないで抗議デモを歩いてゐたりと徐々に同性愛は一般的で、今更それを面白おかしく描いてウケるといふわけではない。映画のネタバレのやうなコメントは避けるが香港の下町の街市を歩く春田(田中圭)が或る他愛ないトラブルに遭遇するのだが北角・春秧街から路地を相手追ひかけいくつか曲がると中環のHollywood Rdで入り込むのが中環街市だつたり香港的には可笑しい。話の脇筋で彼らの会社が提携する企業として「鳳凰山集団」あり、何う見ても中国系企業で話の展開でこれが〈悪〉で、それとの対決になるのだが香港を含む中華圏では見てゐてけして嬉しくないものと思ふ。それが凰山集団は負けたものゝ、さて改めてどこの企業と資本提携するか?といふ時に現れたのが冒頭の春田が遭遇した街市の草臥れた爺さん実ハ富豪の周氏で周氏集団がこのプロジェクトに資本参加でメデタシとなる。これを鳳凰山集団は中国の国企系、周氏集団は香港地場財閥とした場合、結構改革であるとか中共資本の香港市場席捲、反送中での李嘉誠であるとか深読みも面白くないわけではない……なんて、かういふドラマを更に空想するなんてBL系の腐女子と変はらない加茂。

中華民国が国交有する国は残すところ16カ国のみ。中共が着々と覇権広げる。

▼今更何も言は要すまい。晋三とともにあの世に逝くしかないやうな日本。
f:id:fookpaktsuen:20190917001411j:image


f:id:fookpaktsuen:20190917001505j:image

f:id:fookpaktsuen:20190917001500j:image

f:id:fookpaktsuen:20190917082606j:image

閩粤械鬥


f:id:fookpaktsuen:20190915151906j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915151903j:image

大公報は昨日、獅子山に掲げられた中共旗讃へ蘋果日報は警方の抗議派拘束の無謀に怒る。

f:id:fookpaktsuen:20190915151916j:image

本日、民陣集会警察に開催拒まれたなか午後より銅鑼湾に抗議派市民集まり自然と道路占拠から中環方面への行進に。黒蟻社中は金鐘にて久しぶりに香港市役所取り囲み火遊びの狼藉。金鐘站への入り口付近にも障害物起き施設破壊もあり。

f:id:fookpaktsuen:20190915182446j:image

▲は西湾河地下鉄入り口のレノンウォール(家人撮影)。迂生、本日、腰痛にて終日在宅。日曜の夕方、陋宅でドライマティーニ飲みながらInterFM897松浦俊夫の“Tokyo Moon”でアシッドジャズとか聴きつRTHK32チャンネルで今日の香港のデモと道路占拠のライヴ見てゐた。続けて宵のバラカン ビート。


f:id:fookpaktsuen:20190916082356j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916082359j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916110703j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916110706j:image

デモは平和、黒蟻は狼藉。


f:id:fookpaktsuen:20190915213509j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915213514p:image

韓国のリポーターが何故、逆に取材受けてるのかしら?と思つたら映画《屍殺列車》で「自私大叔」演じた金義聖が現場に来ていたのだつた。


f:id:fookpaktsuen:20190916131559j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916131603j:image

待ってましたっ〜!、で香港警察、天下の宝刀の最強放水車登場。さぁ/\香港警察ご自慢の水芸でござーい、お代は見てのお帰りで結構、松旭斎天勝師匠仕込みの色水放水!は逃げ足の方が早く放水は還暦オヤジの放尿の如し。色水は路面濡らし道路の白線を青くするばかり。青線の復活か。今日も何だか黒方も警方も今ひとつのお芝居で何だか硬弛露迂とマツミドリで勧進帳でも見せられてゐるやうな物足りなさ。


f:id:fookpaktsuen:20190915213405j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915213408j:image

煽られた警方の登場で抗議デモ第二幕。


f:id:fookpaktsuen:20190916110800j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916110757j:image

黒蟻社中が執拗にMTR攻撃するのはMTRが警察の防暴隊の移動に専用列車を組んだり列車通過とした站構内を警察の待機場所に提供したりしてゐるため。

f:id:fookpaktsuen:20190917114928j:image

数ヶ月前はデモ当日に車掌が「香港加油!」と車内放送で告げたり黒蟻の現場脱出に臨時列車出してゐた当時との様変わり。

f:id:fookpaktsuen:20190915210256j:image

市民デモ(非合法)ぢたいは湾仔から金鐘を経て中環が終点となり西環の道路封鎖は警方が中聯辦防備のものでデモ隊は近づきもせず。通常の数十万単位の抗議デモに比べ香港市役所のあるHarcourt Rdから西へGloucester Rdの道路封鎖が目立つ。


f:id:fookpaktsuen:20190916110842j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916110838j:image

黒蟻の彼らのMTR破壊や路上での雑物放火も当たり前、警方の暴力や催涙弾も容赦なく市民がいても平気の沙汰で出口なし。わけのわからぬ持久戦。


f:id:fookpaktsuen:20190916083120j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916083125j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916083112j:image

f:id:fookpaktsuen:20190916083116j:image

住民同士の乱闘を香港のメディアがついに「械鬥」として報道。対立する部族間の争ひの意。北角ならさしずめ閩粤械鬥か(閩が福建、粤が広東)。かうなると逃亡犯条例どころの話ではない。

新疆两大学校长被判死刑

f:id:fookpaktsuen:20190914111407j:image

昨晩の中秋があれだけ香港各地で抗議する市民らの集会と「輝け、香港に自由の光よ」になつてしまつては大公報は林鄭の電光石火のお忍び老人院探訪では対抗もできず。

f:id:fookpaktsuen:20190914151725j:image

その大公報が一面で報じるのは「空置税」。マンション売却目的で購入で放置については課税といふもので来月、再開される立法会にて議上に。香港の住宅難で少なくとも賃貸に出せば家賃高くとも住処の供給戸数増とはなるが「空置」はダメ。当然といへば当然の課税だが香港の深刻な住宅問題の解決策にはならず。

國資委促央企扶持港 加投資增控制權 | 蘋果日報 | 要聞港聞 | 20190914

中共が真剣に香港経済の控制権掌握に動くやう。米英の影響退け「中国にとつての香港」の実現。
「網開一面」論遭政法委轟縱容犯罪 李嘉誠遺憾被曲解 已慣莫須有 | 蘋果日報 | 要聞港聞 | 20190914

蘋果日報がかつての宿敵たる李嘉誠の立ち位置、主張擁護といふ不思議な展開に。中共の香港市場介入と住宅土地問題につき蘋果日報と中立の立場とる経済紙・信報の主張がほゞ違和感なく通して読める。

蘋果日報中共港共將香港深層次矛盾歸結於住房問題,既是槍打出頭鳥、藉機清算李嘉誠,又試圖轉移抗爭的焦點和目標。李嘉誠聲稱,其言論被曲解,呼籲「各方能尋求空間,而非挑動矛盾」。曾為中共最高領導人座上賓數十年的他,顯然很清楚中共官媒接連的批鬥,意在挑動示威者與地產商的矛盾。李嘉誠中共領導人的恩怨是非,惟他們自知。但他們藉反送中風暴的新一輪交鋒,顯然都在曲解香港抗爭者的訴求,藉此掩飾他們的利益之爭。路透社報道,中國國資委召集約百位國企高層訓示,要求國企更積極投資香港,加強對本港企業的控制權和話事權。此舉打着應對港青對高樓價、就業難不滿的旗號,實際上是要控制香港經濟命脈,是要革李嘉誠等富商的命,不只解決不了香港深層次矛盾,反而會激化中港矛盾。那麼,香港的深層次矛盾是甚麼?2005年時任總理溫家寶對到北京述職的特首曾蔭權提出這個概念後,香港各界各執一詞。溫家寶後來親列五項:如何發展金融中心、航運中心和貿易中心;如何發展優勢產業,特別是服務業;如何加強與珠三角聯繫;如何包容共濟、保持繁榮穩定;如何改善民生、教育。這五大問題是否囊括了香港深層次問題另當別論,但幾屆特區政府都無心無力解決,更彰顯真普選才是香港最深層次的矛盾。

(信報)香港今趟反修例把本城潛藏的深層次矛盾和積怨一下子井噴式暴露無遺,其中土地及房屋乃毫無疑問的頭號根源問題,需刻不容緩設法紓解,是特區政府重建管治權威、政治秩序與社會穩定的關鍵,各方面包括中央政府都期望林鄭班子在住屋政策上有更大作為。周五,內地兩大官媒新華社及《人民日報》先後發表文章,批評香港遲遲不下決心解決住屋問題,令地產經濟獨大,中小企失去生存空間,中產向下「淪陷」,青年難覓上升通道,以至社會形成重大矛盾,當前的「反修例風波」也與此有關。《人民日報》的文章更強調,解決住屋問題,香港不能再等,並要求地產商釋放最大善意,不要囤積居奇賺盡最後一個銅板。過往官媒甚少對香港經濟、民生政策指指點點,今次直接批評房策,又特別針對地產商提出要求,反映北京非常希望特區政府能真正有效施政,以作為扭轉危局的突破口。

連日、香港報道で数多の論評など目を通してゐるが日本の報道で物足りぬのは、その視点の狭さ。例へばこのWSJの記事「香港は中国の銀行が呼吸する肺」は倉田先生が「香港の価値を「規模」ではなく「機能」から見る視点」で、かうした点が多くの日本人の対外の視点で欠けてゐると指摘されてゐるが、その通り。

Hong Kong Is the Lung Through Which Chinese Banks Breathe - WSJ

エコノミスト誌は香港の反送中につき広東がそれを実は何う受け止めるかといふことを「中央と香港の対峙」になりがちななか面白く論じてゐる。

China says Hong Kong’s protesters have the mainland in their sights - Shutting the gate

同じエコノミスト誌で最近は本当に減つた日本に関する記事だが日本のインテリジェント活動を内閣調査室の立ち位置や日米安保の中で分析など日本の安全保障のことなのに、かうした言及はなか/\ない。

Japanese spies, once renowned, have fallen on hard times - Banyan

この話の書き出しが

It is rare for James Bond to pass up a martini. But on a visit to Japan in 1967, in “You Only Live Twice”, he opts for sake—served at 98.4°F (36.9°C). “For a European, you are exceptionally cultivated,” enthuses Tiger Tanaka, a Japanese spymaster. Mr Tanaka is a suave, Suntory-sipping spook who runs a ninja school in a remote castle, and helps Mr Bond storm the bad guy’s volcano lair.

なんて1967年の『007は二度死ぬ』でタイガー田中(丹波哲郎)にジェームズ=ボンドが日本酒勧められる場面から語り始めるなんて何てステキなことか。

f:id:fookpaktsuen:20190914153752j:image

こゝ数日、抵抗歌《願栄光帰香港》が広まり香港各地でこの合唱集会開かれ「光複香港、時代革命」といふシュプレヒコールに藍絲、土共が妨害に入り衝突となる。


f:id:fookpaktsuen:20190915152651j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915152654j:image

土共も「所詮、カネ渡して人集め」と嗤はれるなか昨晩は青絲に佔領された獅子山山頂に登り赤旗立て勢力誇示。


f:id:fookpaktsuen:20190915154028j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915154025j:image

抗議者と土共の対峙では小競り合ひとなり警方が出てくると身柄拘束するのは黒シャツばかりなので「黒警」と罵られる。


f:id:fookpaktsuen:20190915154037j:image

f:id:fookpaktsuen:20190915154117j:image

白シャツのヤンキーたちは安心して暴れるばかり。警察に土共から激励の嵐だが警官本人の表情よく見るとけして嬉しそうではない。

警察が抗争現場で床に落ちた中国国旗を足蹴にしてゐるのだから国旗条例の制定が急がれる。

新疆两大学校长被判死刑 海外学者紧急呼吁

(19日、蘋果日報)與新疆醫科大學有多年合作關係的中文大學和聲書院,校友會和學生會發聲明聲援曾到訪交流的吾甫爾,並要求院方承諾永遠樹立其送贈的石碑於和聲書院門前。

f:id:fookpaktsuen:20190919095020j:image

現時和聲書院門外的「和聲」石碑正是由吾甫爾送贈,校友會與學生會聲明促請和聲院方關注事件,並堅守風骨承諾永遠豎立吾甫爾送贈的石碑,以傳承一眾學子的珍貴回憶。資料顯示,吾甫爾曾於2012年1月到訪中大,會晤中大時任副校長鄭振耀、和聲書院院長劉允怡等,與和聲書院簽署學生短期交流協議。和聲書院昨回覆稱,對吾甫爾的情況表示關注,並將繼續留意事態的發展。

農暦八月十五日、中秋


f:id:fookpaktsuen:20190913113058j:image

f:id:fookpaktsuen:20190913113104j:image

中秋といへば家族の團圓。大公報は反送中に血眼の子どもが自宅に帰らぬのを悲しむ親の心境を嘆く。蘋果日報十五夜の月に「香港に栄光あれ」と願ひ唱へやうと宣ふ。

f:id:fookpaktsuen:20190914123155j:image

林鄭は中秋にあたり筲箕灣の老人院慰問。市民との対話も「五大訴求、缺一不可!」と叫ばぬ、逃亡犯条例すら知らぬ老人となら安全か。それでも抗議者集まるのを恐れ隠密裏の老人院訪問で、それでも林鄭来院と知つた住民らが集まるなか警察は防暴隊派遣で林鄭は老人院裏口から出入りの僅か15分。

f:id:fookpaktsuen:20190914123205j:image

今日の日経には香港政府の意見広告掲載あり。香港の景気後退で日本企業に向けたメッセージ。読者に「あなた」と呼びかけるのも日本語では違和感あり。普通なら「皆さん」。「皆さんにお伝えしたいことがいくつかあります。是非、以下をご覧ください」といふ言ひまわしも不自然。代理店ももう少し文章を弄れないものか。いずれにせよ言葉に心がこもらぬのは林鄭らしさ。

f:id:fookpaktsuen:20190913115816j:image

その無策なる香港政府に対して中央政府の香港介入の可視化が凄い。北京中央の公安部長(大臣)が反送中デモに対して反対を公言はまさに一国両制の無視。人民日報は香港の土地行政につき収回土地条例を引き出し香港の地産商に住宅供給問題で善意を見せろと叱る。香港市役所が売却する公用地に地産商が高級マンション建てるばかりで香港市民に深刻な住宅問題は一向に解決せぬだらう、と。

f:id:fookpaktsuen:20190914112911j:image

かつて中共に最大の貢献をして鄧小平から江澤民まで懇意だつた李嘉誠をまで中央政府政法委が叱る。一香港市民として李嘉誠の香港へのメッセージは反送中許容するもので香港の溝を深めると。

Exclusive: China prods state firms to boost investment in crisis-hit Hong Kong - Reuters

香港経済の社会主義化というか、中国化の浸透。キャセイパシフィック空港から陥落し李嘉誠の長江実業までが叱られるとは。中共企業、資本による席捲で企業の事実上の国有化。それを欧米が許すか何うかの攻防。香港に米国租界が出来たり長江実業が香港の本社を李嘉誠建立の慈山寺に移すやうな、とんでもない空想が頭を過ぎる。反送中は已に香港の経済資本の結構改革(構造改革、Structure Reform)になつてゐる。雨傘運動の前に香港で抗議運動では官商結構(政府と財界の癒着)が問題になつてゐて、それに中資が何う介入するかだつたのだが反送中で、その問題のマグマまで噴出。少なくとも、かうなると潜在的な問題であつて林鄭一人の責任ではないのだが。


f:id:fookpaktsuen:20190914122532j:image

f:id:fookpaktsuen:20190914122536j:image

今晩は香港各地で市民が集まり中秋の反送中。獅子山には89歳の陳日君枢機まで登つたさうな。そんな中秋の夜も家族團圓もなき迂生は上環の印度料理屋でT女史、K女史に家人とで会食。いつも静かな料理屋だが途中から二十人近い英国人の男性ばかりの一行現れ賑やか。何かある毎にOCC! OCC! と叫び雑談してゐたかと思ふと真面目ぶつた討議となり、その内容は他愛ないのだが下らない会則の変更だとか今後の会合についての意見交換とか、時折どーしやうもない発言があると発言に対して懲罰動議の提出で可決するのしないだのと議論沸騰、まるでモンティパイソンで次の料理がくれば議事中断で食事すると雑談で亦た討議再開が実に馬鹿馬鹿しいが、まるでEU脱退問題審議の英国議会のやう。つい気になつて聞き耳立てつ調べてみるとOCCはOakham Curry Clubなる組織で香港の他、上海やシンガポールにも支部あり。このOCCとは別卓の英国人らも興味津々で、その御仁と目が合ふたびに困つたやうな表情で笑つてみせるので手洗ひに立つた時に、その御仁にOCCはOakham Curry Clubださうで、とアタシが説明すると「さういへば英国にOakhamといふプライベートカレッヂあつて、ただ共学のはずだが」と御仁。何うやら、このカレッジのOBたちが女人禁制で組織する倶楽部らしく、それが何ういふきっかけか知らぬが会合は印度料理ならしく香港支部も担当幹事が一軒、一軒と印度料理屋探訪続けてゐるやう。あまりの賑やかさで出入り御免になつたりOCCお断り、なんてならぬのかしら、もしかすると数名が個人の名で予約して店を開けてみると実は4組が合体でOCCだつたり?と笑ふ。それにしても実に英国的な馬鹿/\しくもウィットにとんだ会合で、さすが英国人、だがこれぢゃ欧州とは合体できぬわなぁと思ふ。

▼811太子站の右眼負傷女子、医管局が治療報告を警察に手交に異議申立て司法審査要求。これにつき本日、高裁が申立て受理し警方に対して報告書の封印を命ず。すでに書類は警方にあり取り上げではなく(それをしたところで複写されてゐれば意味なし)封印は便宜上といふきらひもあるが少なくとも警察はこれを元に立件等できず。あの負傷が警方によるものであれば当該女子にとつて警方に報告渡ることに不利はないはずで、つまるところ事実が警方に有利になる、つまり負傷は抗議方のパチンコなり何らかの「事故」によるものと余計に訝しく思へてならず。

▼「香港は新しい冷戦の最前線にいる新しいベルリンだ」とベルリン訪問中の黄之鋒。警察の暴力など市民への抑圧が続き中国の強大な力と向き合う香港の現状を「ベルリンの壁」崩壊前の東ベルリンに擬えた。 https://t.co/4zADAuoSDZ

▼停電復旧見通し暗転 東電の甘い目算に苦言次々 千葉なお26万戸……中国だと2日くらいで復旧しそうだ https://t.co/vhfGyiTzw9

▼「学校は命かけてまで行く所でない」教育長がメッセージ:朝日新聞 https://t.co/pIQnUJmKNz よくぞ言った。会社も同様。組織への加入が最も重要な社会的要件になっている日本。