富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

東京五輪音頭2020(予告)

*このブログをご覧の方へ 諸般の事情で2020年7月24日(未来)の日付のこれがトップにござゐます。今日現在のブログはこの次からをご覧くださいませ。

ハアー (ソレ)
あの日リオデで 眺めた月が (ソレ トトントネ) きょうは都の空照らす (ア チョイトネ)
七年たったら汚染もないよと 晋三約束 噓ばかり ヨイショ コリャ 噓ばかり
オリンピックはカネにカネ ソレトトント トトント カネにカネ
ハアー (ソレ)
待ちに待ってた 電通の祭り (ソレ トトントネ) 東のソ連は今はない (ア チョイトネ)
北のキムさんもいらっしゃい テポドン飛んでドンときた ヨイショ コリャ ドンときた
オリンピックは起爆剤 ソレトトント トトント 起爆剤
ハアー (ソレ)
慎太郎うれしや 数えりゃ八年 (ソレ トトントネ) 仰ぐ日の丸 はずむ胸 (ア チョイトネ)
邦のかたちが違うから いずれきちんと改憲だ ヨイショ コリャ 改憲
オリンピックは政治的 ソレトトント トトント 政治的
ハアー (ソレ)
国が囃せば 民草踊る (ソレ トトントネ) 菊の威光は久子さま (ア チョイトネ)
帝都改造 土建の音に 上がっていくいく安倍景気 ヨイショ コリャ 安倍景気
オリンピックはまやかしだ ソレトトント トトント まやかしだ


東京五輪音頭-2020- ミュージックビデオ / TOKYO GORIN ONDO 2020 (Music Video)

官狗超過勤務半年で133億円


f:id:fookpaktsuen:20191213085622j:image

f:id:fookpaktsuen:20191213085625j:image

中環など路上のゴミ箱、勇武派に使はれてしまふのでゴミ袋になつている。路上清掃従事者は老人多く重いゴミ箱ひっくり返してゴミ収集に比べるとゴミ袋集めは楽なやう。

f:id:fookpaktsuen:20191213111825p:plain

英国議会選挙。保守党勝利と事前予想のなかFCCでは早朝から英国での投票終了後の開票中継で朝食ビュッフェあり。アタシには関はりのない話で地階のワークルームに居合はせた瑞典記者と「英国人の理解は難しい」と苦笑。

f:id:fookpaktsuen:20191213085633j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191213100232j:plain

路上で珈琲お振舞ひする日本人の自転車君に湾仔で遭遇。「香港で起きていることが悲しくて。コーヒーでほっこりしてもらいたい」と、さういふシンプルな、だが香港の人々にとつては嬉しい善意。

f:id:fookpaktsuen:20191214121133j:plain

この後、警察が来て無許可の商行為ではないが彼の旅券の記録をとつた由。

f:id:fookpaktsuen:20191214125425j:image

今日は英国選挙のニュースが話題かと思つてゐたら入つてきたニュース速報に目を疑る。香港警察でこの半年の超過勤務手当総額9.5億香港ドルとは。自分の勘定間違ひ?と思つたが本当に邦貨で133億円也。

月平均11千人が6ヶ月で9.5億香港ドルを逆算すると警官1人あたり1ヶ月に14.4千香港ドル(20万円)の超過勤務手当である。湾仔で警邏中の警官6人連れに遭遇したが暇さうに漫歩する彼らで1ヶ月に過剰鎮圧に加担で120万円かと思ふと釈然とせぬところ。監警会の国際専家集団辞任に続き警察への手当過剰でまた林郑市役所は窮地に。


f:id:fookpaktsuen:20191214121151j:image

f:id:fookpaktsuen:20191214121154j:image

北角にあつた大陸客相手の茅台酒専門店閉業か。大陸に山寨の高級酒少なからず香港で大陸産買ひ求め土産にするといふ不思議な光景だつたが習近平の宴会引き締めだけでも商売に都合悪いところ香港逆権では商売にならうはずもなし。晩に豆腐と鱈の鍋。


f:id:fookpaktsuen:20191214121255j:image

f:id:fookpaktsuen:20191214121252j:image

香港民研が林鄭の「小錯誤致反修例成反警反極権運動」と分析結果発表。

 逃亡犯に関しての林郑の小さな善意?は林郑の政治的判断力のなさと誤謬が香港に多大な損害与える騒乱になったという分析は誤りはない。だが香港大学から分離した香港民権は民意調査機関とは言ひがたい、もはや泛民の政策機関であり香港で1,000人は0.1%以下のサンプル抽出で、しかも広東語話者のみでは民意としていゝものか何うか。

全國政協常委唐英年的外甥女,現居於美國的戲劇作家郭佳怡,早前拍攝片段,講述近半年香港反修例爭議,批評事件發生162日,但聯合國未有表示支持香港,又指美國為經濟發展,不斷討好中國。
唐英年透過發言人回覆查詢時表示,外甥女的言論屬其個人意見。

林郑の余命幾ばくかといふこのタイミングで唐“紅酒”英年の姪が在米でハーバード大学で演劇専攻の才媛ながら強烈な〈逆権〉支持の映像とは興味深いところ。伯父の立場考へれば軽々しく反中できるはずもなく今回のメーセージは香港であからさまに泛民に近づけぬ伯父の代弁ととるべきか。区議選で民主派大勝で次回の行政長官選挙では民主派からの支持も無視できぬところ。

f:id:fookpaktsuen:20191214122023j:image

監警會海外専家集體跳船


f:id:fookpaktsuen:20191213085756j:image

f:id:fookpaktsuen:20191213085759j:image

警察暴力行為に関する独立調査委設置頑なに拒む林郑は警察不当行為審議レベルの監警會(IPCC: Independent Police Complains Council)扱ひで十分に役割果たすと説明してきたが、このIPCCの成員であつた国際専家小組5名が集団で辞任。調査権・懲罰権と制度体系改善権もないIPCCで何が出来るのかと。市役所とIPCC責任者、建制派は慌てゝ専門家グループの初期段階での任務は終はり一旦の離職と言ひ訳。独立調査委設置支持は市民の8割といふ世論のなか林郑は独立検討委だかの設置でお茶濁さうとするが所詮、徹底的な客観的調査は無理。今週末、林郑赴京で習近平上奏となるが独立調査委設置不可避と訴へ習王もそれを受けるといふ噂もあり。大公報はこんなニュース大きく報じるわけにもいかず海洋公園大赤字を1面トップに。海洋公園の今年の赤字幅は急増だが已に近年、大陸客押し寄せても赤字経営


f:id:fookpaktsuen:20191213085824j:image

f:id:fookpaktsuen:20191213085821j:image

過激な抗議活動は影を潜めたが地道な活動は連日のやうに継続。屯門には放課後、中学生らが集まり(上)中環では612の立法会争乱から半年で集会(下左)。将軍澳で駐車場から墜落で命落とした科技大生の殯儀あり葬儀場に弔問者が長蛇の列(下右)。 


f:id:fookpaktsuen:20191213085844p:image

f:id:fookpaktsuen:20191213085840j:image

晩に出先で夕食。〈古香鶏〉で好物の鹵水鵝肉飯をと寄つてみたら電気消えていて「結業」の張り紙。

f:id:fookpaktsuen:20191213112124j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191213112120j:plain

もうこれが食べられないと思ふと……。

f:id:fookpaktsuen:20191213112158j:plain

▼香港の城市当代舞団(City Contemporary Dance Company)の創設者、香港どころか中国でも現代舞踏の第一人者である曹誠淵(Willy Tsao)が昨今の香港の〈逆権〉で舞踏団にもその風潮ありとCCDC離れ別の劇団創設で団員に「香港は中国の一部と認める」やう訓示。創辦城市當代舞團 曹誠淵離任另起爐灶 要求舞者「認同香港是中國一部分」 | 立場新聞「过去二十年来香港的自由度一直处于世界的前列位置,而现代舞更是丝毫没有受过任何法规管制」と芸術活動に政府権力の干渉なしと指摘するが舞踏は中共🇨🇳でも「踊るだけで身体表現に政治性なければ」当局は放任。土方巽のやうな舞踏家現れゝば別だがWilly Tsaoにそこまでの心を揺り動かすやうな身体表現なかつたといふことの証左。Willy Tsaoも香港だけでの活動では限界あり台湾には更に素晴らしい身体表現芸術あり大陸に活路見出し、中共の公共組織の支援あり、でこの立場か。成龍(ジャッキー=チェン)と同類。

f:id:fookpaktsuen:20191213085857j:image

 Google香港が今年の検索頻繁の「今年の言葉」発表。十中八九が逃亡犯条例反対絡み。そのトップが抗議派SNSの「連登」(LIHKG)で「教育局」「港鐵(MTR)」「区議会選挙」などランクイン。ヒールの区議会議員・何君堯もあり「地元で話題の人物」ではトップだが林鄭は已にいかに相手にされてゐないか「靠邊站」といふ討論区でやつと3位。「立場新聞」のランクインは秀逸。おそらく今、香港で最も支持のある新聞がこれ。

坚持“一国”原则 尊重“两制”差异(庆祝澳门回归20周年)

今月20日マカオ返還20周年。澳門立法会主席の高开贤曰く

澳门回归祖国20年来,宪法和基本法权威在澳门得到坚定维护,行政主导体制运行顺畅。澳门特区政府和社会各界人士始终坚决维护宪法和基本法权威,把坚持“一国”原则和尊重“两制”差异、维护中央权力和保障特别行政区高度自治权有机结合起来,开创了澳门良好的政治局面。

マカオは一国両制で「一国」の原則を堅持して「両制」尊重……と香港で立法会主席がこれを言つたら、とんでもない問題になるが、さすがマカオ。もはや中国の中で優秀な地位を占めてゐる。なぜマカオがこゝまで中共にとつて優等生かといへばポルトガル系の風土もあらうがマカオ有権者過半数以上が大陸からの新移民の由。すでに中共人民なのである。

根據統計,澳門選民有五成四在內地出生,而澳門本地出生的則只有約三成九。反觀香港,雖沒有選民出生地統計,不過,根據人口統計,香港超過六成四人口是在香港出生,故香港人的身份認同強烈,尤其中共近年對港干預越來越嚴重,令本土主義更獲港人支持。

f:id:fookpaktsuen:20191213112458j:image

農暦十一月十六日


f:id:fookpaktsuen:20191211083407j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211083411j:image

 昨日、マスク禁止法が香港司法の了見で失効。蘋果日報はこれを祝ふが大公報1面トップは電気料金値上げで、これはこの経済低迷のなか不愉快な話ではあるが、マスク禁止法については3面で地味に報じ香港司法裁定に疑問呈した上で香港法での裁量権全人代常委にありと苦言。

f:id:fookpaktsuen:20191211083434j:image

台湾で初の総統民選では時の首相・朱鎔基が爆撃も辞さずと叱つたことで李登輝当選させ今回は再選困難だつた蔡英文を香港の逃亡犯条例が勝たすとは……いつも何たる皮肉か。中共のおかげ?で独立への道を進む台湾。 


f:id:fookpaktsuen:20191211092038j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211092034j:image

Metro arranca hoje com viagens gratuitas até ao final do ano | JTM

マカオ返還20周年祝賀に何うにか間に合わせて高架鉄道がついに開通(10日)。年内は運賃免除だとか。開業日にすでに故障運休あり。ちなみにこの運営は香港MTRへの委託。さうすると香港の勇武派の打毀し対象か。
f:id:fookpaktsuen:20191211112309j:image

歳末の聖誕祭商戦も地味な香港で抗議活動の鎮静化で少しずつ慌てての聖誕ムード。中環でランドマークはさすがにご立派な飾り付け。いずれにせよ蛮族異教徒のアタシには関係ない話だが。

f:id:fookpaktsuen:20191212172456j:plain

【人民日報】张晓明「坚持和完善“一国两制”制度体系」 人民日報で香港マカオ弁公室主任主任の张晓明が随分と紙面充てがはれての一国両制に関する論説。内容はありきたりではあり。だが基本法23条に基づく国家安全立法につきマカオは立法間際なのに対して香港はかうした法整備もできぬから……と苦言。逃亡犯条例の失敗で次はこの23条立法が焦点に。

目前,澳门已经完成基本法第二十三条立法,建立了维护国家安全委员会及其办公室,并主动在立法会选举法中增加“防独”条款,下一步还将制订和修改相关配套立法。香港尚未完成基本法第二十三条立法,也未设立相应执行机构,这也是近几年来“港独”等本土激进分离势力的活动不断加剧的主要原因之一。建立健全维护国家安全的法律制度和执行机制,强化执法力量,已成为摆在香港特别行政区政府和社会各界人士面前的突出问题和紧迫任务。

f:id:fookpaktsuen:20191212172936j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191212172933j:plain

報道写真といふのは見るに易いが判断が難しいもの。この抗議者と警察が揉み合ふ現場写真(上)はそこだけ切り取つてみるとインパクト強いが周囲の市民が写ると「こんなところで何してんの?」になつてしまふ。写真だけでは状況も背景もこのあとの展開もわからない。

禁マスク法違憲、政府上訴を裁判所却下


f:id:fookpaktsuen:20191210083801j:image

f:id:fookpaktsuen:20191210083755j:image

69の100万人デモから半年、大公報はこの半年で香港経済の大きな打撃を憂ひ蘋果日報は6千人が警察に逮捕され警察の処罰が0なのかと非難。朝日新聞の半年の中間総括。

f:id:fookpaktsuen:20191211084651j:image

その朝日の記事にも「海外脱出」が書かれてゐるがNY Timesに具体的な台湾への抗議方青年たちの「逃亡」といふ記事あり。林郑市長も逃亡犯条例は台湾で殺人犯した香港青年の身柄引き渡しといふ「善意」で立法化目指した逃亡犯条例で、それの抗議から香港の若者たちが台湾に逃げ、その身柄は香港と中共が何することもできないといふ、まさか逃亡犯条例で、その「撤回」がかうした結果にならうとは思つてもをらず。

林郑は本日毎週火曜の行政会議前の記者会見で8日のデモにつき香港の政治的自由を強調した上で暴力行為を非難。区議会選と80万人デモを受けても逃亡犯条例撤回で他の要求には応じぬと改めて強調し市役所高職の辞任等否定の上、治安安定を最優先と。その上で区議会選で建制派大敗での落選は政府に敗北の責任あるとして建制派の民生におけるこれまでの努力讃へ今回、投票に出た市民は政治判断優先で建制派のさうしたこれまでの民生努力を知らぬまゝと揶揄。さらに有能な建制派落選者は今後、政府関係の審議会や役職への登用まで示唆。かりにさうした意向本音であつても記者の質問に何故それを堂々と明言してみせるのか。それがどれだけの反発喰らふのか、さうしたことに林郑はバカなほど鈍感。

林郑市役所が断行したマスク禁止法と公安条例。香港の裁判所はこれを違憲と判決を下し市役所はその判決不服で再審請求したが本日、香港高裁は改めてこれを違憲と判断。これでマスク禁止法は失効。但し、これはあくまで法令に関する司法判断でこれまでこの悪法により逮捕された市民の釈放を命じるものではない。

▼倫敦で抗議方暴徒の襲撃受け腕を骨折し倫敦で1年だかの休養が必要としてゐた律政司・鄭若驊は中共の在英大使の計らひで北京に赴き1週間だかの治療の末、先週帰港してゐるが、これにつきFT紙が3人の事情通からの話として鄭若驊は英国に残留望んだが中共により謂はゞ強制的に北京に遣られ辞任否定されたと報道。逃亡犯条例の実質的な責任者自身がまさか「送中」されるとは、と嗤はれる始末。内縁の夫が経営する会社のインサイダー取引疑惑もあり泣きっ面に蜂とはまさにこれ。


f:id:fookpaktsuen:20191211112609j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112603j:image

中共甘粛省慶陽市では公立図書館で職員が「好ましくない」蔵書を焚書。ポスト天安門事件の彼ら人民は完ぺきに中共に洗脳されてゐる。香港では坂本龍馬主人公にした〈背叛 〉といふ芝居公演あり演題も演題だがポスターに描かれた騒動がまるで逆権運動での抗議方と警察の争乱で催涙弾の煙をイメージさせると、このポスターは公共の場所での掲示が控えられる忖度あり。


f:id:fookpaktsuen:20191211112634j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112637j:image

本日早晩に旺角。上海街の古い商舗並ぶ一角で、その建物取り壊さず商業施設とする再開発あり。先日訪れた際はまだ仕上げの工事中であつたが、ここにすでに石硤尾にあつた〈黑地〉といふ日本や香港の懐古趣味な生活雑貨扱ふ商店が移転して開業。このことをFacebookに掲げやうとデータで場所を「黑」と打つたらiPhoneが最初に選んだのは「香港警察総部」とは。AIも香港警察を「黒警」を認識してゐる。

f:id:fookpaktsuen:20191211112821j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191211131938j:plain

旺角の繁華街は未だに暴徒破壊の交通信号未修復。交通量多いが警察が出て手信号で交通整理するでもなく。官方の抗議活動に対する明らかな当て擦り以外の何ものでもなし。だが信号がなくとも香港では交差する自動車が上手い具合に交差点を抜けてゆく。歩行者もそのタイミング見計らひ上手に横断。

f:id:fookpaktsuen:20191211112715j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191211112708j:plain

その交差点の角に「すき家」あり。木曜に香港1号店として回転の由。すき家松屋は食べたことがないが一緒にゐた香港の知己は吉野家よりすき家のほうが断然美味しくて好きだといふ。少なくとも美心集団系でなければ「暴徒」の打毀しもない。

f:id:fookpaktsuen:20191211112712j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191212003235j:plain

旺角では寛いで飲む酒場もなく大角咀まで歩きOakey Dokeyといふワイン小売りのバーでプレセコを飲む。非常に良心的な価格。かなりの賑はひ。


f:id:fookpaktsuen:20191211112741j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112736j:image

会食のあと未だ小腹空き近くの昌興といふ麺家に入る。夫婦で営む場末の麺家は厨房のなんと清潔なことか。主人が毎日、磨くやうに手入れしてゐるのがよくわかる。今どき撈麺がスープつきでHK$27なり。


f:id:fookpaktsuen:20191211112842j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112839j:image

帰りのMTRでまるでダンボのやうな女子が提げてゐるダンボ柄のハンドバッグがとても可愛らしい。 


f:id:fookpaktsuen:20191211112908j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112904j:image

太古のMTR站には811にこのC出口から地下の構内にかけてあつた警察の抗議者鎮圧に関するMTRの説明と催涙弾対応が貼られたまゝ。あれからもう4ヶ月。
f:id:fookpaktsuen:20191211112927j:image

香港郵政の記念切手を集めるでもなく発行されてゐれば買ひ求め郵便を送る際は惜しみなく使つてゐたが未整理だつたものを切手帳を入手して整理してみる。各料金で記念切手あるが買つたのは香港の地場の料金と日本への料金の切手が主で5種類なら5種類のうち2種類のみが多い。1997年までの英国統治時代の切手は意匠が洗練されてゐて変換後は信じられるほど陳腐な図案少なからず余り買ふ気のせぬシリーズもかなりあり。 


f:id:fookpaktsuen:20191211112955j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112959j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113030j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113020j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113054j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113050j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113110j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211113114j:image

台湾の美麗島事件から40周年。国際人権日に合はせた抗議活動であつた。その台湾は今ではアジアで民主主義と個人的事件や思想信条言論の自由が最も保障された美麗島となる。まさか台湾が香港の政治的状況を憂ふやうな事態にならうとは。それでも台湾も美麗島事件が1979年で蒋経国により戒厳解除が1987年。1990年に李登輝が総統に就任し、就任日に即、美麗島事件の主犯で懲役刑に服してゐた活動家を特赦。そこまででも10年かかつたのだが少なくとも中華民国は国家としてできた政治的見直し。中共にある香港とは状況が違ふ。

f:id:fookpaktsuen:20191210090919j:image

看着當年台灣,是否見到今日香港?不是!三人異口同聲說,今日香港已比當年台灣嚴峻。

f:id:fookpaktsuen:20191211084600j:image

習近平政権で一党独裁強化された中共ではあるが香港問題もあるがウイグル政策でもさまざまな過酷な政策が国際的に批判され中共もある程度の緩和とイメージ改善にほんの少しの配慮を見せる。

f:id:fookpaktsuen:20191211084707j:image

80万人デモ拾遺

f:id:fookpaktsuen:20191209090527j:image

6月以来の抗議活動は当初は逃亡犯条例反対だったものが今では警察暴力に対する強烈な抗議へと変貌。

f:id:fookpaktsuen:20191209090524j:image

大公報はこの主催者発表80万人の大規模抗議デモをそのまゝ報道するわけにもいかず抗議活動前に暴徒隠れ家から拳銃など発見されたとか昨日のデモの時間帯に「暴徒により」高等裁と最終裁が放火され「法治の終焉」と騒ぐのだが明治38年の日比谷の焼き討ちを知る者にとつては「あの程度の放火で」と思ふ。そもそも「誰がやったのか」もわからない。警察はその暴徒を徹底的に探し当てるべき。

f:id:fookpaktsuen:20191211121724j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191211121726j:plain

【東方日報】律政司發聲明,指昨有人在終審法院及高院外縱火,擾亂社會安寧,更損害本港法治之都的良好聲譽,強調絕不姑息任何違法暴力行為。惟有學者指出,律政司過往對示威暴徒檢控時阻嚇力不足,法庭輕判示威暴徒自以為寬宏大量,但暴徒並不感激,反對被判刑充滿仇恨,高院及終審法院被縱火是自作自受、「自作孽」,認為律政司應反思。

東方日報が書くやうにもしこの裁判所放火が「自作自演」だとしたら、それこそ「無法無天」である。
f:id:fookpaktsuen:20191209090532j:image

香港の大規模抗議集会やデモで主催者側と警方の参加人数集計の差はいつも大きいのだが6月からの大規模活動のその乖離を見ると主催者側発表が警方の数字の2.9倍から13.3倍であり818は13.3倍と突出して双方が意図的に数字誇張の嫌ひあるが、それを除けば3.1〜5.9倍でおそよ4.4倍で平均をとり主催者発表の1/2、警方発表の2倍と見れば実数に近いのではないだらうか。とすると69の100万人が50万人、71の200万人が100万人で今回が40万人となる。

f:id:fookpaktsuen:20191209195631j:image
昨日の抗議活動で警察は催涙弾こそ放つことなかつたが歩道橋の上からの監視で中指を立てたり抗議の市民をおちょくてみたり本当に浅はかな行動目立ち、これが抗議方だけではなく多くの市民の顰蹙をかふ。

f:id:fookpaktsuen:20191209195643j:image

抗議方に胡椒スプレーを放てば「ゴキブリを殺虫剤で撃退」と宣ひ民陣召集人の岑子杰には「オカマは死ね」と何人もの警官が侮辱する。

f:id:fookpaktsuen:20191211085207j:image

 本日は昨日の抗議活動の延長で出勤や通学でのゼネストも呼びかけられ実際にはそれほどの動きにならなかつたが警察は各地に機動隊を派遣しての厳重警備は滑稽なほど。またエリート校の華仁書院の建物下から爆弾まで発見される。これも昨日の「放火」同様に本当に抗議方勇武派の仕業なのかと訝しむ者多し。

f:id:fookpaktsuen:20191211084741j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191209232759j:plain

6千人超える市民を逮捕しても抗議活動は一向に収まらず。政府の当初の読みは暴徒は3千人程度として2千人を拘束すれば社会は正常化に向かふとしてゐたが、その見込みがどれほどの誤謬であつたことか。蟻のやうな市民は林郑市役所と香港警察のどれだけの鎮圧にも負けじと反乱を持続する。

▼政府は香港を含む珠江デルタの大湾区の経済発展に意気込むが、この「珠三角」がどれだけ力をつけようと上海を中心とした長江下流の「長三角」との経済規模は雲泥の差。


f:id:fookpaktsuen:20191209232823j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209232827j:image

▼区議会選落選者に区議と同等の手当支給できる民建聯。資金が何処から出ているのか、それだから民意から乖離しても気づかぬ体質となる。こんな生温い環境でロクな議員が育つ筈もなし。‬民建聯は2003年の区議選敗北で、それまでの土共体質から富裕層、エリートや知識人の取り込みをして政党体質の近代化図り2004年の立法会選で再生果たしたが15年でまた木偶の坊体質に陥つてしまつた。

f:id:fookpaktsuen:20191211130528p:plain

▼ラジオI氏からいたゞいたKFCのスープマグでさっそく南瓜のスープを啜る。このKFCの冬季限定のスヌーピー仕様のマグは好事家も入手できぬ方多くとても貴重なのだと知る。Tiny商店で入手の香港路上ゴミ箱はシールも精巧だが食物環境衛生署のステッカーがオリジナルのまゝだと四角で粗く光の具合で余白がかなり目立つので丸く切つて貼り直す。見た目はよいが模型家のDazhao氏から「切っちゃったんですか」と嘆きの声。それはオリジナルのゴミ箱の食物環境衛生署のシールも四角のなかに丸印ゆゑ。専門家はそこまでミニチュアでもこだわる。


f:id:fookpaktsuen:20191211112423j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112426j:image

▼美しい素材のマフラーとか丁寧に折りたたんでサイズの合ふ袋に入れるだけなのだが、それがなぜ気持ちまで優しくしてくれるのかしら。


f:id:fookpaktsuen:20191211112457j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211112453j:image

昨日の香港競馬での日本馬の活躍。


f:id:fookpaktsuen:20191209232322j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209232319j:image

f:id:fookpaktsuen:20191211131346j:plain

国際人権日と国際賽馬


f:id:fookpaktsuen:20191208082842j:image

f:id:fookpaktsuen:20191208082846j:image

素晴らしい青空の日曜日。香港人で日本語学ぶ知己が「天気がいいから散歩しましょう」と書いてゐた。まさに今日の天気にうってつけの「例文」だが、これは日本語能力試験(JLPT)の聴解試験で必ず流れる試験前のテスト放送での最初の文句で受験者なら誰もが耳に慣れ親しんだフレーズ。そしてJLPTの冬の試験は先週日曜に済んでゐて今日、香港でこれを言ふのは「抗議デモに行かう」の暗喩となる。


f:id:fookpaktsuen:20191209100425j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100422j:image

民陣主催の抗議デモ活動は721に中環まで申請のところ湾仔終点とされ、それを無視してデモは中環に向かひ勇武派が中聯辦の国徽をば汚したことで、それ以降の抗議デモは警察が不許可。818は抗議デモ不許可でビクトリア公園での集会となつたが参加者が路上に溢れ結果的に非合法で抗議デモとなったが民陣の主催はあくまで集会のみ。今日の抗議デモは「デモ」としては818から4ヶ月振りで申請通り許可されたのは71以来。勇武派の非合法の中での抗議活動には心情的に理解示しても参加はせぬ「和理非」の市民が認可されたデモだと多数参加のため今日もかなりの規模と思はれたが「やはり」で十万人単位の規模となる。

f:id:fookpaktsuen:20191209090448j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191209090446j:plain

f:id:fookpaktsuen:20191209100845j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100841j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100906j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100903j:image

この抗議デモは「国際人権日」に合はせたものだが沙田競馬場では同じ「国際」でも国際競馬の開催あり。九龍東での所用済ませて競馬場へ。みなさんすでに昼食済ませて競馬観戦中。今日のレースは抗議活動の混乱警戒で正午開始。私はR3の香港ヴァース(2400m)も13:40出走で間に合はず。香港馬で昨年これ優勝から好調のExultantは4月のQE II Cupで日本馬のウインブライトに次ぐ2着と先月の地場G3での3着除けば昨年のこのレースから5勝で1番人気のところ日本馬のグローリーヴェイズ(尾関厩舎、モレイラ騎手)優勝でラッキーライラック(松永幹厩舎、スミヨン騎手)2着、Exultantは3着。香港スプリントは香港馬の独壇場でBeat The Clock(Size厩舎、モレイラ騎手)が優勝したが香港マイルもBeauty Generation不調のなかアドマイヤマーズ(友道厩舎、スミヨン騎手)が優勝。【日刊スポーツ】アドマイヤマーズ特別な1勝に友道師涙 そして香港カップもウインブライト優勝で春のQE IIに続きの制覇。日本馬の香港国際3勝は2001年以来18年ぶり。

香港カップは1枠がウインブライト(勝出光采)で2枠がRise High(跳出香港)だつたが、これが並ぶと「勝出光采 跳出香港」と何だか今日の抗議デモのスローガンのやう。


f:id:fookpaktsuen:20191209100709j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100714j:image

今でも2001年のあのアグネスデジタル香港カップ)とエイシンプレストン香港マイル)そして何といつてもステイゴールドの香港ヴァースのあの3勝。今回と同じ3勝でも当時はまだ日本馬が国際競馬で優勝することだけでも大変なことで4レース中の3勝はかなり話題に。

抗議デモは日が暮れてやつと末尾が中環につくほどの人出。


f:id:fookpaktsuen:20191209100925j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100930j:image

我々は沙田の瀝源邨団地にある〈盛記〉で火鍋。寒いので盛記は大繁盛。 
f:id:fookpaktsuen:20191209100737j:image

この食肆は店主のさまざまな趣味がそのままディスプレイになつてゐて書籍や楽器、奇怪なアートオブジェなど店内に並びかなりカルトな雰囲気で面白いのだが書架に故・司徒華先生の回顧録大江東去』あり少し頁を追ふ。90年代のパッテン総督とのやりとりなど興味深い記述あり。 


f:id:fookpaktsuen:20191209100752j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209100756j:image

民陣が本日の抗議デモは80万人が参加と発表(警察は13.8万人)。

f:id:fookpaktsuen:20191209101100j:image

平和的な抗議デモ活動も日が暮れると勇武派社中が現れ警察との攻防が筋書き通りのやうだつたが今日も勇武派はデモ行進とは別行動で早めに中環で路上に現れデモ行進の認可以遠を道路封鎖したり警察に仕掛けては見せたが「そこまで」で傘の柄でハートマークつくり警察にそれを披露して前線でサル踊りして警察を苛立たせさっさと退去。見事といへば見事。 


f:id:fookpaktsuen:20191209101120j:image

f:id:fookpaktsuen:20191209101123j:image

香港市役所が晩にプレスリリース出す。勇武派が、といつても勇武派の正体がいつたい誰なのかもわからぬが中資の商店や銀行、それに裁判所に「放火」などしては見せ、それについては抗議するものゝ全般的には平和理に実施された抗議デモにつき香港は平和的な集会やデモ、言論の自由が保障された社会で……と誇示した上で暴力には反対して安定した社会をともに建設してゆきませうと。十月あたりのかなり強圧的な抗議「弾圧」に比べると米国の香港立法も影響してゐるのか、区議会選もあり市役所と警察の姿勢がある程度緩くなつてゐるのは事実。何うであれ警察が強行な手段を取らなければ抗議活動は暴力化しない。

f:id:fookpaktsuen:20191209090709j:image