富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

fookpaktsuen2017-02-01

農暦正月初五。薄曇。ほていや(アタシの記述では伊勢丹や「ほてい屋」でユニーのアピタは「ほていや」としてゐる)に寄つたらサントリー角がHK$415である。日本ウヰスキーが人口に膾炙し高値とはいへ他に日本産の在庫がないからと角がHK$415はないだらう。便乗商法以外の何ものでもなし。ちなみに同じ酒売り場でVeuvu ClicquotがHK$488なのだから角も随分と偉くなつたもの。太古でのほていやと岡田屋の関係は興味深いものがありほていやが今のアピタの前にユニーであつた頃は「生活創庫」と自らを呼び「生活必需品で何かないものがあればユニーで」で岡田屋(当時のジャスコ)に優つてゐたがユニーがアピタ路線になつた頃から体力消耗するのに反比例してジャスコに勢ひがついてゐた。すると今度はジャスコが1ランク上を目指しAEONで香港の旗艦たる太古店をAEON Styleと大規模模様替へしたところマーチャンダイジングが目茶/\になり基軸の食料品も「どこに何があるのかわからない」で敬遠され今度はまた「アピタのほうがいゝ」。改名と模様替へはどうやら凶らしい。