富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

高橋睦郎『友達の作り方』


f:id:fookpaktsuen:20210508071155j:image

f:id:fookpaktsuen:20210508071158j:image

ワクチン2度摂取せば検疫隔離7日削減ださう(大公報)。民主党前主席・胡志偉が実父逝去で弔ひのため保釈(蘋果日報)。なぜ民主党のやうな穏健リベラル政党の代表が国安法で逮捕され勾留されてゐるのが全くワケのわからない香港。
f:id:fookpaktsuen:20210508133225j:image

茨城は県知事がマンボウ要請したが政府は受け入れず特定市町村に対して午後8時以降の飲食店の営業自粛要請のみ。スポーツイベントは開催ださう。東京などの緊急事態宣言だつて週明けからはだいぶ緩和で飲食店への営自要のみ。これで何うやつて感染拡大防止なのか。全くワケがわからない。

友達の作り方―高橋睦郎のFriends Index

高橋睦郎『友達の作り方―高橋睦郎のFriends Index』(マガジンハウス)は、この中にもいくつか登場する新宿の伝説的ゲイバー〈クロノス〉のクロちゃんが「あれは友だちの作り方ぢゃなくて友だちの失くし方よ」と生前言つてゐたといふことを畏友某君から聞いた。アタシらの世代でもクロノス末期でクロちゃんを知つてゐるといふことがどれだけ貴重なことか。この文章は昭和の終はり頃に月刊『太陽』に連載されてゐたもので何本か読んではゐたが、かうして77人だかの高橋睦郎の「友人」たちが並ぶと、さすがに壮観。アタシは勝手に睦郎を昔、孤高の詩人だとずつと思つてゐたので、この交友関係を知つた時に随分と驚いたのだが携帯やネットもない当時はかうしてアンテナの高く張つた人たちは誰彼となく必然のやうに繋がつていつたのだらう。バーで誰かに遭遇して、といふシチュエーションがとても古典的で斬新に思へてしまふ感染時代。それにしても睦郎、堂本先生、平幹、中村哲郎先生、そして何よりも大成駒を令和に伝へる(ってまだ現役の哲郎先生には失礼!)語り部が身近に友人としてゐるだけでも自分が幸せだと思ふ。だからこれを読んでゐても時代も時代であるし他人事に思へず、その場その場の光景がありありと浮かぶのだが。この書物のなかで六代目歌右衛門に対する崇高さへの畏怖は特筆すべきもの。それに対して大和屋への苦言がさもありなむ、なのであつた。


f:id:fookpaktsuen:20210510092639j:image

f:id:fookpaktsuen:20210510092642j:image