富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

東京五輪まであと35日


f:id:fookpaktsuen:20210618060641j:image

f:id:fookpaktsuen:20210618060638j:image

昨日の香港警察による蘋果日報CEOや正副編集長逮捕、社屋へのガサ入れ。大公報にとつては「成果」であり蘋果日報は「大家要頂住」と。「頂住」は「支へる、支持する」で「みなさんの支援を!」。

f:id:fookpaktsuen:20210618060754p:image

「香港に制裁を」といふ「発言」がダメ。それも昨年7月に出来た条例なのに前年の記事まで処罰対象に。常識的な法治では通用しない前倒し。


f:id:fookpaktsuen:20210618061805j:image

f:id:fookpaktsuen:20210618061808j:image

今日の蘋果日報は50万部印刷して市街へ、なのださう。蘋果日報の発行は1995年の6月で毎朝新聞を買つてゐた中環の中央市場のセブンイレブンで馴染みの店員に「この新聞をHK$2で買うと、この青蘋果が1つもらへる」といはれた。当時の新聞価はHK$5で半額以下は挑戦だつた。歯に衣を着せぬ主張、鮮やかなグラフィックで発行部数伸ばし香港で最大の発行部数であつた東方日報脅かし、歴史のある華僑日報、快報や香港聯合報など駆逐され廃刊。結果的にフリーペーパーの出現による蘋果の発行部数低迷で蘋果の低価格路線は見直しを余儀なくされた。それでも反体制といふ立場の堅持で熱心な読者に支へられてきた。「蘋果」といふネーミングは創刊者のジミー黎智英が「もしアダムが禁果の蘋果を噛ることがなければこの世に罪悪はなかつたわけで当然、新聞(ニュース)もなかつた」でかう名付けたのだといふ。


f:id:fookpaktsuen:20210618063154j:image

f:id:fookpaktsuen:20210618063157j:image

今日の新聞はこのニュースに尽きる。この香港警察の報道がどれだけ中共と香港にとつてマイナスイメージとなることか。

朝日新聞は1面(香港紙CEOら幹部5人を逮捕 「記事30本、国安法違反」)とこの記事で香港警察の蘋果日報攻撃を詳しく伝へてゐる。

香港の証券取引所は17日(蘋果日報の経営会社)ネクストデジタルの取引を停止した。中国政府の目を気にして蘋果日報に広告を出さない企業は多い。かつて70万部あった部数は約8万部まで減った。

と説明してゐるが、このまゝ読むと中国政府の圧力が発行部数も減少と読めてしまふが新聞の発行部数減少は世の趨勢でフリーペーパーが多く発行されてゐる香港では実は蘋果日報を潰す側の大公報とて無料で配布されてをり(それでも誰も読まないがw)蘋果日報は紐育時報見倣ひデジタル有料版がメインとなつてゐる。蘋果日報がフリーペーパー化できなかつたのは反中姿勢でいくら発行部数があつても大手企業の広告収入が見込めなかつたため。

f:id:fookpaktsuen:20210618065251j:image

連日の好天で梅雨すら恋しくなる。東京五輪まで5週間。アタシは体育が大嫌ひだつたので運動会もうんざりで1日のイベントなら我慢のしやうもあるが運動会前の1か月だかの延々と続く練習と予行が憂鬱で学校に行きたくないくらゐだつた。それでもあれだけの無駄とすら思へる準備、予行演習を続けることで本番をどれだけ立派なものにするか、練習通りの素晴らしい成果があつたと喜ぶのが日本の文化で、あの「美徳」以外他になにがあらうか、とすら思ふ。それが東京五輪に関しては何も準備ができてゐないのだから本番に向けて「適当に何うにかやつてしまふ」やうなラテンの美学もないのだし本当に開催は大丈夫なのか、と思ふ。絶対に止めた方が良い。今日発表になつたWorld Competitiveness Rankings - IMDでは瑞西が1位(昨年3位)で北欧の優等国家が並ぶなか新加坡は1→5、香港が5→7で台湾が11→8に上昇。中国が16位(今後、香港との差は注視すべき)で以下、韓国(23)、馬来(27)に泰国(29)と続き日本は34位(リトアニアとサウヂの間)なのだ。ちなみにG7で日本より低位は意太利(41)だけ。


f:id:fookpaktsuen:20210619080733j:image

f:id:fookpaktsuen:20210619080737j:image

五輪なんて開催する余力なんてない。開催35日前の今日で新型コロナに打ち勝つての開催どころか実際に入場券の処理すら終はつてゐないのに大会組織委が「会場への直行、直帰を」とか会場内でのマスク着用、通路での集団飲食の禁止なんて検討して発表のレベル。国力が落ちるといふことは総体として理性も判断力もどれだけ低下してゐるか。それでも高レベルだと誤解してゐる御仁が大きな組織やリーダーシップとれる立場にゐるから怖い。東京五輪は感染拡大のリスクよりも準備不足でのリスクの方が大きい。入念な準備(だけ?)が取り柄の日本で準備ができてゐないのだから。それでも突入ってまさに昭和の大日本帝国の戦争そのもの。

昨日のスガ会見でスガに歯に衣を着せぬ質問を投げかけたラヂオフランスの西村カリン記者が今日の荻上チキ(TBSラヂオ)に出演(必聴)。 
f:id:fookpaktsuen:20210619055249j:image