富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

水戸を離れて東へ三里 波の花散る大洗


f:id:fookpaktsuen:20210315070259j:image

f:id:fookpaktsuen:20210315070256j:image

反政府抗議組織「民陣」の分裂を願ふ大公報。民陣リーダー格の逮捕、起訴で「手足」が「跳船」(脱却)と。香港で増えるホームレス(蘋果日報)。北角は糖水道の歩道橋とかも昔からホームレス多く九龍観塘の埠頭なども小屋を建ててきれいに住んでゐると感心したものだつたが最悪なのがハッピーヴァレイ競馬場の地下道。かつて競馬開催に数万の人が集結してゐたころに湾仔側から公衆席入口への歩道が狭く造成した地下道だつたが週1の開催日でも観衆激減で地下道歩く人などをらず(今ではコロナで入場者すらゐない)浮浪者が住みつき地下道の出入り口にもわーっと上がつてくる臭い熱気だけでも鼻も曲がるほどであつた。マカオではジェットホイル埠頭に近い或る商業ビルが老朽化でテナントもなく地下にはカジノで大損して借金もあり香港に戻れなくなつた賭客が何人も住みついてゐるといふ話もあつた。「カジノで大損して借金もあり香港に戻れなくなつた香港からの賭客」といふのが「いかにも」な話で都市伝説のやうで、そのビルに半信半疑で寄つてみたが薄暗い地下に下りる階段から本当にその先に暗いなかに人影が見えて、さすがにそれ以上降りようと思へず引き返したことがあつた。


f:id:fookpaktsuen:20210315182445j:image

f:id:fookpaktsuen:20210315182441j:image

バッグの中を小袋や巾着で整理するので「女子力が高い」とよくいはれるのだが(そもそもその表現も性差で「よろしくない」だらうが)最近使つてゐるポーチで四隅の一ヶ所だけ筆差しあり。便利だが上から「パッと見」でどこかわからない。そこで赤い糸で目印をつけた。灰色に赤は好き。糸の結び目もきれいにできて満足。

f:id:fookpaktsuen:20210315182503j:image

天気が良いのでドライブ兼ねて大洗に出かけることに。大洗で一度寄りたいと思つてゐたのが「おそのえ」といふ酒屋(公式HP)。古い酒屋が代替はりで今風に「こだわり」になつたのか、と思つたら平成14年に開業の比較的若い店。店主のこだわり。洗練されたセンス。遠くからもこゝに集められた日本酒が好きで買ひに来る客もゐるのださう。埼玉の神亀酒造の純米酒を贖ふ。ちょうど同じタイミングで「今日は日本酒を釣りにきたよ」とご常連。好きな日本酒を「今日は1万5千円くらゐで」とささっと一升瓶で6本お買ひ上げ。これを何人でさらっとお飲みになるのか、かなり立派な左党とお見受けする。

f:id:fookpaktsuen:20210315182524j:plain

水戸を離れて東へ三里 波の花散る大洗(磯節)

大洗は道路がとても立派。観光地としての整備だらうが東海村大洗町が近隣市町村と合併もせず、なのは原研や動燃があることで交付金とかもあるのかしら。

f:id:fookpaktsuen:20210315182611j:image

大洗漁港周辺には海鮮を供する飲食店が並んでゐて昼どきどこも混んでゐたが磯菊といふ老舗の魚問屋が営む「海のごはん食堂」で海鮮丼を食す。今では津波被害もウソのやうだが東日本大震災の被害状況(大洗町)  といふ状況であつた。


f:id:fookpaktsuen:20210315182634j:image

f:id:fookpaktsuen:20210315182630j:image

とにかく海産物がお手頃価格。農産物以上に水産物原発事故による海水汚染で風評被害もあるかしら。ひものはどっさりで1パック700円、魚も一盛が540円。大洗農協の野菜販売所もあり。


f:id:fookpaktsuen:20210315182655j:image

f:id:fookpaktsuen:20210315182652j:image

大洗は古くから栄えた港町で商売の繁盛もあつたが寂れてゐたのが近年はアニメ<ガルパン>の聖地として評判となり大洗市街はガルパン関連のアニメキャラだらけ。この聖地化から数年経つた今でも市街には聖地巡礼の若者がちらほら。コスプレ姿で歩いてゐても誰もあたりまえで振り返りもしない。地方が圧倒的に過疎化してゆくなかで大洗は特異な存在。市街地も他の市町村に比べれば、まだ壊滅的な連鎖閉店を免れてゐる。昔からのパチンコ屋(金馬車)とか昭和からのおもちゃ屋(タグチ)とかも残つてゐる。

f:id:fookpaktsuen:20210316152607j:plain
f:id:fookpaktsuen:20210315182729j:plain

海野といふ海藻店でワカメ贖ふ。本当に美味しいワカメでお土産にいたゞき香港まで持ち帰つて食べてゐたのがこちらのもの。帰宅すると今まで日の当たらなかつた北西向きの浴室に夕方、明るい陽がさしてゐた。昏刻に歯科治療。上右の1は差し歯だが2は辛うじて実歯残つてゐるものゝ虫歯治療アトの劣化で、これの補修。補修部を削つて、あのピッピッと音のする光を当てゝ治療終はると実歯と区別もつかぬやうに出来上がつてゐるのが、あれがいつたい何なのか?とずつと気になつてゐた。治療明細を貰つて普段は内容もちゃんと見ないのだが、それを見てみると「光重合」とあり。コンポジットレジン……何だ、そりゃ?Composite Resinだから、つまり合成樹脂ぢゃないか、なぜさう日本語で呼ばないのか。その合成樹脂のうち光重合(専用のLED光線を当てる)すれば即硬化するものが、これ。いつ頃からこれが普及してゐたのかしら。ところで治療明細に「う蝕歯治療」とあり。これも何だかわからない。「う蝕」とは何かと思つたら「齲蝕」で虫歯のこと。歯に禹でどんな意味かと思つたが「禹」はこゝでは「ウ」といふ音だけ。齲歯(うし、くし)はそのまま「虫歯」の意。

その頃僕は齲齒に惱まされてゐて内ではよく蕎麥掻を食っていた。森鷗外ヰタ・セクスアリス