富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

農暦十一月十五日

農暦十一月十五日。夜が明けると濃霧。気温摂氏21度で湿度94%で、この濃霧。気温は24度まで上がるといふが快晴で汗をかくほどの陽気。明日が冬至だが初夏か夏至のやう。晩飯のあとTさんからいただいた鹿児島は明石屋の軽羹を茶請けに。

f:id:fookpaktsuen:20181223110854j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181223110859j:plain

わざわざアタシになら、と素の軽羹を選んでゐたゞいた。ところで明石屋の「軽羹の由来」の栞

f:id:fookpaktsuen:20181223111022j:plain

ところで「軽羹の由来」の文章、文語のやうで現代語、格調高くするための「である」調が中途半端ではない?ところで「軽羹の由来」の文章、文語のようで現代語、拡張高くするための「である」調が中途半端ではない?

f:id:fookpaktsuen:20181222112729j:plain

日産のゴーンはん、保釈かと思つたら特別背任容疑で再逮捕で拘留延長。この銭奴の味方するわけではないが殺人犯かテロリストぢゃありまいに経済犯で海外逃亡等もできぬ足枷かけられるのだから保釈できるはず。検察のかけた容疑につき本人が証拠隠滅や自派経営陣への影響等考慮といふが本人の立ち振舞ひも他の不甲斐なき取締役たちも大人なのだから責任自覚のなかで何ができるか、何を判断するか、はむしろ様子見すらできるもの。この逮捕劇で日本のお子ちゃま社会の法理念の後進性すら見受けられるところ。


日本政府予算はついに100兆円突破。国民(1億人とする)1人あたり100万円は高いのか安いのか、と見当もつかぬが累積財政赤字が1,112兆円ださうで国民1人あたり980万円。つまり100万円のベネフィット得つゝ980万円の負債あり。他国は?で気になるのは「莫大な財政赤字」の米国。米国は(以下、The EconomistのWorld in Figures参照)国家予算は4兆ドルで累積赤字は14.9兆ドル(対単年度予算比で3.7倍)。日本は予算1.9兆ドルに対して赤字が11兆ドルで5.8倍。どちらがヤヴァいか、は一目瞭然。何がアベノミクスか。わけのわからない消費税見直し。ちなみに英国は予算1兆ドルに対して赤字が2.3兆ドルで、こんなもの。我が国は少子高齢化もあり財政破綻してゐるといつて過言ではない。