富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

香港に還る

fookpaktsuen2017-08-07

農暦閏六月十六日。立秋。晴。台風5号は鹿児島の南から土佐沖を抜け関西へ。旅荷をまとめ駅ビルの寿司屋で母と叔父と早めの昼餉を済ませ昼過ぎの特急ひたちに乗るところ乗車券が改札で撥ねられ何事かと思つたら乗車券の有効が一昨日(8月5日)から 2日有効になつてゐた。恵比寿のみどりの窓口で発券の際に8月5日に往路、7日に復路として大人の休日倶楽部で割引の乗車券を発券してもらつたが係員の勘違ひで往復で当日になつてゐたのを当方も確認忘れ。駅の窓口はロックフェスティバルの影響も残り長蛇の列で致し方なくSuicaで改札を通り12分遅れのひたちに乗車。検札に来た車掌に事情話すと途中駅か成田で事情説明して……といはれるが東京駅での乗り換へも時間の余裕がなく成田の窓口はJapan Rail Passの客で時間がかゝると告げると「ですよね……わかりました、できるだけのことをやってみます」と車掌。30分ほどして戻つてくると切符発券の際の恵比寿駅での販売記録まで確認の上、誤発券と確認できたので、といふことで手書きで切符を有効にした上でSuicaの改札記録を取り消してくれる。手際の良さ。東京駅で地下グランスタのはせがわ酒店。喜正の「夷」を贖ひ15:33に東京発の成田エクスプレスに乗る。品川から来た家人と合流。酒を飲み微睡むうちに成田。第1ターミナル。繁忙期の混雑。ANAのラウンジ。目の前に木の根団結小屋の敷地。成田空港建設反対闘争の拠点は形の上ではペンションになつてゐるといふ。反対闘争のスローガンの立て看も幟もないので、よく見ないとこの陸の孤島の非空港エリアは気がつかないかも。ラウンジで酒は千葉鴨川の純米酒、壽萬龜をいたゞく。朝からの暑さでかなり汗をかき身体もベタベタしてゐたのでラウンジのシャワー一浴。ANAの811便(B767-300)で香港に還る。食前酒で白ワインのオレンジジュース割。香港に着くまでかなり寝て(アタシもよく寝たが近くの席の女の子の爆睡は凄くて隣の座席の叔父さんがよくぞ黙って我慢してくれた、と感心)帰宅して夜中まで一気に旅荷片付ける。
▼今日の道中、大野裕之『京都のおねだん』(講談社現代新書)読む。著者は大阪生まれで京大に学びチャプリン研究等が専門だが最近、京都本が流行るが著者は京都でもよくわからない「値段」の決まり方、といふか対価の価値観について京都論を披露する。基本的に自分が実際に消費した、生活したなかでの価格と体感価格。内容的にはもつと京都人の思想的な部分、祇園などお茶屋遊びのシステムに入り込むのか、と思つたが、さうでもない。それでも漠然とした価格の決め方に、店がその客をどの程度大切にしてこれからもよろしくおつきあいを」が価格に表れる、といふ点で人柄が出て面白い内容だつた。
▼このはてなダイアリーの「カウンター」が今日で廃止。なんでも、Googleアナライズだか他にもいろいろ精緻な分析機能がありページを誰かが見れば1カウント上がるだけの旧システムは役割果たし引退の由。前のブログから、このはてなダイアリーに移り確か15万くらゐだかで始めたカウンターが77万くらゐになつてゐた(正確に記録しておけばよかった)。