富柏村日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴り始めた日記ブログ 現在は身在日本

佐原の油茂と武雄書店

辰年四月廿七日。気温摂氏15.3/23.8度。晴のち晩に雨(2.5mm)。東京などかなり天気不安定で晴天一変して豪雨だつたやうだが水府はかなり快適な一日。この季節の陽光は他の季節にない明るさを北側の浴室や洗面所で感じることができる。


f:id:fookpaktsuen:20240603174618j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603174621j:image

昨日、佐原でお蕎麦屋(小堀屋本店)の創業が天明2年で驚いていたが胡麻油と胡麻油で作つた辣油を購入した油茂製油の創業は寛永年間で創業390年とは。


f:id:fookpaktsuen:20240603174636j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603174634j:image

同じく佐原の古書肆の武雄書店は一歩中に入つた瞬間に書架に並ぶ古書をそのまゝ列書ひしたくなるほどアタシの読書欲が合致してしまつた。かなりマズい。なるべく本の背表紙を見ないやうにレジの方に進むなかでぎり/\持つて歩けるだけの古書を入手。別冊太陽の『歌舞伎図鑑』は1992年の発行でもう30年以上前。平成4年といふのは勘三郎松緑は他界してゐるが羽左衛門梅幸仁左衛門歌右衛門らが現役で吉右衛門團十郎勘九郎幸四郎玉三郎らがまだ中堅。この書籍の舞台写真を見てゐるだけでもまことに楽しいもの。『乱歩の時代』のエログロ、ナンセンスは図版にしても今ならちょっと掲載が躊躇はれるやうなもの少なからず好事家にはたまらないだらう。

f:id:fookpaktsuen:20240603174644j:image