富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

コジコジ


f:id:fookpaktsuen:20210321085022j:image

f:id:fookpaktsuen:20210321085026j:image

(大公報)コロナ禍で外来家政婦不足となつてゐる香港。彼女らは通常の雇用ビザをもつ外国人居住者とは異なる括りで滞在許可も「暫定」で雇用ビザの延長は本人が申請できず香港の選挙権がない等、所謂「二等市民」扱ひ。彼女らの奉公明けでの帰国、新人の来港などコロナ禍で滞るなか市役所は1か月の滞在延長など考慮してはみせるが焼石に水。雇ひ賃高騰、エージェントの暗躍など生じてゐる。30年も香港に住んでゐて家政婦雇ふなどご縁もなかつた(何回か週1日だか「通ひ」で来てもらつて、その時は普段掃除してゐないところまで手が届き成程かなり快適と思つた)が集合住宅で同じフロアで、よくもこの広さで家族の寝室も手狭ななかで+1の同居人となる家政婦を雇ふものと驚いた。所謂「女中部屋」もなく住み込みの彼女たちは居間のソファで寝起き。そこまでして家政婦を雇ひたいものか。(蘋果日報)昨年8月に台湾密航図つた12人の香港活動家のうち中共で起訴となつた8人が明日、香港の送還されるのだといふ。意図的に重刑に処せず香港に戻すのだから、さすが良識ある法治国家である。 

f:id:fookpaktsuen:20210322212911j:image

悪天候のなか(それでも水戸は降雨量が24㎜で風も強かつたが最大瞬間で12.4mと東京に比べても大したことはなかつた)水戸市の森林公園にある「森のシェーブル館」へ。自宅から自動車で30分ほど。
f:id:fookpaktsuen:20210322212915j:image

シェーブル(chevre)の名の通り森林公園の牧場で山羊が飼育されてゐて、そこの山羊の乳のチーズをこゝで製造販売してゐる。何種類かチーズは供されてゐるがシェーブルのフレッシュチーズはまだもう少し先。山羊が出産して授乳期になるまで待たなければいけない。
f:id:fookpaktsuen:20210322212908j:image

お昼は水戸のコジコジといふ錫蘭料理店へ。食べログで東日本のカレー名店100に選ばれてゐる人気店で常磐高速で東京からも客が来ると聞いてゐたが確かに駐車場で隣は世田谷ナンバーの真紅のBMWであつた。コロナ禍で営業は昼のみ。予約は正午と午後1時すぎから2組のみ。テーブル席は5つとカウンターもありウォークインの客も受け付けるが次から次と来客で客も慣れたもので、この店の流儀で名前と電話番号書いたメモをお店の方に渡して1時間ほどどこかで時間をつぶしてゐれば店から電話がかかつてくる仕組み。それでも仕込んだカレーがなくなるまで。今日は予め注文のあつた以外のテイクアウトもお断りとなつてゐた。美味しいカレー(今日はチキンとタコ、他にカツオもあり)を少しと他の具をご飯の端のほうで混ぜまぜしていたゞく、これが何とも味はひ深く少しの具の違ひで風味がかはるから。これが「スリランカ出身のシェフが本格的な……」なら驚かないが日本人のご夫婦が切り盛りなのだから大したもの。