富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

太古騒乱


f:id:fookpaktsuen:20191003070954j:image

f:id:fookpaktsuen:20191003070957j:image

十一に警察に銃撃され一命取り留めた中学生につき在籍する中学の校長がこの生徒に学校が処罰するのではなく保護、今後の指導をと(教育者として真っ当な)コメントしたところ左派が「学校は学生を死に至らしめるのか」と噛みつく。警察はこの学生銃撃の正当性をさかんに宣ふが学生が手にしてゐたのは金属棒どころかプラスチック棒で銃撃後に警官がこの少年のところに4ft長の鉄棒をどこからか持つてきて「武器」としてゐるところなど映像もあり。

【槍轟學生】警涉插贓嫁禍中槍男生畫面曝光! 搜證警換4呎長削尖鐵枝作「武器」(蘋果日報)
その程度の「襲撃」に銃撃で対応するとは。他の映像でも「暴徒」に襲はれ腰が抜けてヘタリ込んだり襲はれ怪我をして口から流血だが立ち上がり暴徒に拳銃向けつ顔面蒼白でパニックぶりあり/\。武器をもち訓練積んだ警官なのか?と驚くばかり。

f:id:fookpaktsuen:20191003212356j:plain
f:id:fookpaktsuen:20191003212349j:plain
修理急がないのは記憶遺産化なのか

所用あり何年振りかで葵芳に出かけたら站前の新都会廣場随分とアカ抜けてゐて巨大な無印良品が。明かりの取り入れ方がとてもステキ。

f:id:fookpaktsuen:20191003212225j:image


f:id:fookpaktsuen:20191003212246j:image

f:id:fookpaktsuen:20191003212249j:image

さういへば葵芳には先日、天ぷらの金子半之助が開業。かなり行列だと聞いてゐたが11:30の開業で昼前だつたので行列もなくさっさと江戸前天丼。ふだんお昼にかういふボリュームあるもの食べないのだけど古川ロッパ日記なんて読んでゐるとお昼にカツレツにオムレツなんてのばつかりで、つい。
f:id:fookpaktsuen:20191003212305j:image

この金子の本店は日本橋で数時間待ちの行列ださうだが確かに江戸前の浅草でいへば「まさる」とか大黒屋のやうな濃厚なタレ。一寸べとっした揚げ方が気になる。タレの濃い天丼だとタレの味強くて海老でも穴子でも具の味がわからない気がして。かういふ天丼店で「タレはご飯だけに少し」とかお願いするのは何うなのかしら。ちなみにお値段は東京では、この豪華な盛りで950円なんださうだが香港ではHK$151(サ込)だから2,100円は東京価格の倍以上。そりゃネタが飛行機乗つてきて荃湾の家賃だつて銀座並みでは致し方なしか。
f:id:fookpaktsuen:20191003212417j:image

葵芳の巨大な工業ビル(金龍工業中心)で用事済ませ葵涌道を美孚行きの路線バスが来たので乗車。普段見慣れてゐない車窓の風景が楽しい。太子で旺角警察署横通ると、やはり831死者の祭壇がそこに。もはや死者が実際にゐるか何うかよりも警察といふ暴力対する被害、その抗議の象徴の場所か。

f:id:fookpaktsuen:20191004080020j:image

晩に陋宅で寛いてゐると直近の太古站内に警察隊の姿がネット映像に。今晩は香港各地で1日の警察銃撃と不正直な弁明に抗議の集会あり。太古站にも少なからず市民集まりコンコースで集会に警察登場。抗議集会が何故にMTR站構内なのか、警察導入はMTRからの通報なのか警察独自判断なのか。太古は典型的に中産リベラル住民多く警察登場ネットで流れたことでより多くの市民集まる。黒蟻もをらず市民はマスクもせず。警察に抗議。


f:id:fookpaktsuen:20191004080038j:image

f:id:fookpaktsuen:20191004080127j:image

警察が地下鉄站を路上に移動。それを執拗に追ふ市民。数名の逮捕あり。警察が抗議者と距離置き対峙する警戒線前に突然、揺ら/\と踊り出る浴衣人……何だ、誰だ(LGBTの時代なので性別は不問)。スリッパ履きだ。太古の何処に温泉旅館あつた?だが浴衣人は警察に近づき警察は胡椒スプレー顔面に浴びせる。浴衣人は「あーっ!」と倒れるが警察はそれを無視して前進。抗議者と一悶着で引き上げてきたときも浴衣人を完ぺきに無視(写真)。もうワケがわからない。

f:id:fookpaktsuen:20191004122013j:plain

警察が車両で現場から退き平静取り戻す。そこまで映像で見てゐたが、その後も一部抗議者の道路占拠続き黒蟻社中登場で警察も何処からか戻り太古の中心地で集合住宅も立ち並ぶ中で警察は催涙弾を発射。もうワケがわからない。


f:id:fookpaktsuen:20191004080149j:image

f:id:fookpaktsuen:20191004080152j:image

市民の抗議が続くなか警察は太古站の中に入りMTR職員が出口を閉鎖。なぜ警察がMTR站を前線基地にするのか。そこでMTRも抗議活動で敵方とされる。

f:id:fookpaktsuen:20191004080203j:image

国慶節のあと「龜縮」続ける林鄭だが香港政府が緊急状況規則条例(Emergency Regulation Ordinance)適用で(立法会審議などせず)緊急立法で「禁蒙面法」一両日中に施行といふ。マスク禁止したところで抗議活動が沈静化するとは誰も思はず。11月の区議選も控へ政府と建制派が社会安定化のため何かしら対処した実体が必要。そこで比較的、社会の許容得られ易さうな禁マスク法を制定で真の目的は緊急法の実用トライアル。これが通れば次は集会活動、そしてネットも含めた言論統制か。

f:id:fookpaktsuen:20191003200833j:image


f:id:fookpaktsuen:20191004120347j:image

f:id:fookpaktsuen:20191004120344j:image

まことに社会は全く理解できない状況だが市民の中にも良識のやうな顔をした狂人、凶人が少なくないから怖い。それなりの地位にある人の中にこそ、それが多いから。

f:id:fookpaktsuen:20191003212441j:image

澳門から「えっ……」と驚く画像が届く。 

大三巴牌坊「染紅」 變國慶騷佈景 天主教澳門教區:表演應與文物宗教背景相關 | 立場報道 | 立場新聞

国慶で大三巴の教会後の正面壁に共産国慶とネオン当て祝賀とは。史跡はすでに澳門市役所の所有で公共地だがさすがに澳門天主教区が宗教史跡で宗教に対する尊厳を、と苦言。気狂ひ共産主義の怖さ。狂気。