富柏村日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴り始めた日記ブログ 現在は身在日本

守護香港

農暦六月十八日。今日は午後5時から建制派の音頭取りで親政府社中の集会あり。老人会の動員や大手企業が従業員に参加促したりで何万人集めるかで必死。大公報も熱い。

f:id:fookpaktsuen:20190720183500p:plain

暴力を否定して安寧を求める気持ちには至極同感。

f:id:fookpaktsuen:20190720183541p:plain

f:id:fookpaktsuen:20190720183534p:plain
f:id:fookpaktsuen:20190720183529j:plain
左が今日のオフィシャル、右は明日の反政府デモ内容のパロディw

「守護香港」は親中派でも泛民主派でも黒蟻の若者たち誰でも叫べるところが興味深い。それでも「警察加油」は何うにも厭ふところ。

f:id:fookpaktsuen:20190720183523p:plain
f:id:fookpaktsuen:20190720183515p:plain

香港の善良なる市民の一人として今日のこの「守護香港」活動に参加!と思っていたが神様仏様も非常で今日は天気不安定で黄色警報も出た大雨の上に、この開催となつた夕方は雷鳴轟くほど。こんなところで落雷にあっては親やご先祖様に申し訳がたたないので脚を向けず。

f:id:fookpaktsuen:20190721113655j:plain

それでもこの悪天候でお足下の悪いなか「立錐の余地もない」といひたいが主催者側発表で31.6萬人、警方で10.3万人が集結といふ。今日も土共団体による参加者への日当支給もあつたやう。数時間でHK$500は浦山しい。大陸ならスマホで紅包決済だが香港は原始社会なのでまだ現金。

f:id:fookpaktsuen:20190721113704j:plain

蘋果日報21日)集會期間,有讀者目擊有人在金鐘港鐵站附近進行錢銀交易,質疑團體派錢請人集會。讀者Andy約6時在金鐘站C出口發現一名黑衣女子向圍住她的人派錢。從片段可見,黑衣眼鏡女子手持一張名單及一叠銀紙,被一男四女包圍,眾人有說有笑,片段中有人說「英姐」、「佢話去你度攞吖嘛」、「佢話畀九個咪畀九個你囉」,一名綠衣婦人左手拿一叠500元鈔票,右手把兩張100元遞給黑衣女子,問「係咪要簽收?」女子說是。

動員かけられて参加しただけなら終はれば「守護香港」の標語もゴミとなる。

f:id:fookpaktsuen:20190721113718j:plain

警察は今日の「撐香港警察」の集会を10.3万人としてしまつた。つまり明日の民陣招集の721市民デモ(上圖)は何十万の規模にならうとも警察発表は「10万人以下にならなければいけない」。

f:id:fookpaktsuen:20190721113211j:plain

明日の市民デモは終点が終審法院となつてゐるが今日急きょ開催の「遊行上訴委員会」でも民陣の要求受入れられず終点は湾仔。デモの時間だけは半夜三更までと改められる。いゝタイミングで警察は港独派「香港民族陣綫」が倉庫として使用する施設から爆破性のある化学薬品を見つけ、梁頌恆の民族陣綫(民間人権陣綫との区別が六ッかしい)メンバー一人を拘束。警察は夕方、記者会見で明日のデモ対応に関する市民に理解と協力呼びかける。

f:id:fookpaktsuen:20190721113725j:plain

民陣(こちらは民間人権陣綫)はいつもなかなか巧妙だが、この措置に対して「すべて香港警察が決めたこと」として湾仔でのデモ解散も警察が安全上問題がないといふのだから何かあつたら全て路上の警察官に尋ねてください、と問答集(ほとんどパロディだが)まで用意。

<721遊行Q&A>

明天遊行終點在哪裡?
-上訴委員會已裁決維持灣仔盧押道作為遊行終點的決定,因此民陣只能按不反對通知書,到盧押道結束遊行。

民陣到達終點後會有什麼安排?
-我們會嚴格按照不反對通知書要求,在終點只會盡力宣佈「立即解散」。

如果人流太多,加入遊行的人流倒灌到灣仔,終點安排會否有困難?
-請向警察查詢。

到盧押道後,如何離開灣仔?
-請向警察查詢。

如果灣仔地鐵站不能疏散,所有巴士又停開,怎麼辦?
-請向警察查詢。

如果書展人流、中途參與遊行人流、離開遊行的人流相沖,怎麼辦?
-請向警察查詢。

如果我需要向金鐘離開,又是否可行?
-請向警察查詢。

如果灣仔港鐵站因為人流太多而「飛站」,又可以如何離開?
-請向警察查詢。

如果明天遊行路線以外,有%&$%#
-總之,請向警察查詢。警方可以施加上述安排,我們必須相信警方有能力可以處理。

何うであれ明日のデモは銅鑼湾での渋滞から湾仔終点での「開路!」まで警察と抗議者とのトラブルが発生しないわけがない。そのやうにどん/\と追ひ込まれてゆく。そんな中で今日の蘋果日報厳家祺先生が香港の政治危機について論究あり。これはかなり読む価値あり。

香港の逃亡犯条例改正廃案で今後の展開について厳家祺は3つを挙げる。
①林鄭市長辞任
中共全人代常委の名を借りて情勢不安定な香港特区に保全を理由に「緊急事態における決定」を施す。
③林鄭市長辞任もなく膠着状態でデモ等続くなか社会は疲弊しつゝも上記②の非常事態化避けるため良識と社会的影響力ある人々が協調して立法会等に参画して民生、民政の改善を図る。
厳家祺であるから③が香港にとつて唯一の出路であり、それが中国に変化を齎すこに期待する。とはいへ②が最も実現の可能性が高いと警告。8月11日であるとか9月11日であるとか30万人規模の解放軍が香港に進入。これは天安門事件とは異なり「無血」であり解放軍はあくまで「秩序維持」のため(の視覚的、精神的圧力)で戒厳令施行やタンクによる武力鎮圧もない。「緊急事態における決定」に基づき幾つかの国内法を香港で実施する。……これは「危言聳聽」(狼が来たぞ)に非ず。2015年6月18日に立法会で否決された行政長官選出方法の見直し案を挙げる。
Imogen Cooper - 富柏村香港日剩
林鄭月娥はこの618否決の最大の利得者なのだ、と厳家祺。もしこの選挙委員会の選んだ中共・政府寄りの候補者とはいえ普通選挙での選出といふ選出方法改定が実現してゐたら今の行政長官は林鄭に非ず曾俊華になつてゐたはず。林鄭辞任となるとまた普選実現と叫ばれるのなら間違つても林鄭辞任させるはずもない。そこで反政府の抗議活動は更に過激化し、それを口実に中央政府基本法18条*1に基づき緊急事態管制となる。1976年4月5日の(第一次)天安門事件の時も「四人組」の手法は天安門広場で歴史博物館前に停車してゐた一両の自動車を燃やすことで、それが抗議者たちによる仕業として鎮圧に乗り出してゐる。香港でも平和的なデモが続いていたところで何かさうした暴力的行為が意図的に画策され、それで警察と市民の抗争が激化すれば、それを口実に中共が介入し一国両制は壽終正寢、世界の金融センターとしての香港が見事に衰落となる。北京は天安門事件の時の反省で絶対に「流血の惨事」は仕掛けない。それでゐて巧妙に香港を中共一党独裁の牢獄に入れることができる。そのやうな悲惨な未来を避けるために何ができるのか?といへば上述③の方法しかないのだと厳家祺はいふ。

香港的民主,不僅需要抗爭,而且需要智慧。抗爭是後盾,智慧出民主。這就是英國傳統的自由的保守主義,或保守的自由主義精神。1688年英國的光榮革命,使英國走上了民主的康莊大道,2019年的香港「反送中」運動,就是香港的光榮革命。2019年香港的「反送中」運動,也將影響中國大陸內地的14億人,引發中國內地的變革,民主將成為中國不可阻擋的潮流。
民主潮流,浩浩蕩蕩,順之者昌,逆之者亡。21世紀的中國,一定是一個民主、自由、文明、每一個人的人權都得到保障的、現代化的強國。在實現中國民主化的道路上,香港人民幾十年的抗爭付出了沉重的代價,作出了不可磨滅的巨大的貢獻。

かなり理想論のやうにも映るが香港の良識ある中道の右派、左派、財界などの立ち位置はかなり収斂してきてゐるのではないか。少なくとも「林鄭ではダメ」「中共の介入も不可」で纏まれると願ふのところなのだが。

f:id:fookpaktsuen:20190721113801j:plain

さて本日、昏刻、家人と九龍に渡る用事あつたが金鐘は「守護香港」で善良な市民が多数集まつてをりMTRで金鐘乗り換へは危険か(笑)と路線バスで佐敦へ。Ex-Gorkhaといふネパール料理屋で夕餉。「グルカ」はネパールの地名であり部族名だが「元グルカ」となると当然「元グルカ兵」も香港らしさ。佐敦に住まふネパール人多いがネパール人子女の補習塾とかも少なからず勉強熱心。

f:id:fookpaktsuen:20190721113710p:plain

f:id:fookpaktsuen:20190721113722j:plain

香港の学校教科書は市販で高く裏通りの教科書(使い古しもあり)安売り書店に行列で教科書購入の学生たちの勉強熱心には頭が下がる。

Broadway Cinematiqueで奥山大史監督の〈僕はイエス様が嫌い〉見る。

f:id:fookpaktsuen:20190721113701j:plain

これを何う評して良いのか一寸、言葉が難しいといふか考へがまとまらない。アタシ自信に信心どころか宗教感乏しいため「祈る」といふ行為がわからない。信心による救済といふのは行為と結論なのか、その信心こそ大切なのか、願ひが適はぬときの信心とは。幼子だから、それに素直に対峙できたのか。それにしてもイエス=キリストが映像の中にかのやうに偶像として、それもかなりキャラ的に登場することに最後まで違和感あり。アタシはキリスト者でもないのに。それでも、その偶像としてのキリストや家での仏壇、遊び場所の線上にある神社など実に日本的な物語。

あ、かういふ感じで終はるのか……この物語の延長線上に何か続きの作品があるな、と帰りのMTRのなかで思つたら、それは〈ゲルマニウムの夜〉であつた。

*1:全國人民代表大會常務委員會決定宣布戰爭狀態或因香港特別行政區內發生香港特別行政區政府不能控制的危及國家統一或安全的動亂而決定香港特別行政區進入緊急狀態,中央人民政府可發布命令將有關全國性法律在香港特別行政區實施。