富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

農暦四月初十

iOS用のアプリ“Dictionaries”がすごい!物書堂 - 辞書 by 物書堂 - 製品紹介 ワープロからパソコン使い初めて早35年……今でも素晴らしいと思うのは富士通の「親指シフトキーボード」とMacになってから漢字Talkに対応のエルゴソフトが開発した日本語変換のEGBridgeの二つ。親指シフトキーボードはMac鍵盤でも対応可能なんてソフトもあるが、これはさすがに断念。それでもエルゴソフト精神は未だに健在なのだ。MacのOSが全言語対応になつてJLK(Japanese Language Kit……懐かしい、カネがなくて深水埗黄金廣場で山寨買ってました🙇)が不要になりEGBridgeも淘汰されたのでだが、この変換機能の凄さにファン多くEGBridgeは「かわせみ」となつて今も、この文章もそれで書いてゐる。これを出してゐるのが「物書堂」といふ会社。この会社はエルゴソフトでegwordegbridge開発した廣瀬則仁氏と荒野健太氏による設立。三省堂大辞林をアプリ化して、このレイアウトの美しさは惚れぼれ。

f:id:fookpaktsuen:20190515114137j:plain

その後、三省堂の新明解や漢辞海、旺文社の古語、角川の類語なども次々とアプリにして、辞書好きな私は一つ/\購入で愛用してきたが「もしこれが一つのアプリで使へたら」といふのがヘヴィユーザーの願ひ。さうしたらホントに“Dctionaries”というアプリになってしまつた。

f:id:fookpaktsuen:20190515111126j:plain

一つの言葉を検索すると、それが国語、古語、漢和で出てくるのである。これは便利。今のところ唯一、角川類語が未だコンバートされてゐないが、きつと近いうち。やはりエルゴソフト時代からのユーザフレンドリーの精神の賜物。そして更にこのedword Univeral 2に至つては殆どヘンタイ的。普段はこの日剩も横書きのテキスト打ちでいゝのだが、きちんと縦書き原稿用紙も使ひたい時がある。

f:id:fookpaktsuen:20190515111830j:plain

▼大女優の京マチ子逝去。昭和25年の黒沢明羅生門』も立派だが何といつても溝口健二雨月物語』は香港でも数回見たほど。溝口監督といへば遺作となつた昭和31年の『赤線地帯』これに京マチ子はミッキー役で主演してゐる。久ケ原T訓が「マチ子お姐さんともなると赤線に立っても新吉原の大籬です」と。御意。

f:id:fookpaktsuen:20190515111123j:plain

山口瞳のエッセイ集(ちくま文庫)読んでゐたら「されどわれ悪書を愛す」で伝荷風写といはれる『四畳半襖の下張』と『誹諷末摘花』が上がられてゐて、それでも瞳先生らしく恥じらふやうに真面目に書いてゐる。久しぶりに『四畳半』読み返す。瞳先生の言葉を借りれば文章がいゝのは当然として「淫靡ではなくて逞しい」「上品というのとはちょっとちがうが志が高い」。『誹諷』はきちんと読んだこともないがネットで漁つたらタモリ倶楽部で「 ヌケる大江戸川柳『誹風末摘花』でモッコリ!」あり(こちら)。ゲストは司会役で乾貴美子、コメンテーターはみうらじゅん鴻上尚史で解説役に岩下尚史と豪華。話は山口瞳に戻るが、その「悪書を愛す」の次にあるのが「木槿の花」。昭和56年8月22日に向田邦子が台湾での飛行機事故で亡くなる日のことから〈男性自身〉に8回も続いた向田追悼のエッセイの名作。何度読んでも味わひあり。

アベノミクスもやつと終焉に近づいてはゐる……だが遅すぎた。

ぼくの帽子   西條 八十

母さん、アベノミクスどうしたでせうね?
ええ、6年前、第2次安倍内閣発足で、
晋三が声高かに叫んだあのアベノミクスですよ。

母さん、あれは大胆な政策でしたよ、
僕はあの時、ずいぶんくやしかつた、
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

母さん、あのとき、日銀に強気の総裁が選ばれましたつけね。
400兆円を市場に供給した。
そして2%のインフレに、ずいぶん骨折つてくれましたつけね。
けれど、たうとう駄目だつた、
なにしろ深い谿で、それに草が
背たけぐらゐ伸びてゐたんですもの。

母さん、ほんとにあの政策、どうなつたでせう?
あのとき傍に咲いてゐた、憲法改正の花は
もうとうに、枯れちやつたでせうね。そして
秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
あの政策の下で、毎晩、晋三が啼いたかも知れませんよ。

母さん、そして、きつと今頃は、―今夜あたりは、
あの谿間に、静かに雪が降りつもつてゐるでせう、
昔、つやつやひかつた、あのアベノミクスと、
その裏に僕が書いた
S・Aといふ頭文字を
埋めるやうに、静かに、寂しく。

 ▼米中貿易摩擦……中国も報復措置で米国からの輸入品に最大25%の上乗せださうで。これまでも香港では大陸客がApple Storeに並んでiPhone購入、或いは香港市民が中国への横流し目的での購入で長蛇の列は見慣れた風景。どれくらゐ価格違ふかといふと現行で輸入関税のない香港でHK$8,599は(今日のレートで)7,537人民元なのに対して中国での価格は8199元。

f:id:fookpaktsuen:20190515111109j:plain
f:id:fookpaktsuen:20190515111105j:plain

つまり中国は香港より8%高。これが今後さらに高値になると香港でのiPhone熱はさらに高まる?といふことか。具体的にはUS$160(1100人民元)課税上乗せといふ分析あり。さうなると9,299元で現状より13%値上げで香港より23%高。逆算すると課税前は7,439元(香港価格とほぼ同じ)で現行では10%課税されてゐたといふことになり香港価格より8%高とほぼ計算が合ふ。

▼日曜は農暦四月八日で長洲島では毎年恒例で「太平清醮」の祝祭行事あり。高く組まれた櫓に飾られた饅頭から無病息災願ひ捕り合ふ「包山節」あり、また狭い市街を仮装行列で幼子がいろ/\な役柄に扮して鉄棒など上手く仕込み、まるで宙に浮いてゐるやうな見せかけで沿道の観衆を愉しませる。人口2万余の長洲に、この祭りの当日は5,6万人押し寄せるさう(アタシは行つたことがない)。この仮想行列、昔ながらの祭礼ものに加へ毎年その年に因んだ仮想も話題になるが何が厭って地元の親政府系団体が、まるで忖度のやうに政府や中共支持色の濃いネタを仕込むこと。

f:id:fookpaktsuen:20190515111116j:plain
f:id:fookpaktsuen:20190515111112j:plain

NHKのNW9でカナダでの大麻合法化で「見過ごせない事態になっています」と有馬なるキャスターが強い口調。この人は政治とかになると口を噤むくせに、かうした主張してもリスクのない社会問題になると強い正義感振りかざし不愉快なところ。北米でのマリファナ関連のイベントに日本からの旅行者も参加してゐるといふ。大麻が合法な場所で何がいけないのか、日本に持ち込めば非合法で刑事罰なのは現実だが。大麻密輸が深刻な状況だとか日本での大麻汚染がひどくなつてゐるとか最初は大麻から徐々に刺激的な麻薬に手を出す危険性とか……聞いてゐて飽き/\。大麻など昔から一部の若者の間では愛用されてゐたし東北だとか冬寒く夏暑い高地の草むらには大麻群生してゐたし(それがかなり伐採されたことで輸入物の需要が高まつた?)大麻程度は大麻で済んでゐて麻薬中毒になつてゐない人なんてアタシの回りにも数えれば何人もゐる。「なぜ日本では非合法の大麻が欧米では合法なのか?」といふ視点で頭を使つて考へるのがジャーナリズムの役割だらうに。大麻でふと思つたのだが台湾でアジアで最初に大麻合法化は何うかしら。同性婚への取り組みなど台湾はアジアで最も自由な国として評価高まつてをり、これが「中国とは違ふ」台湾のプレゼンスに繋がつてゐるのだが「次に何かあるか?」と思へば欧米に倣ふと大麻合法化。ただし台湾は覚醒剤などそれなりに深刻で(もう十年以上前のことだが台北西門のデパートでトイレに使ひ終はつた注射器を見ながら用を足したりもあつた)、さう易々と大麻解禁にはならないとは思ふのだが。