富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

2001年宇宙の旅

農暦二月十九日。つい記念切手買つてしまうのだが昔に比べると郵便を出す機会は著しく減り切手ばかりが溜まつてしまふ。

f:id:fookpaktsuen:20190326172936j:image

早晩に中環のFCCにてT君と軽く食事の約あり。ラウンヂでアタシは眼鏡かけてをらず、この黄昏時が視力がいちばん下がるが対面からアタシの名を呼ばれ誰かと思へばマカオ在住の英国人D氏。T君来るまで四方山話。この時期は毎年、輸入物で春らしく白アスパラガス用ゐた料理あり。前菜、ポタージュと好物の白アスパラガスが出てメインはT君とサーモンとビフテキをシェアしたがメインにも付合せの野菜は白アスパラガス。


f:id:fookpaktsuen:20190326172136j:image

f:id:fookpaktsuen:20190326172146j:image

f:id:fookpaktsuen:20190326172140j:image

前菜と一緒ぢゃない(笑)今日は正常に動いてゐる東涌線で九龍站。圓方(Elements)の映画館。香港映画祭でスタンレー=キューブリック監督の《2001年宇宙の旅》を見る。

f:id:fookpaktsuen:20190326172511j:image

この映画完成時1968年の上映は見逃してゐるが折からのSFブームにあつた1978年のロードショー上映が初見。次は1985年に続作の《2010年》公開時の併映。この時は仙台東宝劇場でアルバイトしていたので《2010年》は3度くらゐ見てゐる。香港でも1度見た記憶あり。難解なやうで木星使節(Jupiter Mission)までは平易であると思ふ。トランプ大統領のやうな基督教原理主義で進化論も否定するなら別だが人間が猿から進化したことをごく普通に納得してゐれば。たゞサルからヒトへの進化が余りにも突飛なこと。そこでヒトは神の創造物として特異な存在とされる理屈もわかるが無神論で進化論を認めると、この突飛な進化をだう捉えるか。そこで地球外からの何らかの作用があつたのではないかといふ発想がパラドクス的に生じるのも安易なのか、実は我々は証明もできないが確信をついてゐるのか、いずれにせよ有神論も地球外生命体、しかも至上の高知能が存在してゐるという考へも実は同根なのではないか。そこでこの映画でスタンレー=キューブリックモノリスといふ物体Xを措く。この映画で難解といはれる終章「木星 そして無限の宇宙の彼方へ」(Jupiter and Beyond the Infinite)もボーマン船長の幻覚はLSD作用のやうで船長の老化、そして胎児への回帰も実に自然に思へるのである。たゞ〈進化〉にさうも「安易に」依存していゝものなのか。船長は人類で始めて人類超越したスターチャイルドになり続作《2010年》では更に人類は進化し続けるのだが。この映画、1978年に見た時は未来の世界に圧倒されてたが2019年、あの映画の2001年から17年も我々は未来にゐる、からすると人類は木星に向けての有人飛行迄はしてゐないが《2001年》の飛行船でのお作法が未だテレビ電話なのに現実は須磨帆が普及し、いち/\ブースに入らずとも映像通話はアフリカの奥地まで。我々は科学技術的には、この映画から半世紀を経て当時想像された進化の過程を確かに歩んでゐるのだらう。高度なAIがアタシらの会話で口唇の動きまで読みとることは警戒するに十分であるし最初からAIを信用もしないだらう。これも人類の進化か。たゞ精神的にはかなり劣化してゐるのだらうが。今回の映画はオリジナルの70mmフィルムからリマスタされたIMAXデジタル版といふことで期待通り「木星使節」の導入部分、ヨハン=シュトラウスの「美しき青きドナウ」流れるなか優雅に宇宙を飛行するパンアメリカン航空が運行するオリオン3型宇宙機が宇宙ステーション5に着陸するシーンの見事な、窓越しに宇宙船内部や宇宙ステーション各所での人々のさまざまな動き(演技)がオリジナルより更に精緻。


それにしても半世紀も前に何とも見事な映像作品を完成させてゐたもの。そのキューブリックやアーサーCクラーク、そして万葉の時代の歌詠み手、古代人が夜空の星を眺めたころより我々の感性は劣つてゐないか。そしてこの映画の無機質さの中で改めて思ふことはHAL 9000の何とも「人間的な」感情であり映画として見れば演技力は卓越したもの。主演男優賞は明らかにHALであるべき。AIが現実になるなかで、もう実際に我々の生活も、偉大なる政治装置と、その司令に阿Q的に隷属するAIによつて制御されてゐることもあらかた間違ひではない。

山田孝男(風知草)バイカル湖に寄せて - 毎日新聞 https://t.co/uPUusPg7vK 「日本人は勘違い。経済協力と引換えに領土交渉あり得ない。経済協力は今や中国の方が上。単なる投資ならロシアは日本無しでも困らない」と… https://t.co/w2V21gYxW2