富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

新加坡へ

fookpaktsuen2018-09-06

農暦七月廿七日。朝起きると日本のテレビが深夜の北海道で震度6強(後に震度7に)の地震発生伝へる。台風に続き地震関西空港に続き千歳空港。昼まで官邸で仕事に追はれ午後イチで会合に出て慌てゝ空港へ。ラウンヂで仕事の続き。CX711便。CXも久々ならCXのCクラスは東京便でリージョナルは乗つてゐたがフルサイズのCが今の仕様になつて何年目?で初めて。機内食が揚げた魚、肉はビーフストロガノフ飯と空飛ぶ焼鵝荑粉!で珍しいので鵝荑啜る。機内でも映画でも見るつもりがお仕事。テレビドラマ『おっさんずラブ』早送りでチラ見しつゝ。新加坡着。何年ぶりかしら?と思へば前回は新加坡国際の競馬観戦でフルトンホテル宿泊は2009年のこと。近くはチェンマイ行きとドバイ行きで空港はトランジットしてゐたが。ターミナル4は見た目が温かくイミグレから預け荷物受取りまで迅速。夜九時近くで遉がにMRTに乗る気もせずタクシーでサマセットへ(料金S$20は約1,600円)。小雨。ベイエリアの開発もさることながら街中もずいぶんと再開発で新しいビルやいくつもの消費場所はうんざり。シャングリラ系列のHotel Jenに下榻。クラブフロアでアップグレード尋ねたら週末が混んでゐて三泊は一寸」と。途中で部屋替へは面倒。ホテルはMRTに直結でMRTカード贖ひに行きオーチャードロード少しふらふらして帰宿。さすがに疲労困憊。ホテルでクラブフロア客室によくウェルカムフルーツ供されるがリゾートで美味い南洋果実ならまだしも蘋果と洋梨など盛られてゐるとうんざりだが、このホテルは飲み物無料の冷蔵庫に一口サイズの果物がカップに入つていて、これのほうがありがたい。