富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

祖国を誇りに思ふ

農暦十一月初六。風邪は癒えず。夕食で焼酎はお湯割りの季節。食後に競馬に来られたI氏からいたゞいた日本茶菓SANOAHのしっかりガトーショコラ絹乃茶をお茶請けに。

f:id:fookpaktsuen:20181213190459j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181213190504j:plain

iPhone紛失で買ひ替え変へ中身はiCloudのバックアップから復活させ順調。eSIMはプロバイダから与へられたデータ読みこめばと思つたQRコード失効で読めず。服務中心に電話して店舗で新しいSIMを貰つてと言はれて店舗に行けばSIMなら再発行で問題ないがeSIMは対応できぬと言はれ服務中心に電話すればまたも店舗でと言はれ埒あかず。電話でしつこく問ふとeSIMは特定の須磨帆に紐つけなので他の須磨帆では使へぬと言ふではないか。須磨帆紛失はこちらの過失だが須磨帆の買ひ換へなど頻繁なことで、その場合「もう使へぬ」では今後だうすれば良いのか?と執拗に問ふとさんざん待たされた挙句「誰か家族や友人の番号を借用して、そこから登録して」との妙案。確かに、それなら出来ぬ話ではないが、さうするとその貸し手自身は登録できぬ。最先端の技術のやうで大きな落とし穴あり。

カナダで拘束されたHuawei副会長保釈され第一声が「祖国を誇りに思ふ」。中国代表する通信大手でビジネスがたんに須磨帆から中共の伊朗への情報技術提供といつた国策起業化してゐることに今更驚きもせぬが、この一企業経営者の祖国熱に言葉もなし。米国はHuawei機器に中共の情報諜報危険性ありと警告し政府関係での同社製品使用禁止表明で宗主国米国の方針に日本も追従。中共は対抗措置とApple社製品の締め出し。馬鹿げた話だが香港では葉劉淑儀がiPhone利用辞め三星にしたとアピール。韓国ならいゝのか。なぜにHuaweiにせぬ。