富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

Sudokuぢまん

農暦九月廿九日。晴。SCMPのSudokuは週1で難度5が掲題される。以前は土曜日で朝からかなりこれに時間費やしていたが何年前だか世界一難しいSudokuこちら)も解決できたアタシはアタシなりのノウハウもあり最近はケアレスミスでもないかぎり難度5でも時間かければ解決できる。そのSCMPのSudokuで難度5は土曜日から平日に移行して(そこまでの好事家は平日でも難度5をやってくれ、か)今では平日に官邸でもご執務で昼のわずかな時間に速攻でできるかどうか。10分くらゐでできれば上出来。

f:id:fookpaktsuen:20181107161553j:plain

晩に銅羅湾某所で或る方の送別会あり末席を汚す。立食パーティで上品なアタシは何も食事に手をつけられず。二次会にも誘はれたが晴れやかな場は苦手。その会で邂逅のT女史と広島ばんだんつけ麺で空腹を満たしT女史を湾仔のバーMにお連れする。

全身タイツフフェチ、好事家の間では「ゼンタイ」といふさうでゼンタイに悶絶とヒトの趣味もさまざま、そのゼンタイが新聞記事で何かと思へば香港の消防局がイメージアップにFacebookに登場ださうで、そのキャンペーンで現れたのが、このゼンタイのキャラ……センスの悪さ極み(蘋果日報)。同じ消防局のキャンペーンでも台湾など各地の消防署が消防員募集もイケメンや活動的な美女で特製カレンダーまで発売で好事家の間では評判の宜。

f:id:fookpaktsuen:20171116113043j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181107161209j:plain
f:id:fookpaktsuen:20181107161214j:plain

香港はかうしたセンスの劣化が深刻。郵便切手すらロクなものがない。もうダメなのか。
毎日新聞で韓国最高裁の徴用工問題で日本企業に賠償命令に「憂いが深い」「難交渉の末、日韓両政府が合意した国交正常化は何だったのか?」といふ記事(こちら)。そこで日韓交渉に携はつた崔書勉氏の言葉から。

韓国は無神経な国だなあとの声が日本社会でまた高まるだろうと憂慮しました。最高裁の判決については元徴用工は日本の犠牲者だから、当然といった道徳志向的な報道が多かった。日本社会の“韓国疲れ”の深刻さにメディアが無頓着なのが気になりました。誤った認識が定着するのは互いの社会にとって利益がありません。相手が間違っていたり、問題の深刻さを軽くとらえたりしている場合は、放置しないで直接指摘することが大切でしょう。20年前の宣言のキーワードは『和解』と、相手に対する『敬意』でした。ひょっとすると国交正常化したころの方がいまよりも政治家同士はお互いを認め、率直な物言いをしていたかもしれません。現在のように和解を忘れて、対抗のみをむき出しにするだけでは始まらないですから。