富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

農暦八月初九。猛暑。風が吹かず摂氏33度で尖沙咀を昼に歩いてゐたら実際の体感気温はいつたい何度なのか滝のやうな汗。暑さ避けジムに寄りトレッドミルで走る。
▼政局が大きく動こうとしてゐる。元々は晋三の「今なら勝てる」の大義なく勝手解散総選挙だつたが「希望」が予想以上に抵抗野党になつたのは民進党の不甲斐なさのゆゑ。もはや民進党では選挙で勝てない議員らのディアスポラが起きるのかしら。所詮その程度で変はる程度の国政の権力なのかしら。

ヘーゲルのAufheben(止揚)は「高次の段階に物事が進む」とされるが低次のレベルになつてゐはせぬか。