富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

国難突破?

fookpaktsuen2017-09-25

農暦八月初六。昨日の銀行話の続き。なぜ家人との共同口座と家人の口座の担当マネージャー異なるか、といへば5年ほど前だが、私らの口座の担当者が異動で新しい担当者(G嬢)の態度が劣悪で中環の某支店で支店長に担当者換へ願つたが共同口座のことばかり気にかけ家人の別口座あること失念で、連絡とることもなく時間が過ぎてゐたもの。で昨日このG嬢の電話にメッセージ入れておいたら今朝電話あり。なぜ急に手数料発生なのか?と尋ねると、家人の口座は規定額に満たぬので手数料発生といふ。そんなことは20年前からで合算で規定額超へてゐれば問題ないと当時の担当者からの説明で別口座にすること勧められた結果で、それを急に、と反論すると「規定は規定」と立て板に水。規則遵守だといふ。さうなら何故に担当者なのに電話一つ寄越さぬ、怠慢だろ、と言ひ「いつもご親切にありがたう」と電話を切る。エコエコアザラク。とにかく不愉快なG嬢だが、先方にしれみればアタシに対しては自分が担当外された怨念がまだあるのだらう。まだこの支店にゐるとは思つてもみなかつたが。で共同口座の方の担当といふのが5年前に同じ支店で別な行員に換へてもらつたものゝ、そのA君も融通のきかない輩で専らこゝ数年は別の支店の担当でもない行員V君ばかりを贔屓にしてゐる。昨日もこの A君の電話にメッセージ入れておいたが3週間も休暇だといふ。するとG嬢との不愉快な電話のあとにA君のアシスタント(つまり同じ支店でG嬢とも同僚なのだが)から電話あり。「A君へのメッセージを代理で聞きました」と、このアシスタントはかなりレベル高く状況の理解も判断も確か。とにかく客遇らひなるもの客の不満をどう解消させるかに尽きるわけで「状況はわかりました、お急ぎでなければA君に間違ひなく伝へ善処します、休暇後になりますが宜しいですか?」と十月のアポまできちんとさせる。この銀行のこのセクションは以前からマネージャーがダメでアシスタントが優秀といふ傾向あり。何といふジレンマか。これでこの問題を解決させるとG嬢の「アタシのメンツはどうなるのよ?」と激怒はさらにエキサイトするのだらう。早晩に久々にFCCでT氏と軽く会食。ブリティッシュプレミアムジンのプロモーション中。T氏から荃湾のMali Homeといふ榴槤使つた菓子専門店の月餅いたゞく。早速帰宅して頬張る。美味。
▼晋三が28日の国会開会冒頭解散宣言。国難突破のため、と開いた口が塞がらず。なぜそのために国会解散が必要なのか。晋三の存在自身が国難である。晋三の記者会見で「民主主義の原点である選挙が北朝鮮の脅かしに左右されることがあってはならない。むしろ対応について国民に問いたい」などまったく意味不明。この大義なき衆院解散で失はれるものとして青木理氏曰く「解散は究極の自己都合。今だったら選挙をしても負けないから。戦後日本の原則を次々となぎ倒し今回の解散は今までとは違うレベルでモラルを破壊し憲政の筋を壊す」と(こちら)。御意。冷静な分析のやうで時々わからないのが毎日新聞(風知草)山田孝男氏で真の争点は「戦争寸前の歴史的危機を的確に制御しうる政治家、指導者は誰か、の一点に尽きる」って、それじゃ今は敵なしで晋三の思うツボだと思ふのだが。