富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

週末、水府へ

fookpaktsuen2017-08-05

農暦閏六月十四日。麻布の旅寓のお庭の池に母鴨が四羽のコガモを連れてよちよち歩きの仔鴨が何とも愛らしい。あまり近寄らず池の岩場に日向ぼっこの母と仔鴨を愛でる。夏の行楽ラッシュもあるのか構内がとても混雑する品川から出る朝最初の特急ひたちは09:45発。一路、水府へ。自宅に戻り旅荷を解き市街に出ると今日と明日が七夕黄門まつりで自動車締め出しは午後2時から、路線バスで南町まで出てみずほ銀行に寄り昼過ぎに小学、中学の同級生I君と待ち合はせ京成デパートの裏にある茨城は鴻巣の木内酒造経営の「な嘉屋」で常陸野ネストビール、昼酒は菊盛と蕎麦。I君との再開はじつに38年ぶりか。I君の叔父さまが水戸で子どものクラシック音楽教室でヴァイオリン教へてゐたK先生で水戸の文化の泉みたゐなソサエティがかつてあり。K先生が九旬でご健康の由。K君とは音楽、歴史など趣味も合ひ今の私の僅かながらの教養も彼らとの小学校3、4年生の頃に源泉あり。商店街の寄合で水戸の旦那衆の大先輩方にご挨拶。歩行者天国となつた表通りを大工町まで歩きI君は偕楽園に近い自宅に戻りアタシは真言宗豊山派神崎寺へ。掃墓。スーパー銭湯に一浴。帰宅して母と市街に出る。すつかりお祭りモード。リーガル靴店で取り置きの靴受け取り。店員が母とアタシを夫婦と勘違ひ。一月に信州の渋温泉でも同じような誤解あり。「粹」といふ食肆に妹も来て夕餉。酒は茨城は結城の武勇純米辛口。祭り気分の街中を漫ろ歩き帰宅。アイスキャンデー頬張る。睡魔に襲はれ晩十時前には寝入る。