富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

共謀罪法案閣議決定

fookpaktsuen2017-03-21

農暦二月廿四日。晩に上環に移られてから初めての「安半」にT氏と会食。酒は北海道小林酒造の特別純米酒「まる田」。満腹。外は霧雨。T氏をタクシーで送ると、乗ったタクシーは久々に「2つめのバックミラー」ありの女性客狙ひ股覗きエロタクシーなり。撮影位置は私の股間から。運転手の顔が見事に映るから。股間にスマフォを置いて写真を撮る様も奇妙といへば奇妙。
▼香港行政長官選挙は今週末だが北京中央の推挙ですでに欽定のCarrie林だが選挙期間中にも関はらず香港政府として行政長官辦公室秘書長を内定。本来であれば当選者した新行政長官の意向尊重して人選すべき。もはや選挙など風化(最初からだが)。而も行政長官辦公室秘書長の女官僚がCarrie林に瓜二つ。もう一人、民政事務總署前署長もそつくり。どうすればこゝまで没個性の役人顔になれるのか、が不思議。
共謀罪法案を晋三訪欧中に閣議決定の暴挙。組織的犯罪処罰法改正案は政府はテロ等準備罪と誤魔化すが明らかに共謀罪。「一般市民に影響が及ばない」とする根拠問はれた法相は「提出後に説明」と逃げる。この法案成立させ「TOC条約を締結できなければ東京オリンピックを開けないと言っても過言ではない」と晋三。過言だろ。そもそもこの条約はテロ対策ではなくマネーロンダリングなど経済犯罪対策のため国連採択されたものと新倉修教授(青学)。しかもこの条約は締結する国の刑事法体系にない罪の創設まで義務づけておらず。法整備留保もあり。茶番も茶番。怖い国になつていくが止めないのは国民。