富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

澳門半日遊

農暦十一月初九。曇。午前中は官邸で急な会議あり。正午前に的士で上環碼頭。12:30のジェットフォイル予約してゐたが15分前の便に滑り込み。年の暮れに圓生師匠の「掛け取り」聴きながら一路、澳門へ。波止場の桟橋いくつか空いてゐるが人手足りぬのか20分も沖合で待たされやっと着岸。路線バスで陸軍倶楽部。朝から来て食材購入の家人と待合せ。歩いて坤記餐室。こゝの亭主の客への愛想の良さ格別。客商売とはかうあるべき、の基本。敬服。禮記でアイスクリーム頬張る。漫ろ歩き二龍喉公園。齢三十余の老熊Boboには会へず。超級市場ポルトガルの塩や香辛料など贖ひ旧市街を路地から路地へと小一時間漫ろ歩き黄昏にMacau Soulへ。今夏以来の再訪。Monte d’OiroのTêmpera 2001年飲む。週明けより新年より亭主ご夫婦休暇でチェンマイ。女将に「今日はどこで食事したの?」と尋ねられ磁場の澳門料理で坤記と答へるが通じない。磁場の料理屋ならA Vencedoraといふいゝ食肆があるのに、と言はれ、これが坤記。ヘンリーマッケンナを勿論、ストレートで飲む。路線バスで外港碼頭。20:45の船で爆睡して香港に戻る。