富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

香港東を天后から西湾河まで歩く

fookpaktsuen2015-11-14

農暦十月初五。朝、テレビつけると巴里で同時多発無差別テロの惨劇「らしい」。所謂「イスラム国」が「フランスはシリアに介入する必要はなかった」とフランス大統領に向けメッセージ。テロはいけない。だがフランスがシリアで何をしてきたのか、15歳の少年がなぜテロリストになるのか、そして何よりシリアで米国やフランスの空爆で何人が命を落としてゐるのか、を考える必要があるのでせう。シリアでは25万人が命を落としてゐるといふ。 Facebookプロフィール画像がフランス国旗のトリコロール色ばかりになつてゐる。日本でテロの惨劇があれば、あれが日の丸だらけになるのかしら。パレスチナやシリアで空爆があつてもFacebookパレスチナやシリアの旗の色といふのは見たためしがない。世の中は不公平で正義もないらしい。天后で在港5年の都市開発S氏と香港島東部の再開発前の古い都市建築を見て歩くことに。天后の電気道から開始。炮台山で中南文具が最近開店の大型店に入る。「伊東屋も見習へよ」と声を大にしたい今どきアナログに徹底の文具、美術用品の充実。此処からが本番。英皇道の民衆大厦地下の商店街、英皇大厦、元映画館の國都廣場、南方大厦、渣華道19號と眺めたら、もうお昼で寿司加藤。午後は明園西街の暗渠を確認して孔雀道、七姉妹道から繼園街を上がり74號の集合住宅まで眺め午後の珈琲。健康西街から健康村、模範邨の戦後の集合住宅のプロトタイプ、香港殯儀館、濱海街、で鰂魚涌では鰂魚涌街奥の旧太古ドック職員住宅の太◯浪の集合住宅、益昌大厦中心としたE字型建設まで。やつとトラムに乗り西湾河で山側の戦後の低層高級住宅を歩いたあと太安楼まで。14km、2万歩ほど歩く。太古のHotel East屋上のSugarでハッピーアワー。鰂魚涌に戻り嘉里中心の粥麵館で軽く夕食。さすが都市開発が専門のS氏と歩いてかなり専門的な知識からの啓発多く受ける。