富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

fookpaktsuen2015-10-17

農暦九月初五。ハーバー沿ひをジョギング。気温はまだ摂氏23〜29度みたいな陽気で下がらぬが、この気温でだいぶ涼しくなつたと思ふだけ身体も熱帯ズレしてゐるやう。朝に走つてゐたときから何だか無償に天ぷら蕎麦が食べたくて昼に日本人倶楽部の食堂でそれを啜る。午後に打合せ一つ。中環のAscot Changで誂へのシャツ受け取り。襟の黄ばんでしまつた開襟シャツ持ち込むと襟だけ換へてくれるといふ。香港ではトップクラスのシャツ屋だが「日本人の上客は?」となると決まつて麻生漫画太郎なのが何とも。湾仔。帰宅して黄昏に啤酒飲む。風味系麦酒をワイングラスで飲むのが流行つてゐるさうで、それを試す。なるほど香りは愉しめても、ビールぢたい味が丸まつてしまふといふか「ビールのキレがない」なんて思つて、あゝ「キレ」ってあんな感じのことなんだ、と、わかつた気がする。晩に無花果と生ハム、野菜のグラタン。前者にChâteau de Rayne Vigneauの甘酒(Sauternes 1er Cru Classé 2002年)合わせ、後者ではVasse FelixのSau B-Sémillion 14年飲む。
▼晋三動静。晩に公邸での会食相手は中谷防衛相と谷内国家安全保障局長、それに子飼ひの内閣法制局長官横内某ら。谷内は外務省のイケイケどんどん派の元事務次官。こんなメンツでの会食に内閣法制局長官が加はることは先々代まではあり得ぬこと。法制局は小松某が晋三により外務省から遣られ殉死で悪夢も一代限りかと思つたが法制局内の生え抜きで晋三に媚び売る輩が現れたのだから晋三の思ふ通り人事権握ると人は面白いやうに動くといふもの。
官房長官菅某が共産党の国民連合政府構想にじついて「選挙目当て」と苦言。自民党こそ選挙前はTPP断固反対で集団的自衛権はおくびにもにも出さず選挙で大勝すればやりたい放題で公約など選挙目当てそのもの、代々木の悪口言ふ立場にない。国民連合政府構想は選挙で反自民勢力が勝つための構想であつて「選挙目当て」は揶揄どころか「選挙目当てそのもの」で悪いことではけしてない。