富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

安保政策転換は国民投票で、と山拓先生

fookpaktsuen2015-04-25

農暦三月初七。天気よき土曜日。陋宅の今の掛け軸を長谷寺仏画から一寸季節は遅いが「春眠不覚暁」と紀伊川宗圓の菖蒲に替へる。針仕事は仕立てお届け約束の日に遅れてはゐないが今月末までに立て込み今日も官邸でお仕事。夕方、尖沙咀。ハイアットの天天吧。ラヂオI氏、ハロンS氏、信州T氏と待ち合わせ啤酒飲む。T氏よりとらやの季節の羊羹、北陸新幹線の記念品などいたゞく。タクシーで九龍城。ワイン仕込み創發潮州飯店。Z嬢已来。一度昼餉に寄つたことあるが晩に来たのは2008年以来。劉健威兄だの創發に苦言少なからず、だが食肆大いに繁盛。今晩此所迄足運んだのは三月に亡くなつたダービースタリオンN氏がこの食肆好きだつたからで蝦蛄食しながら知己の皆で故人偲ぶ、といひつゝあれこれ面白い話で酒肴に舌鼓うつばかり。それにしても冷凍庫にゐるが如き冷房に閉口。無理やり冷房の送風口の風向きを変へ店員に暴挙と呆れられる。我ながら泉谷しげるの如し。食後に金満堂で榴槤のゼザート飰す。
▼日米同盟堅持のため二つの特措法*1作ったのは紛れもない事実だ。だがあくまでも海外派遣であり武力行使伴う海外派兵とは一線を画した、今後もそこに踏みとどまるべきで「一国平和主義」といはれやうとも戦死者を出すべきではない、と山崎拓先生(東京新聞)。晋三の積極的平和主義につき「軍事力で世界の平和構築いん貢献したいという意味ではないか。日本は戦争放棄を定めた憲法九条一項に基づく精神を国是にしてきたが、これからは戦争に巻き込まれる可能性が高くなる。日本の外交安保政策の180度転換なのだから国民投票で決めるべきだ」と。御意。

*1:2001年のテロ特措法と2003年のイラク特措法を指す。