富柏村香港日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴る日剩でござゐます

TEAC TN−300

fookpaktsuen2015-04-07

農暦二月十九日。通常のイースター連休は金〜月の4連休だが今年は清明節と重なつたことで昨日が日曜の清明節の代休で、復活祭に当たる月曜が重なつたので、その代休で今日も祝日。昨晩は夜中に緊急出動ありで帰宅は午前3時。さすがに眠いが休んでをれず朝から官邸で書類整理と打合せ。午後遅く中環。本当にこれが連休?といふくらゐ市街が閑散としてゐる。大陸客がゐない。陋宅でアンプ壊れたまゝで、ずつと使つてゐなかつたLPプレーヤー(テクニクスのSL-1200MK3)買ひ手がつき、それもニッポン放送 オールナイトニッポン元ディレクターのIさんで、これを手放す前提で後継に選んだのがTEACのTN−300といふプレーヤー。本体にMM型フォノイコライザーアンプ搭載で(フォノ入力を持たない)BOSEに直で繋げるほか、USBデジタル出力でLPのデジタル音源化もできる……といふことで中環のHMWでお買ひ上げ。キングクリムゾンのLive at the Orpheumとマイルス=デイヴィスのRound the midnightのLPも入手。新譜でLP購入は20年ぶり?かしら。久々にFCCで来港中の神南の制作の方たちと会食。神南の、かつての「音芸」のいろ/\懐かしい話聴く。帰宅してLPプレーヤー設置。うーん、やっぱりLPはCDに勝る。
▼今年の復活節、内地から訪港の旅行者数は昨年同期比で2割減、3月の大陸漢の団体旅行は320組で昨年比で3割減の由。2003年のSARS以来の大幅減少で対人民元の多少の香港ドル高もあるが中共が香港の勝手に訪港旅行制限、香港の反・水貨デモ、抗議活動厭がられ中共汚職摘発による遊蕩ひかへ……とさまざまな要因あり。
▼ひとくちに「戦争の記憶」といつても地上戦経験した沖縄とそうでない本土とでは大きく異なり、日本で戦争の体験や記憶の共有が本当にできていたのか、と原武史先生(朝日新聞)。それがないのに「戦後◯年」といふカウントだけは全国共通では、こぼれ落ちてしまふ体験や記憶が無数にあることに注意すべき、と。戦後を語るとき、ともすると「戦前とは違う」「別の国になった」といふことが前提になるが憲法改正され政治体制変はつても戦前から継続すること、戦後も変はらないことは多数あり。その一つが国民の天皇に対する意識。日本社会は1945年で戦前と戦後に分かれるといふ単純なものに非ず。