富柏村日剩

香港で2000年02月24日から毎日綴り始めた日記ブログ 現在は身在日本

井上章一『ヤマトタケルの日本史』中央公論新社

辰年五月三日。気温摂氏14.9/25.8度。晴。

水戸桜川千本桜プロジェクト主宰されてゐる稲葉寿郎氏の「桜川・千三百年の桜文化史」の講演を聞く(水戸市国際交流センター)。古へには常陸風土記に筑波の花見についての記述あり。吉野より昔からの桜の名所。そして謡曲にもある櫻川。紀貫之

さくら河といふ所ありとききて
常よりも春へになればさくら河
波の花こそまなくよすらめ (後撰和歌集

と詠んでゐるが櫻川を訪れたこともない貫之がなぜ櫻川を知りえたか。祖父・紀本道は下野守で叔父からの嫡系は土着(後の益子氏)。万葉集にも筑波山頻繁に登場。古今集の仮名序にも(貫之)。和歌での筑波と櫻川の定着。連歌二条良基)での「筑波の道」概念。常陸国岩瀬の磯部稲村神社。神官磯部祐行の桜児物語。磯部郷は鹿島神宮社領。奈良春日大社への鹿島からの分祀興福寺。観世座の庇護。世阿弥への良基からの連歌の流れと磯部から鹿島を経て奈良への流れ。そして世阿弥から茶道の櫻川釜をめぐる千家への物語も面白く拝聴する。

井上章一ヤマトタケルの日本史 女になった英雄たち』(中央公論新社)読む。この書籍は佐伯順子先生の書評(共同通信茨城新聞)で知り得た。

f:id:fookpaktsuen:20240609201023j:image

源義経が美少年とされるがじつは短躯出っ歯だつたといふのは小学生のときの学研の日本の歴史ナントカだとかに面可笑しく書かれてゐたしヤマトタケル熊襲襲撃で女装して敵を誑かしたといふ物語も常識レベル。だから佐伯先生が、この井上『ヤマトタケルの』が「義経を美少年に造形したのは室町文芸の男色趣味であると指摘した」とか書かれても「そんなことはけして目新しい発想ではない」と思へるだらう。昭和末の雑誌『月光』だとか、こんな話は毎号いくらでも出てゐた。凛々しい英雄が女装することで更にエロティシズムが増幅されるのだから。義経ヤマトタケルに限らず八岐大蛇退治の素戔嗚だつて山岸涼子日出処の天子』の聖徳太子だつて皆、凛々しく美しくフェミニンにされるのである。たゞ強い、たゞ権力の中枢にある男に何も面白味もない。歌舞伎だつて蘇我入鹿とか全然魅力もなくて仁木弾正は妖術つかひだから魅力があつて白浪五人男の弁天小僧だつて八犬伝犬塚志乃だつて女装だから「マウントされる」。この『ヤマトタケルの』では義経ヤマトタケルの女装には飽き足らず楊貴妃につき〈長恨歌〉にある蓬莱宮が熱田神宮だとか「白楽天と住吉神」だとか、そんな面白可笑しい「たられば」の紹介が盛り澤山。大岡昇平『俘虜記』にある捕虜の兵隊の演芸会の女装だとか吉川英治『新・平家物語』だとかも俎上で面白く紹介される。この『ヤマトタケルの』でも参考文献に南方熊楠保田與重郎角川源義があつて、和歌森太郎なんてアタシも小学生のときに和歌森が監修のマンガ日本の歴史とか「面白ければ良いのだ」の姿勢が一寸怪しいと思つたものだつたが、この参考文献を更に見てみれば『江戸の少年』の氏家幹人や、書評でこの『ヤマトタケルの』にそれなりの評価してゐる佐伯順子『「女装と男装」の文化史』などもあつて、更に三橋順子先生の女装文化論まで。だからけして何かこれまでにない分析だとかあるとは残念ながら思へなかつたのだけれど。ヤマトタケルといへば梅原猛の新歌舞伎もあるが著者は国際日本文化研究センター所長であつて当然のやうに梅原色に染まつてゐることは驚かぬ。面白いと思つたのは(淺学で未知であつたが)新羅花郎について。花郎とは「軍を鼓舞する美少年たち」で「みな十代半ばの男子で貴族の師弟から選ばれ当時の朝鮮の軍制はこの花郎をもつ軍団群だつたのださう。ところでタイ語ファラン(ฝรั่ง)は所謂白人系の外国人のことなのだが曼谷だとかパタヤでタイの少年たちを愛する白人たちの蔑称も「ファラン」なのである。いずれにせよまことに国際日本文化研究センターの系譜にある「歴史書」であつた。

ヤマトタケルの日本史 女になった英雄たち

松永正訓『開業医の正体』中公新書ラクレ

辰年五月初二。気温摂氏17.0/25.2度。晴。関東では北の浜街道で少し気温の低い水府はやつと紫陽花も見頃に。五月末に東京建築祭で東都に咲き始めた頃の紫陽花の開花。公園も良いが市街で国道50号線沿ひの南町三丁目の街路に面した紫陽花は見事。


f:id:fookpaktsuen:20240609071026j:image

f:id:fookpaktsuen:20240609071029j:image

松永正訓『開業医の正体 患者、看護師、お金のすべて』(中公新書ラクレ)読む。開業医とはさういふものなのか、とさまざまな仕組みを知る。医師の開業をサポートする金融業界、機材リースなどのノウハウが面白い。遊ばせてゐる土地に地主に診療所まで立てさせて賃貸を提供するコンサルタントだとか産婦人科の開業に合はせ小児科医に隣接で開業促すとか。陋宅近くにかなり評判の開業医の診療所あり。濟生會の水戸病院引退した医師の開業で患者の信頼が厚い。初診のとき開業時間前に診療所に行き待合室に入ると受付の奥に見窄らしい格好の長髪の男あり。背中丸めて何だか探してゐるので診療所の現金狙ひの空き巣か?と思つたら院長先生本人。そのあと診断となつたが白衣を着るでもなく、その見窄らしいカジュアルのまゝ。だが診察も手際よく措置は何が必要かなど説明も丁寧で感心するばかり。小さなクリニックだが診察室を複数設けて発熱外来や子どもなど仕分ける看護師の手際も良い。こんな駐車場がゐるのか?と思ふほどだが納得。アタシにとつての開業医の記憶で最も古いのは水府の荒木町(泉町2丁目)にあつた千代田病院。内科と外科があつて2階には入院用の病室もあつて開業医の診療所ではなく立派な私立病院であつた。祖父が国立病院の医師であつた内科と外科の先生お二人を随分と可愛がつたやうで立地も近く謂はゞホームドクターがこちら。幼稚園のときだつたか母が入院したことがあつて家が商売をしてゐたので普段、母とのんびり遊ぶなんてこともなかつたが母が入院の時は幼稚園の帰りに(当時は一人で幼稚園から帰宅することもあつたのか)病室に寄ると母が『フランダースの犬』が白黒印刷の絵本にきれいに塗り絵して待つてゐてくれて、それを読んで聞かせてくれるのが楽しみだつた。内科のO先生の書くカルテのドイツ語。万年筆と吸取り紙。消毒のにほひ。忙しく働く看護婦さんたち。全てが懐かしい。自宅のマンションから歩いて通院するO先生の夏は開襟シャツの姿だつたが小学校の何年生のときだつたか地元の新聞で所得税高額納税者の番付を見て身近な医師お二人が並んで水戸市のかなり上位にゐて驚いた。この『開業医の正体』の著者(松永先生)もさうだらうが患者の信頼あつての開業医なのである。

開業医の正体-患者、看護師、お金のすべて (中公新書ラクレ 809)

石川九楊、筆蝕

辰年五月初一。気温摂氏15.3/25.3度。薄曇。

明後日から上野の森美術館「石川九楊大全」展 が開催される

参観は前期か後期か、いずれかとするには迷ふところ。石川九楊といふ現代の超技法の書家を知つたのは中学のときK先生の国語の授業であつた。K先生も板書は惚れ/\するほど達筆だつたが日本では古来、三筆三蹟と賞される書家がゐるが現代では誰かといへば石川九楊で、と話されて、その若手の名を知つた。土曜日だつたか学校帰りに県立図書館で実際に石川九楊の書を見たときのインパクト。あれ以来この書家の書かれたものはよく読み、眺めるやうにしてゐる。手許にあつた最近の九楊師に関するメモ書きより。

f:id:fookpaktsuen:20240606074643j:image

こんな「発言」を読んだだけで、その瞬間から自分の「書く」といふ行為がどれほどのパフォーマンスなのか、と思ふとゾク/\して書く字も自ずから違ふものになるだらう。

「書く」といふ行為あらば、そのアンチテーゼとして「消す」があり消すどころか書いたものを粉砕するシュレッダーといふ装置もある。今日これもまた偶然だが外のリモートオフィス(自称、書斎)で写真をシュレッダーにかけてもらはうとお願ひしたらシュレッダーに噛んでしまひ、それがウンともスンとも動かない。かなり深刻なコンディションなので「これはかなり外科手術必要なのでは?」と仄めかして大好きな解体作業始めたら、こんな状況。

f:id:fookpaktsuen:20240606074654j:image

もうかなり昔からの紙の破片が本来貯まらない場所にまで充満してゐる。強力な掃除機と先の細い工具で、まるで歯科医のやうに除去作業続ける。除去しても除去しても奥に紙の破片が詰まつてゐる。半時間ほどの作業になつてしまつた。よくこんな状況で何年も動いてゐたもの。こんなことになるのはシュレッダーで粉砕された紙のダストを満杯検知されても、まだ大丈夫と、これでもか、これでもかと押し潰してゐること。粉砕された紙はダストボックス内で風圧で舞つてゐるわけでダストボックス内の容量に余裕がなければ当然、本来入り込まないはずの裁断部分の隙間に溜まつてゆくのは当然。適度なダストボックスの余裕が大切なのだ。

橋本治と内田樹

辰年四月晦日芒種。気温14.1/23.3度。晴。

橋本治と内田樹筑摩書房)読む。二人とも東京大学文学部で国文学と仏文。内田樹は2つ年下で「橋本治と同時代に生きられて、よかった」と吐露するほどの治ちゃんファン。この対談も聞き手で「橋本先生」と持ち上げる。

橋本さんはどちらかというと、世の中に、いかに「善きもの」を積み増していくか、という発想をされているでしょう。僕はそうじゃなくて、いかにして自分のもたらす害毒を最小化するかを考えてきたんじゃないかと思うんです。だって、ひどい人間ですから。

と憚るほど。それだけに「橋本治というもの」に対する理解も深い。

自分じゃない人が読んでいる本も、自分が読んでいる本も、大きく「自分たちが読んでいる本」というところで結びつけられるんですよね。

なるほど橋本治といふのはさういふ人である。さうぢゃなければあんな小林秀雄論や三島由紀夫論など次々と書けないだらう。

僕は今度自分で橋本治論みたいなことをちょっと書いていて思ったけれども、結局、この人は生涯を終えた後じゃないと、ちょっと論じられないなと思った。死んだあとじゃないと「橋本治はナントカである」って、怖くて言えないですよ。

と仰つてゐるが、その橋本治が2019年に70歳で亡くなつてしまふとは。それにしても、この対談、駿河台のヒルトップホテルで2日にわたり長時間続いたものの全文なのだが、まぁ本当にでれでれと思ひつきの続く雑談で二人のファンでも、あまりの面白くなさに飽きるかもしれない。だがこの二人だからこそ、さういふ粉飾や演出のない雑談も記録されることは大切か。ときどきとても面白いコメントも散見される。例へば、1983年に上梓の『男の編み物、橋本治の手トリ足トリ』河出書房新社について。「これ一冊読めば明日からあなたもなんとか力がつきます」といふ文芸書のやうな実用書のやうな境を曖昧にした書籍ばかりになつてゐる状況にあつて……

観念的な理屈じゃなくて「この棒をこう動かして、この糸をこうすくって、次にこっちがわの糸をこういうふうにやれば、一つ目ができます」みたいな、志賀直哉の写生文のような、決まりきったこと、明確に存在するものを、きちんと言葉で表現するという写生文の訓練なんて、どこでもできないじゃないですか。セーターの目を棒で拾うということで写生文の練習をしようと思っていたんです。じつは。

いかにも橋本治らしいコメントだとファンはこの一言を読むだけで、この本を一冊読んで「あー、良かった」と思つてしまふだらう。そんなことの小出しが小説だつたりイラストだつたりセーター編みだつたりする。それだけ何か続けたら巨匠になる器なのだ。それが多岐にわたりすぎて、どれも「達した」といふゴールではないまゝ他界してしまつた。だから橋本治とは何か?といふことは永遠に「わからない」の連続かもしれないのだけれど「わかつてしまつたら」橋本治なんて「なんだ、もつと面白いのかと思つた」と残念に思へてしまふかもしれないから永遠に「わからない」まゝで良いのかもしれない。

橋本治と内田樹 (ちくま文庫)

今日郵送で届いた丸善『學鐙』2023年夏号に偶然のタイミングで内田樹先生「私の原点」といふ随筆の掲載あり。大学を出て就職もせず大学院にも落ちて翻訳や家庭教師をしながらの遊民生活のころ。

自分のどこが悪いのかはわかっていた。妙に弁が立ち、筆が達者なので、ぺらぺらとまわりを煙に巻き、詭弁を弄し、巧い具合に立ち回ってきたのがよくなかったのである。「愚直に」なにごとかにまじめに取り組むということをしてこなかった。受験勉強なんかいくら真面目にやっても「愚直に」という副詞にはなじまない(あれは「バカみたいに」やるものだ)。私は生まれてから一度も「愚直に」生きたことがなかった。そう感じた。何かまっすぐ新しいことをするべきだ。それは「師に就いて学ぶ」ことだと思った。

そして自由が丘で偶然通りがゝりの道場で覗き見してたら誘はれて合気道に入門。生涯の師と仰ぐことになる多田宏師との遭遇。これを読むと感じることは内田樹先生が橋本治に惚れ込んだものは「何だかわからない」のだけれどジャンルは多岐にわたるが魅力の一つ大きな核は橋本治の「愚直さ」だつたのかもしれない。

股旅堂古書目録第28号

辰年四月廿八日。気温摂氏15.1/23.6度。晴。北東の風強し(最大13.2m)。暑くも寒くもなく連日、何だか眠い日が続いて何もする気にならない。むしろこんな日が続いたら、と願ふほどの倦怠感。

或るアフリカ出身の知人が自動車ナンバーを見て「みやぎ?」と漢字(宮城)を読んでみせてくれた。「イバ-ラキ以外も少し漢字のナンバーが読める」といふ。立派なもの。ほめるだけぢゃシャクなので余計なお世話で「正確にはイバ-ラキぢゃなくてイバラ-キである」と音節シラブルを教へてあげた。さらについでに「茨城の意味は知ってる?」と尋ねると当然「わからない」ので“wild rose castle”(野荊棘の城)のことで、それが奈良時代に書かれた“Wind and Soil Record of Hitachi”に書かれてゐると説明。風土記は通じないから“Wind and Soil Record”でいいのだ。余計にわからないだらう。フォークロアや神話とも違ふ。風土なんて和辻哲郎だつてタイトルは“Fudo”なのだから。

古書店 股旅堂 の古書目録第28号届く。A5判で全304頁に総掲載点数4799点。今号にはオマケで『日本古書通信』2023年10月号に掲載された股旅堂店主吉岡誠さんのインタビュー“性風俗資料”に特化した古書目録」も転載あり。店主はもつと年老いた方と勝手に思つてゐたのでお若いのにはあばらかべっそん。こちらのご主人も1年ほど鬱といふか精神的にダウンしてしまつて、この個性豊かな目録書店の継続が難しくなつてゐたのださう。それでも一冊一冊の本の記憶を紡ぐやうに目録となる。そしてこの目録が完成して一冊一冊の本が旅を始めようとしてゐる。早速数点の書籍を注文。他に購入希望者がゐた場合は抽選なのでこゝにご丁寧に書籍名は書けない。

天安門事件から35年。天安門事件も香港での支連会による六四追悼集会も記憶の彼方で忘却が待たれてゐる。

佐原の油茂と武雄書店

辰年四月廿七日。気温摂氏15.3/23.8度。晴のち晩に雨(2.5mm)。東京などかなり天気不安定で晴天一変して豪雨だつたやうだが水府はかなり快適な一日。この季節の陽光は他の季節にない明るさを北側の浴室や洗面所で感じることができる。


f:id:fookpaktsuen:20240603174618j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603174621j:image

昨日、佐原でお蕎麦屋(小堀屋本店)の創業が天明2年で驚いていたが胡麻油と胡麻油で作つた辣油を購入した油茂製油の創業は寛永年間で創業390年とは。


f:id:fookpaktsuen:20240603174636j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603174634j:image

同じく佐原の古書肆の武雄書店は一歩中に入つた瞬間に書架に並ぶ古書をそのまゝ列書ひしたくなるほどアタシの読書欲が合致してしまつた。かなりマズい。なるべく本の背表紙を見ないやうにレジの方に進むなかでぎり/\持つて歩けるだけの古書を入手。別冊太陽の『歌舞伎図鑑』は1992年の発行でもう30年以上前。平成4年といふのは勘三郎松緑は他界してゐるが羽左衛門梅幸仁左衛門歌右衛門らが現役で吉右衛門團十郎勘九郎幸四郎玉三郎らがまだ中堅。この書籍の舞台写真を見てゐるだけでもまことに楽しいもの。『乱歩の時代』のエログロ、ナンセンスは図版にしても今ならちょっと掲載が躊躇はれるやうなもの少なからず好事家にはたまらないだらう。

f:id:fookpaktsuen:20240603174644j:image

潮来と佐原

辰年四月廿六日。気温摂氏15.7/21.4度。関東地方もかなりの降雨量(東京45.5mm)だつたが出かけた潮来から佐原は全く雨が降らず。


f:id:fookpaktsuen:20240603121333j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603121336j:image

潮来は菖蒲祭りの真っ最中。まだ五分咲きなのださう。それでも道路渋滞で会場が混雑といふわけでもなかつたが午前11時から「嫁入り船」の催しあり、そのときにはもつと混雑するのだらう。家人と最近はどこでもまず鉄道駅に向かひ「エキタグ」集め。


f:id:fookpaktsuen:20240603115828j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603115825j:image

潮来の市街にある古刹長勝寺臨済宗妙心寺派)参拝。本堂の茅葺まことに見事。


f:id:fookpaktsuen:20240603115844j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603115841j:image

銅鐘は国の重要文化財指定。住宅地の狭い道路を「二丁目」の山車の曳き回しに出会す。潮来は夏の祇園祭禮が著名だが本日は何だかの五十周年でこの二丁目の山車も出てゐると仕切り役がご近所の住民に話してゐた。ネットで見ると五丁目?の源囃子連中上演五十周年記念といふ文字あり。


f:id:fookpaktsuen:20240603115906j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603115909j:image

潮来から利根川を渡り佐原へ。こちらも「小江戸」ブームで川越の強烈な印象ありかなりの人出かと思つたが大したことはない。それでも昼前に腹拵へしておくのが肝心。


f:id:fookpaktsuen:20240603115925j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603115928j:image

創業天明二年(1781)ださうな蕎麦屋小堀屋本店。創業当時からあるのださう黒昆布を使つた黒切りの蕎麦をいたゞく。更科のかはり蕎麦の一つだが微妙な風味あり美味。古書肆武雄書店に寄る。


f:id:fookpaktsuen:20240603121358j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603121400j:image

佐原駅でエキタグのスタンプと通常の鉄道スタンプをゲット。ちょうど鹿島線から乗り入れの成田線列車が来て堀割りを渡るところのショット。油商の油茂(ゆも)で胡麻油とラー油贖ふ。佐原はもう夏祭りに向け各地区で山車の準備。山車会館に近い本宿でも町内の男衆が集まり山車に載せる巨大な鯉の飾り物づくりに余念なし。佐原からの帰路に道の駅(水の郷さはら)に寄つたら前回の鯉の飾り物が展示されてゐて間近で拝見。

f:id:fookpaktsuen:20240603120002j:image

この水辺は利根川下流にいつの時代か人工なのだらうか入江のやうな場所で風光明媚。

f:id:fookpaktsuen:20240603120004j:image

帰路、国道51号線で水府に戻る途中、旧旭村のUeda Base Campに寄る。かなりの雨であつたが店内は東南アジア出身多くかなりの盛況なのだつた。


f:id:fookpaktsuen:20240603120024j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603120022j:image

本日の競馬は安田記念。今季は我ながら不憫に思へるほどの不調でG1でまともに勝てたのは天皇賞のみ。自信喪失。香港馬◎ロマンティックウォーリアー(マクドナルド)が昨年秋のCox Plate(豪)から香港カップ、金盃、QEIICupとG1を4連勝中。日本馬ではルーラーシップ産駒の◯ソウルラッシュ(モレイラ)が人気だが太刀打ちできない感あり◎から4番人気の△ナミュール武豊)とG1ではルメールは外せないと6番人気の▲パラレルヴィジョンに流す。結果◎が圧倒的強さで△の追撃かはしての勝利。

Extraordinary Romantic Warrior wins Yasuda Kinen – The Hong Kong Jockey Club

それにしても豪州から香港、日本とG1を5連勝とは(獲得賞金27億円相当)。

▲はさすがに13着と外したが◎の単勝、△との馬連とワイド的中。不調だつた今季どうにかトントンから黒字に。さてこのあと最後の宝塚記念はどうなることかしら。

f:id:fookpaktsuen:20240603120036j:image

晩は佐原で買ひ求めた正上のあさりめしいたゞく。これはまことに美味しい。


f:id:fookpaktsuen:20240603212945j:image

f:id:fookpaktsuen:20240603212947j:image